タグ:観る・聴く ( 32 ) タグの人気記事

『がらくた』という名の宝箱

先月、伯母の葬儀に参列した際、弟その④が渡してくれたDVD。
昨日まで観れなかった。
朝からスキーに出掛けたし、閉じ籠り日和だったのでライブを独占。
これはWOWOWで放映された、 桑田佳祐と「がらくた」~ソロ30年目の衝動~ を録画したもの。
「ほら」と渡され、「これ観たかったんだよ。」
c0024861_11265987.jpg
昨年の8月のロックジャパンフェスから始まり、う~ん、観たいと思っていたブルーノートTOKYOのライブまでも。

ブルーノートでは、発売当初テレビから流れたプロモーションビデオを聴き、胸が締め付けられるような、泣きそうになった『東京』も歌っていて、うるうる。
c0024861_11422138.jpg

人間の『業』が込められていると思うこの曲は、桑田さんの才能のすごさ、音楽土壌の奥深さを改めて思い知らされた大好きな曲。

私の場合、ライブ映像は独占に限る。
だ~れもいないから、飛んだり跳ねたり手拍子足拍子、時には静かに聴いたりして、その場にいるように楽しむから、その姿は見せられない・・・orz
いい時間を過ごし、『がらくた』という名の宝箱を大切にするね。
どうもありがとう。

桑田さんが楽曲に込めた思いや、頭に浮かんだことを書いた波乗文庫『がらくた本』が、アルバム『がらくた』の初回特典として付いていたという。
その中の『若い広場』の一節が載っていた。

   アタシのアイディンティティって、
   ポップス歌手だし、
   人気があってナンボのもの。
   たぶんね。
   どんなに「しゃっちょこばって」も、
   この道理・事実は覆せない。

   ところでいまだに「アーティスト」だとか
   「アーチストさん」だとかいう呼び方が
   アタシは腑に落ちない。
   日本人の歌い手やバンド風情なんかに、
   何だかその肩書きって恥ずかしくないか?
   「ガイジンかぶれ」は
   このアタシもおびただしいほどだけど
   とりあえず”歌手”じゃあいかんのかねぇ??


カタカナ表記はそのまま、原文は縦書きになってました。
これを読んだら、私の桑田さん愛はさらに。

***********************************************************************

はりねずみ
by koro49 | 2018-02-02 11:41 | 音楽

寒中お見舞い

昨夜届いた、一度食べてみたかったどら焼き。
今日のお昼にいただいた。
皮がフワフワ、あっさり餡も好み。
一個が大きいから、小分けして。
『松風』という黒砂糖生地のお菓子も、素朴で好きな味。
c0024861_159155.jpg
数えたら20字足らずの文字が並ぶカードでも、嬉しいもので何度も読み返した。
どうもありがとう。
c0024861_15123039.jpg
どら焼きは、皆大好き。

***********************************************************************

ターシャ・チューダー 静かな水の物語
by koro49 | 2018-01-28 15:57 | 好きなもの

非常食その②

先日の黒豆おこわが美味しかったので、茹で大豆のおこわを炊いた。
今日は糯粟入りで、上に青味か柚子が欲しかった。
糯粟はやはりいい仕事する。
これは昼の家人の分で、私は俵型一個で残りは先日のように冷凍。
c0024861_1350582.jpg
五目豆も作った。
時間をかけた常備菜が一品あると、手抜き献立も自分で許す。
全て手作りは時々疲れるし、たまにお惣菜を買ってアレンジすることもあり、それで良しのお年頃。
c0024861_13533869.jpg
昨夜見たDVDは『パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊』

前4作品は全く観てない。
こういうのは、やはり映画館がいいな。
明日返却日だから、テクテクショッピングの後、残り1作品で、ギアをニュートラルにする予定。

今朝の山は綺麗でも、ベランダで転ぶのが怖いから写真は撮れず。
今は全く見えてないから、山は雪。
下界は今止んでいる。
by koro49 | 2018-01-27 13:53 | 料理

冬野(ふゆの)

今日は、義父の祥月命日。
丸9年が過ぎた。
あの日のことは鮮明に記憶にあり、人生の中で一番走り回った時かも知れない(今はその体力気力無し)。
毎年毎年、あの日のその時を思って過ごす。
今日は起き出すには早い目覚めで、二度寝したら寝坊しそうで、そのままベッドで思いを巡らす。
いつもより早起きして、掃除洗濯の通常家事の後、お霊供膳を作り昨日から整えて置いた仏前に供えた。
見守り隊から帰った人も、黙って仏前で手を合せ朝食。
下ろしたお膳は食べてもらい、お下がりのお茶は私がいただき、私たちなりの供養を終えた。

いつもは何かお菓子を焼いたりしても、ちょっとエネルギー不足だったので、義母の好きなどら焼きとデコポンを供え、さっき一個和菓子を作って供えた。
あんぽ柿、チーズ、煮豆が好きだと思い、それを白餡で包み、ちょっとだけ雪の下の景色が見えるようにした。
なんちゃって菓銘は『冬野』
雪の下に息づく植物と、篩った抹茶は待ちわびる春の息吹のつもり。
c0024861_1202232.jpg
お膳用の汁にけの汁を作りたくても、昨秋山のキノコを漬けれなかった。
某国産のサモダシ、アミタケは売られていてもね。。。
と、今年はけの汁もどき、けんちん汁もどきの汁にした。
二つ合わせたような汁で、トラ豆と花豆をどっさり入れた。
まあ、滋味深い味だから自分で良しとした。
c0024861_124879.jpg
昨日見たDVDは
『ラスト・プリンセスー大韓帝国最後の皇女』
まさに、時代の荒波に翻弄された皇女の話し。
ストーリーを膨らませるため、一部フィクションはあったとしても、最後に流れた数枚の写真、中でもようやく帰国出来た時の表情が切なかった。


戦争、傀儡政権など、今又忍び寄っているのだろうか?
「止めてくれ~!!!」
by koro49 | 2018-01-23 11:57 | 和菓子

フライパンで焼くちぎりパン

昨年、痛く辛い思いの歯科通院時に、待合室の雑誌で見つけたレシピ。
フライパンで焼けるのがいいなとメモ。
我が家の内径24センチ程のフライパンでは、ちょっと小さかった。
そのままでも美味しいちぎりパン。
c0024861_1432231.jpg
二次発酵開始と焼き上がり。
c0024861_14332151.jpg
私は普通に一次発酵を済ませてからフライパンで二次発酵させたけど、裏技が書いてあった。

◎ 捏ねたら大さじ1の水を入れ、オーブンシートを敷く。
◎ 4つに分割した生地を綴じ目を下にして並べ蓋をする。
  とろ火(極弱火)で1分加熱。火を止め1.5倍に膨らむまで放置(一次発酵)
◎ 一次発酵の生地を台に取り、4つ重ね、上から手のひらで押しガス抜き。生地を16等分する。
◎ フライパンとシートの水気を拭き取り、生地をとじ目と上にし並べ蓋をする。
  とろ火で1分加熱し、火を止める。1.5倍に膨らむまでそのまま15分程(二次発酵)
◎ 蓋をしたままとろ火で8~10分焼き、大皿にシートごとずらして取り出す。
  フライパンを上からかぶせ、上下を返し、生地を戻し入れ、シートを外し、蓋をして7~8分焼く。

以上ですが、急ぐ時はそれもありかな?

フライパンの直経20センチの分量  直径26センチの分量
 強力粉 220g           330g
 砂糖 30g             45g
 塩 小さじ二分の一         小さじ四分の三
 牛乳 130g            195g
 イースト菌 6g           9g
 バター 20g            30g

次にフライパンで焼く時は、20センチの分量で焼く予定。
もしくは、我が家の大きめなすき焼き鍋でも良さそう。
ふんわりしっとり、アレンジ色々出来そうな生地。

***********************************************************************

今日の山
by koro49 | 2018-01-22 14:39 | パン

ハイジ アルプスの物語

10日の日曜、息子家族と別れた後、ホテルでシャワー。
その後、上京前にチェックし、観たいと思った映画に。

『ハイジ アルプスの物語』

土曜の開始時間と間違え、少しだけ見逃したけど(多分5分くらい)、席に座った途端目の前のアルプスの自然、動植物、登場人物に引き込まれ、ス~ッと疲れが取れる感じながら見ていた。
ラムちゃんのことを心配している息子家族のことを思い、この映画を見せたいと思った。
c0024861_1356466.jpg
c0024861_1481612.jpg

心が洗われ、翌日もう一度見ようと思ったほど。
外に出たら涼しい風と虫の声が心地よく、ベンチに腰掛け一休さんタイム。
普段なら寝ている9時を過ぎていたけど、こんなに静かに過ごせる場所があったんだ。



明るい時間に見たかった花壇の花は、ペンタスとコスモスと他にもあったかも?!
c0024861_14125427.jpg


***********************************************************************

日常の向こう
by koro49 | 2017-09-15 14:02 | 保存食

プレイバックあの日

たしか、お姉ちゃんだったと思う。
「これ、お父さんからのお土産」と手渡された。

開けたらこの日のライブDVDとCD。


発売されたのは知ってて、観たい、聴きたいと思っても、本は図書館と決めた身としては我慢の子だった。
嬉しかった。
今日も雨と曇りで外はお休みし、家人は鯵釣りに出掛けたので、夕方から視聴。
一気にあの日にプレイバック。
c0024861_210211.jpg
OPENINGから『愛ある世界』と続き、今日は『青春ミラー』まで。
流石にボリュームを上げての視聴は、夜は無理。
『世界を止めて』のイントロが始まった時、隣のアラフォー女性が「えっ?もう??」と呟いたこと、息子に好きな曲を訊かれ挙げてた『未来のカタチ』では、「来たよ!」の感じで、ツンツン突かれた事などが甦り、独り占めライブを堪能。
あの辺りだったな?と探しても、人物特定?には至らず・・・orz。多謝♪
たしか、先月の14日に青森でライブあったはずだけど、用事と重なり行けなかったのがすごく残念。
紅白歌合戦、近道は朝ドラの主題歌かな??

今後一週間の当地の最高気温は23度で、19度の日が二日。
しかもお日さまマーク無しの梅雨のような気候。
今日も時々ファンヒーター使用。
梅雨は開けたはずなのに。
by koro49 | 2017-08-10 21:30

ウェスト・サイド・ストーリー

先月の上京時、ぶら下げてもらった大きな人参は、『ウェスト・サイド・ストーリー』


私たち世代の多くを捉えているミュージカルだと思うし、耳に馴染んだ曲も多い。
高校時代観た映画では、トニーよりベルナルド役のジョージ・チャキリスに惹かれ、マリア役のナタリー・ウッドの美しさと可憐さが心に残ってた。
プレゼントしてもらった席は、驚きの最前列。
c0024861_15453693.jpg
c0024861_15454893.jpg
c0024861_1548195.jpg
c0024861_15482971.jpg


開演前のオーケストラピット。
この後、アンコールを含めたすべての撮影禁止。
アニタ役の女性の足首には、テーピングがしてあり、それが途中剥がれかけた。
「いやぁ、ミュージカルっていいですね~♪」と。淀川さん風に。




観ながら、今も昔もあまり変わっていないのかも?と、トランプ氏の顔が頭に浮かんだり。
映画を観てから50年以上経ってから、娘にプレゼントしてもらい二人並んで観れたことも感慨深く、これも人生の宝物になった。多謝♪

上京時、かき氷とか美味しいパフェを食べたいと思った。
それが、新幹線も会場も肌寒いほど。
もちろん、冷房対策にはかさ張らない大判のスカーフを入れているけど、二枚重ねで包まって観てた。
そんな訳で、とても食べる気にはならず残念。
三泊目は、ビジネスホテルで一人。
打ち上げの夕飯一緒に食べよう、すぐそこだから・・・とメールが来ても、帰宅後ダウンしたら困るから、デパ地下弁当とコンビニで缶ビール一本買い、三分の一飲んで寝た。

***********************************************************************

朝活
by koro49 | 2017-08-02 16:02

THE COLLECTORS -30th Anniversary-

1日『人生フルーツ』を観た後、ホテルでチェックイン。
5時半開場だから、少し横になろうと思っていたら、映画中に向かっていると息子からメールが入っていた。
少し休んで着いたのは4時半頃。
初めての九段下で降り、表示を見ながら武道館へ。
そっか、ここがそうなんだ。
3時過ぎには着いた息子は、お堀近辺を散歩し、リハーサルの音も聞こえて来たらしい。
30年来のコレクターズファンにとっては、この日は特別だったらしく、そんな人たちがグッズ売り場に並ぶ列は果てしなく。
c0024861_15112314.jpg
さすがの息子も並ぶ元気は無いと、近くで一休さん。
相席の女性の二人連れは、1時間並んでTシャツを買ったらしい。
開場後、席からステージ。
残り7枚でソールドアウトと残念がってたリーダー、開演時には熱気。
c0024861_15133885.jpg
二階席でも中央寄り。
最初に30年のコレクターズの歩みのビデオが流れ、息子は「あっ、駄目だ・・・」と泣いていた。
そんな人たちが多かった様子。
一曲目はこの曲で、ほぼ総立ち、一気にコレクターズワールドへ。

私の足腰も何とか持ち堪え、座ったのは数分だったかも。
オーディエンスは、大人な感じの人が多かった気がする。
リーダーの加藤さんは今年56歳。
「じじと同じ年だ・・・。」って話し、当時の父がユニオンジャックを着たら、チンドン屋だって思ったり。

その加藤さんが語ったお母さん。
「今日腰が痛いって来れなかったんだけどね、ひさしも後4年で定年の年だから、しっかりしなさい・・・と言われた。」などと笑わせ、
「紅白歌合戦ね、最年長初出場は誰かなってwikiで調べたら『孫』の大泉逸郎さんが58歳だったの。」
その後は言わなくても皆分かる、拍手と歓声。
会場に来れなかったお母さんのためにも、是非紅白出場を応援したい。

送ってもらった息子のベストセレクションに、ほとんどの曲が入ってて、聴いてなかったのは2,3曲。
初コレクターズに満足して、小雨の中駅前でバイバイ。
「恐山に行く時思い出すよ。ありがとう!」とメールしておいた。

***********************************************************************

天下鯛へい
by koro49 | 2017-03-07 15:15 | 音楽

映画三本

今回は空き時間に映画を観たいと思っていたので、ホテルに荷物を預けた後、初めての東中野へ。

ポレポレ東中野に辿りついたら、嬉しい事に沢田としきさんの絵に出会えた。


この左にも描かれていたけど、残念ながら横に熟年のカップルが立っていたので全体は撮れず。
c0024861_15362458.jpg
着いたのは昼頃。
映画は1時からで、先にチケットを買って予約番号をもらって良かった。
上映10分前から10人刻みで番号が呼ばれ、着席出来る仕組み。
私は65番だったから、何とかいい席に。
人気の映画で立ち見(通路に小さな座布団を敷いてたみたい)でギッシリ。

『人生フルーツ』


この二人の笑顔が全てを物語っていた。
c0024861_15451827.jpg
翌日は生憎の雨空。
出掛ける気にもならず、映画日和とした。

品川が近いと聞き、まず楽しそうな 『La La Land』

ラスト、二人別々にお互いの道を歩もうと、無言のアイコンタクトでの別れの確認。
歌、踊り、音楽、楽しく切ないラブストーリー。

遅い昼食後、その日一回だけの上映だった是非観たかった映画は、『沈黙ーサイレンス』

先日かれこれ50年来の課題だった本を読み、上りの新幹線の中でもう一度読みたかったけど、疲れで眠ってしまった。
ロドリゴ達や信徒への迫害のたびに神へ問いかけるも、『沈黙』を通す神。
映画では解かりやすく答えが出されていた。
ここまでまとめ、表現までの道のりを思った。

もう一本観たいのがあったけど、夜はゆっくりゴロンしたくて7時前にホテルに。
三本ともシルバー割引、雨降りでハンカチを頭に帰った日。
そう言えば、前夜のコレクターズの時も終わったら雨で、駅までハンカチで雨をしのいでた。
ビジネスホテルの小さなバスタブに朝晩ゆっくり浸かり、ベッドにゴロンして勝手気まま時間を満喫。

***********************************************************************

久しぶり
by koro49 | 2017-03-05 16:12