タグ:観る・聴く ( 45 ) タグの人気記事

大文字草

昨日は午後アリさんの働きをした。
もみ殻を頂いたので、一度には無理なアリさんだからほんの一部に漉き込み、切り詰め、草取りなど。
一週間以上も東側を見てなかったら、ピンクの大文字草が綺麗に咲いていた。
鉢植えを地植えにしたもの。
花の無くなる時期に、ひっそりと咲いてくれるのは嬉しい。
c0024861_1121966.jpg
グリーンはこれから。
c0024861_1133142.jpg
濃い秋色の赤の大文字草は、ちょっと元気ない。
終わったら場所替えかな?
c0024861_1143746.jpg
c0024861_115636.jpg
昨日切ったダリアとクジャクソウは、
玄関でジジババ暮らしを彩ってくれている。
もう一つ、小さなジョーロにバラを入れ
それは外仕事中も見ようとそのまま。
寒いから朝露をまとったバラ
今日もそのまま外仕事のお供。


***********************************************************************

チューリップ・フィーバー肖像画に秘めた愛
by koro49 | 2018-10-15 11:08

日日是好日

今朝の山。
昨日よりは、ちょっと色の変化が伝えれるかな?
先日、タイヤ交換をしている人のニュースが伝えられ、未だ早いでしょ?と思っても、山地を走行する人にとっては早めにこしたことはない。
そんな季節。
c0024861_9543066.jpg
 『日日是好日』は、絶対観たいと思っていた。

調べたら公開は13日となっていて日時が合わず諦めたら、先行上映があるとチケットを予約してくれ、場所を教えてもらい観れた。
c0024861_1014910.jpg
静かに流れる時と、季節の移ろい。
初めての稽古での戸惑いから二十数年の時を経た主人公。
当然そこに一人の女性の人生の歩みがあり、その傍らにいつも茶室と茶道の先生がいた。
黒木華さんは大好きな女優さん。
そして樹木希林さんの茶道の先生の所作と点前。
経験なかったとのことだが、全てを掌握し自分のものにし、丸みを帯びた美しさを感じた。
過日、NHKで樹木さんのドキュメンタリーが放映され、この映画の撮影シーンも一部見れた。
「あっ、この辺りは苦しかったんだろうな・・・」と思うシーン。
ご自分の命の限りを知るからこその、セリフとは違う『言霊』。
この先、こんな演技には出会えないかも知れないな。

文庫本を買って読み、いつかもう一度観たい。

***********************************************************************

鰯のニギリ
by koro49 | 2018-10-13 10:00

玉置浩二CONCERT TOUR2018~60'CARNATION~

今回の上京のメインは、

『玉置浩二CONCERT TOUR2018~60'CARNATION~』

一度は聴きたいと思っていた玉置さんのバラード。
無理だろうと思ったチケット、6日の4時半開演の人見記念講堂でのチケットを取ってくれ、娘と二人で行けた。
c0024861_128791.jpg
やはり声がすごく、今が心身絶好調なのでしょう。
昨年だったかな?盛岡でのオーケストラとのライブがあり、安いホテルも見つけたけど止めた。
何故行かなかったんだろうと、youtubeで聴いては後悔は募るばかり。
娘から二枚取れたとショートメールがあった時は、嬉しくて笑顔。

一部と二部の間に15分の休憩時間。
一部はバラードが多く、その中で歌った『純情』が今の私に響いた。


  いつだって会いたいよ
  かあちゃんに会いたい
  リュウマチで手が痛むかい?
  やせてないかい?
  はらへった ぺこぺこさ
  あたたかいメシをくれ
  胸に抱かれゆらゆら眠るまで
  オレを見ていて
  大バカもので なんのとりえも なくても
  おまえが宝物
  その言葉だけ 投げ出さず いた・・・・・・・・・・・・・・


詞は須藤晃さんで、曲はもちろん玉置さん。
この曲は初めて聴き、聴きながら現代の『ヨイトマケの唄』だと思った。
タイトルも知らずにいたら、開演前に買ったCD二枚組に入っていた。
大好きな『田園』も聴けたし、人生のメモリアルライブになった。

「またコンサートのチケット取っておくして長生きしせ」とショートメール。
「ありがとう」・・・でも巣鴨で『ぽっくり』お願いして来たよと返信。

今日が一番若く、今は自由の身の贅沢。
自分で出来る範囲の精神的な楽しみを積み重ねながら、生きて行く。

***********************************************************************

More
by koro49 | 2018-10-11 12:12

皇帝ペンギン*ただいま*

今朝の山は曇り空に浮かび、それでも色の変化は紅葉が進んでいることを教えてくれた。
久しぶりの小さな庭で仏壇用の花を切り、お土産を供えて「チ~ン♪」
最近の普段は、仏前ではなく仏壇の中に小さな花瓶に花を入れるようにしている。
片手で持ち運びが出来るし、私の理想は一輪挿しに野の花一輪。
今朝はピンクと紫のクジャクソウと、小さく咲いていたピンクと白の二色混じりのダリア。

菊はこれからでも、他の花はそろそろ終盤。
ダリアは寒さに向けて頑張っている。
c0024861_151814.jpg
シクラメンの子どもは、葉っぱが元気に出て来た。
c0024861_15183733.jpg
c0024861_1519583.jpg
そしてこのシクラメンの特徴は
花が終わると、茎をクルクル巻き(左に見える)
そして地面に刺して次世代の準備をすること。
でもここに芽を出したのは、親と離れているから
種が移動して芽を出したんだと思う。
命の引き継ぎ方は一つではないみたい。


昨日の朝、ワンコインモーニングを済ませて観た映画は

皇帝ペンギン*ただいま*

謎の多い皇帝ペンギンの生涯、厳しい環境下での子育て。
それらが美しい映像と共に、感動的に描かれていた。
メスが卵を生み、その卵をオスは二ヵ月間飲まず食わずで温め続ける。
-40度の気温、産み落とされた卵は温めないと20秒で死んでしまう。
必死に協力し合い雄の足元に引き寄せ、直接氷が当たらないよう包み込む。
「ガンバレガンバレ」と心の中でエールを送り、親子どちらにも襲い掛かる危険にも「負けるな!!」
夫婦の出会い、別れ、子離れ、子どもの自立への歩みは、厳しくも美しい。
お疲れモードの心身が回復し、力が湧いてくるのを感じ、帰る日に観れたことはラッキー。

***********************************************************************

一日一作品
by koro49 | 2018-10-10 15:22

沢田研二 70YEARS LIVE OLD GUYS ROCK

昨夜、テクテク歩いて当地での沢田研二さんのライブに参戦。
自分も古稀(正確には後半年ほど)に到達するので、同じ年を生きる人から元気をもらいたかったのと、そしてあの通る声のバラードを聞きたかったのだ。
c0024861_994182.jpg
驚いたのは、バックが柴山和彦さんというギタリスト一人だけだったこと。
このスタイルでのライブの実現を、ずっと希望していたのだという。
オープニングは『カサブランカ・ダンディ』。
ジュリーはピエロの衣装で、紫色のカラー、衣装のデザインはクリムト風。
その衣装で、途中カラーを外し、次は片袖を脱いでの歌唱。
アンコールはスコットランドの伝統衣装、そう一見スカートに見えるキルト着用。

アンコールは二曲、最後はこの曲。


どの曲も歌い終わるごとに方向を変え、「ありがとう!」「サンキュー!」「ありがとうね!」と三度言い、90度に体を折り曲げ、しっかりとお辞儀をしていたのが、今の沢田さんの歌への向き合い方を伝えていた。

ピエロの衣装で、反原発、平和憲法を守る歌を、サラッと、時には熱く歌える人は、今は沢田さんしかいない。
清志郎さんがいたら、どうだったろう?
それにしても、沢田さんの声量、通る声は「パネー!」でございました。
まだまだ歌い続けて欲しい。
今の沢田さんを仙人のようという人がいるらしいけど、私にはふっくらとしたキリストに見えた。(個人の感想) 
ピエロの衣装からも、メッセージを受け取りながら。

22年前にも来ていて、その時はマダム・ゲシコと行った。
当時は仕送りの真っただ中、家人の給料は振り込まれたら右から左へ必要経費以外は全て送金。
ボーナスも授業料振り込みで、ほぼ無収入に近かった時代。
私も働きながらやり繰り算段、何とか出来ての今、朱夏の頃が懐かしくもある。
今古稀まで辿りつき、自分たちの身の処し方、旅立ち方を思う所に来て、時はビュイ~ンと流れた。

**********************************************************************

ひとりご飯
by koro49 | 2018-09-29 09:13

バロッタ

冬越しは出来ないから、秋の終わりに家に取り込む面倒はあるけど、毎年こうやって咲いてくれる母のバロッタ。
今日も秋晴れ、風が爽やか、朝陽を浴びて咲いている。
c0024861_1030652.jpg
昨日の午後活の時のコスモスは、西に傾きかけた陽を浴びて。
c0024861_10311418.jpg
増えたアキレアが今一本咲いている。
c0024861_10321366.jpg
スコップを使ったり、しゃがんで草取りしたり、膝を折れなかった時から考えたら、汗をかきながらすごい働き。
体の状態は、マイナスとプラスを繰り返しながら、いつかはほぼマイナスになって行く老いの道。
でも、マイナスとマイナスでプラスになるんだよね・・・。
それって精神面がプラス、豊かになって行く事かなって思ったり。

***********************************************************************

More
by koro49 | 2018-09-14 10:37

山椒の実

昨日、霧雨の中採った山椒の実。
二本ある山椒の木、今年は一本にほとんど実が生らなかった。
朝家事後、ポチポチ解いて、水に浸けた。
途中水を入れ替え、夕方少し煮て冷水に取り冷凍保存。
今年は二回分かな?
c0024861_1148525.jpg
採り残しがないか見に行ったついでに、咲き出した芍薬を撮った。
c0024861_1150574.jpg
小輪のカップ咲きのラ・レーヌ・ビクトリア(ようやく名前覚えた)は、一輪だけ咲いた。
冬前に土を足してやらないせいか、今年は皆元気ない。
人間だって、食べないと元気でないもんね。
c0024861_11521147.jpg
今日も寒い日。
お日さまが出たら、少し草取りする予定。

***********************************************************************

Ryuichi Sakamoto:CODA
by koro49 | 2018-06-10 11:59

井上陽水コンサート2018 ROCK PICNIC

昨夜の陽水さんの『井上陽水コンサート2018ROCK PICNIC』
盛り上がり過ぎて帰宅後脱力。
c0024861_15432072.jpg
3月だったかな?
友人から「陽水のコンサートそっちであるよ」のショートメール受信。
えっ?と、サイトを確認したら、確かに下北文化会館で6月7日とある。
すぐ文化会館に問い合わせたら、電話の向こうの職員も知らなかったみたいで、しばらく待って確認が取れた。
ただチケットの販売はしてないというので、すぐギルドに登録して申し込み。
連休辺りに届いたチケットは、前から10列目以内で席を確かめたら、真ん中から少し外れていたけど、満足満足で楽しみにしていた。
昨夜席に着こうとしたら、ど真ん中。マイクから真っ直ぐ。
「わぁ!」一緒の弟その④と、いとこと喜び、弟が買ってくれたバンダナ二枚組のベージュを、ボートネック白Tシャツ(2枚買えば一枚1000円値引きセールで大人買いした)に巻きスタンバイ。
模様の一部にトレードマークのサングラス。
c0024861_15511576.jpg
情報通によると、前日の五所川原の最初は『闇夜の国から』と聞いた。
ところが、セットリストは大幅変更されていて、最初は『アジアの純真』。
写真は撮らなかったので、16曲全てを把握していないけど、古い曲から新しい曲と大満足。
途中、15分休憩を取り、その後半の最後は『傘がない』だったと思う。
これが今までで一番、最高の『傘がない』
45年以上前の曲は、今でも十分新しく、熱唱する陽水さんに、大いなる色気を感じた。
色気って「uhun ahann」の事では決してなく、人生を歩むから出る味なんだと思ってる。
『最後のニュース』もそうだけど、今の時代への怒りも込められていたような気がしている。

『帰れない二人』の制作時の様子も話してくれた。


電気こたつに、二人ギターを持って、ワンフレーズずつ曲と詞を作っていったのだと言う。

あの日、青森でのコンサートで、この曲を歌って、一瞬詰まり、歌い直したことを思いながら聴いていた。


当地には4,5年前から来たかったと言い、最後は「又来ます!」
その時、又行けたら。
アンコールは『氷の世界』『夢の中へ』
振り返らないけど、オールスタンディングだったと思う。
出てから弟に「皆に申し訳ないけど、サングラスの下からワイさ(私に)向かって歌ってくれた気がする」(2009年の時も同じことを思っていた、ミーハー頃子なり)
「だよなあ、マイク真ん前だったものな」
息子の友人のT君夫妻とも会って「へばまだの~♪」
行くときはテクテク歩き、駐車場で青森に帰る弟たちを見送り、又テクテク歩いて帰宅。

そしておまけ。

帰途、向こうからちょっと年下に見える男女連れが歩いて来た。
女性はコンサートに行ったらしい。
男性 「陽水だば、いい声だったべ?」
女性 「いくていくて、『リバーサイドホテル』さ行ってまったじゃ・・・」
「うん、確かに歌った。。。」(頃子心の声)
その後の展開は脳内妄想ということにして、皆感動していたと思う。
陽水さんも、いつもと違う引き方で、いい笑顔が満足のライブだったことを表し、ギター担当は青森のお兄さんだった。
昨日は五所川原から3時間かけて車で来て、さすがに当地に宿泊だったと思うけど、少しでもこの地の良さを感じてもらえたかな?と曇天の本日。

***********************************************************************

朝活
by koro49 | 2018-06-08 16:14 | 音楽

クレマチス

クレマチス(モンタナだったかな?)満開近い。
昨年は白があまり咲かず、あちこち切ったら、今年はいい具合。
上にピョンピョン伸びているのは、30センチ程を挿し木したハニーサックル。
これが強くて、切っても切っても伸びて負けそう。
今年も何とかしないとね。
c0024861_15534151.jpg
好きな花、ポレモニウムの青が咲いた。白はちょっと元気がなく未だ。
他に撮ったのは、ブレて没。
c0024861_15544416.jpg
今日のお昼は、ちょっと時間がずれた。
過日頂いたホタテの稚貝は、生姜と佃煮風や、蒸し煮して冷凍して重宝している。
c0024861_15564424.jpg


***********************************************************************

ザ・スリー・ディグリーズ
by koro49 | 2018-05-29 16:03 | 音楽

モリのいる場所

『くまのパディントン展』を観た後は、デパ地下ランチで腹ごしらえ。

その後、混みそうだからのアドバイスを受け、パディントン展の前にチケットを購入した『モリのいる場所』を観た。
c0024861_1120591.jpg
さりげない労わり合いと、美しい老夫婦の姿を見た。
樹木希林さんが着ていた刺し子のブラウスを見て嬉しくなり、膝の上の刺し子のショルダーバッグの重さを感じながら。

***********************************************************************

白い花
by koro49 | 2018-05-25 11:29