タグ:自然の恵み ( 82 ) タグの人気記事

今だけの漬物

山菜採り名人(女性)から頂いたミズをありがたくも皮を剥いて持ち帰ってくれた。
茗荷の芽が硬くなって来て、そろそろ終わりというので、今だけの漬物にした。
ミズをサッと茹で、茗荷の芽は柔らかかったらそのままが美味しいけど、今回はこれもサッと湯通し。
生姜、昆布を加え塩で調味で、漬物と言っても重石はしない。
c0024861_10483593.jpg
ミズの皮むきは結構時間がかかる。
ポキポキ折りながら皮を剥いて行くが、どうしても繊維が残る。
でも、料亭でないからそれで良し。
どちらも美しい自然の色。
ミズと言ったらホヤに添えるのが今の季節のご馳走で、昨夜はそれも食卓に。
c0024861_1050390.jpg
ミズの漬物は2,3日食べたいから、今朝少し酢を足した。
それも入れたのっけ弁。
c0024861_1053097.jpg


***********************************************************************

More
by koro49 | 2019-06-12 11:04

待ってました雨

前日採って来て皮むきしたネマガリタケの飯寿司が食べたいと言うので、昨日の午後作った。
強い陽ざしは、ブラインドを下ろしても隙間から入ってた。
笹竹の子より太いから、小さいもの以外は半分にしたまな板の上のネマガリタケ(市販のものはもっと太くて長い)の皐月の色。
c0024861_10343853.jpg
c0024861_1035260.jpg

身欠きにしんと新フキと出始めた新生姜を買って来て
山椒の葉を載せた。
この後ラップして手で押して蓋をして冷蔵庫。
調味はいつも通りの酢、塩、砂糖少々。
今朝試食した人は「うん!」と頷いていた。



残った竹の子で身欠きにしんとの味噌炒め。
これは砂糖と味噌で濃い目の味付け。
秋田蕗をいただき、茹でて皮むきした後に、戻した干し椎茸、はんぺん、春雨を刻み詰め込み、昆布出汁で煮たもの。
c0024861_10394997.jpg
昨日の午後はキッチンで過ごした。

***********************************************************************

待ってました雨
by koro49 | 2019-05-21 10:41

敵わない

毎年毎年、自然の色の美しさには敵わないと思っている。
ワラビを採り、友人からもらったストーブの灰をまぶし熱湯をかけて一晩置いたものを持ち帰った。
この微妙で美しく、心地よい色には負ける。

ワラビには、ちょっと苦い思い出。
娘がお腹の中にいた時、採って来たワラビが美味しくて、朝昼晩と食べ続けた。
そしたら突然の激痛。
何?と思ったら地主だったらしい・・・orz
それ以来、食べるのは程ほどにしている。

c0024861_923207.jpg
ワラビとしどけ(モミジガサ)も入ったのっけ弁。
スルメイカの小さなのが、パック一杯398円。
茹でて皮を剥き、酒、砂糖、醤油で調味し、のっけ弁の隅っこに。
c0024861_9251560.jpg
残りのイカは、イカ寿司にして冷蔵庫の中で今夜の出番待ち。

***********************************************************************

いつまで続く?
by koro49 | 2019-05-14 09:19

山菜ちらし寿司

笹竹の子もそろそろ終わりと言うので、一度は食べたかったちらし寿司を作った。
新フキは色のいいのが売られてて、それを使ってもどうしても色褪せてしまうし、色の補いは菜花。
紅ショウガの代わりの赤蕪も重宝。
二合のうるち米と半合の餅米。
c0024861_1019948.jpg
c0024861_10212235.jpg
自然の恵みをありがたくいただいている。

***********************************************************************

五月晴れの下
by koro49 | 2019-05-13 10:19

笹竹の子飯寿司

腰を痛がりながらも笹竹の子を採り、茹でて皮むきする人。
色々食べたけど、「竹の子の寿司が食べたい」という。
毎年作り、少しづつ変化させながら木の芽を載せたいから作らないでいたが、新しい細いフキが売られていて、それと一緒に作った。
身欠きにしんを刻んで油抜きし、生姜、人参も刻み、竹の子、フキと一緒に、炊いた餅米に酢、砂糖少々、塩で調味したものと混ぜる。
全てすぐ食べれるものなので、作った日の夕飯にも食べれた。
これは3日目で、ちょっとこなれて来ている。
好みもあるけど、ちょっと酸味が出たのが好きで、塩味の補いにワサビ醤油を少しでも美味しい。
c0024861_12331954.jpg
c0024861_12332910.jpg
これから食べるのっけ弁。
山菜が続く日々。
c0024861_12352082.jpg


***********************************************************************

来客♪
by koro49 | 2019-05-09 12:41

ささやかなぜいたく

昨日の花ワサビ、刻んで塩もみ、その後サッと洗って絞って酒粕で和えた。
ツンとした辛味があり、今朝は茹でただけの笹竹の子に添えて食べたら美味しい。
今日ののっけ弁のご飯の上にも。
c0024861_9293587.jpg
c0024861_9295856.jpg
c0024861_9303987.jpg
5センチ足らずの笹竹の子の上にワサビ漬けを載せ、贅沢なご飯だなって食べた(私はパンと)。
昨日の午後まで地面に根を張っていた笹竹の子を「ポキンッ!」と手折り(私ではない)、茹でて皮を剥いただけ。
この美味しさは地元でなければ味わえない、目と舌が喜び賞味期限は1日足らず。
そんな自然の恵みをいただける私たちこそ贅沢な暮らしだと思い、都会に住む人にも食べさせたいといつも思う。
それもこれも採って来てくれる狩猟民族と呼ぶ人がいるから。
笹竹の子、茹でて売られているのもあるけど、時間が経って色が変化したり、何より高い。
家人が採れなくなって食べたいと言われたら、買って来て食べさせるとしても、新鮮さが勝負だから満足するかどうか。
山菜も色々出て来て、食卓は山菜祭り。
汚れのない自然の恵みを、ありがたく頂いている。

***********************************************************************

墓前に
by koro49 | 2019-05-02 09:37

令和スタート

午前零時、自衛艦の汽笛と花火の音で目覚め、時計を見たら零時。
令和のスタートが切られた。
1日だから、いつもの薬服薬のため早起きを気にしていたら、時々夢を見た夜。

朝食後、花ワサビを採って来たので、刻んで塩もみ。
少ししたら酒粕で和える。
ワサビの花のように、清々しく平和な令和であれ。
c0024861_1052378.jpg


***********************************************************************

More
by koro49 | 2019-05-01 10:58 | Comments(25)

晴れ

昨日から10度近くも気温が上がり、快晴。
桜は多分満開でしょう。
c0024861_11132873.jpg
朝食後は未だ風は冷たかった。
好きな花は何度も撮る。
c0024861_11142237.jpg
侘助は昨日の雨を抱えて咲いていた。
c0024861_1115356.jpg


***********************************************************************

山菜天ぷら
by koro49 | 2019-04-28 11:53

あざみのみそ汁

いつもはご飯派の家人だけのみそ汁を、今朝は私も飲んだ。
この季節の楽しみの『あざみのみそ汁』
いつもの昆布と鯵の焼き干しの水出しの出汁を使用。
豆腐と茹でたあざみを刻んだみそ汁をお椀に注いだら、干したふのりを入れる。
ゆるゆるとふのりが伸びて、柔らかくなって行く。
県内でもあざみを食べない地方もあるけど、この辺りでは春の楽しみの味。
私はお浸しに岩ノリを載せて食べるのが好きだった。
酢味噌和えにしても美味しいし、ごま油で味噌炒めも好き。
c0024861_9323313.jpg
畑仕事も始まり、ご飯の量を多め、ちょっとおやつを持たせたりしている。
c0024861_9242630.jpg


***********************************************************************

杏の花
by koro49 | 2019-04-13 09:31

今年も咲いた

草丈10センチ足らずの名前知らずの花だけど、増えもせず毎年咲いてくれる。
今年も会えた。
c0024861_1047074.jpg
ようやく咲き出したミニ水仙。
c0024861_10473275.jpg
色がうまく出なかったけど、クロモジの花は薄緑。
肉眼では確認出来なくても、撮ると花びらの薄さが分かる。
c0024861_10494160.jpg
今日はポカポカ、外仕事日和。

***********************************************************************

ありがたく頂く
by koro49 | 2019-04-12 10:58