タグ:自然の恵み ( 74 ) タグの人気記事

あざみのみそ汁

いつもはご飯派の家人だけのみそ汁を、今朝は私も飲んだ。
この季節の楽しみの『あざみのみそ汁』
いつもの昆布と鯵の焼き干しの水出しの出汁を使用。
豆腐と茹でたあざみを刻んだみそ汁をお椀に注いだら、干したふのりを入れる。
ゆるゆるとふのりが伸びて、柔らかくなって行く。
県内でもあざみを食べない地方もあるけど、この辺りでは春の楽しみの味。
私はお浸しに岩ノリを載せて食べるのが好きだった。
酢味噌和えにしても美味しいし、ごま油で味噌炒めも好き。
c0024861_9323313.jpg
畑仕事も始まり、ご飯の量を多め、ちょっとおやつを持たせたりしている。
c0024861_9242630.jpg


***********************************************************************

杏の花
by koro49 | 2019-04-13 09:31

今年も咲いた

草丈10センチ足らずの名前知らずの花だけど、増えもせず毎年咲いてくれる。
今年も会えた。
c0024861_1047074.jpg
ようやく咲き出したミニ水仙。
c0024861_10473275.jpg
色がうまく出なかったけど、クロモジの花は薄緑。
肉眼では確認出来なくても、撮ると花びらの薄さが分かる。
c0024861_10494160.jpg
今日はポカポカ、外仕事日和。

***********************************************************************

ありがたく頂く
by koro49 | 2019-04-12 10:58

雪割草

寒いけど、雪割草は咲いている。
咲き始めの雪割草はピンクと白。
これを撮った昨日の午後は、小雪が舞っていた。
c0024861_8585980.jpg
c0024861_8591427.jpg
愛らしい花。

***********************************************************************

初物
by koro49 | 2019-03-29 09:04

寒のり

故郷の岩のり、その中でも寒の時期に採ったものは、特に美味しい。
流通するほどの収獲ではないから、頂いて今年も食べれた。
「寒のり」と書いた二重の包装から取り出し、いつもの美しい海苔。
厳寒期に岩に付いたノリを手でむしり取り、刻んで簾に流して干す。
小学生の頃、学校帰りに家の軒先に干してあるのをよく見た。
時には刻んで流す様子も。
あれは和紙梳きにも似通う動作だと思ったりしている。
c0024861_10102234.jpg
冷凍保存用に切って一枚ずつ焼く。
磯の香りがプ~ンとして、少し食べたら遠い昔と変わらない味。
c0024861_10115728.jpg
お昼は焼き立てを食べさせようと、少し残した。
食べて、居ながら故郷を満喫できる。
ご馳走さまでした。
いつまでも美味しい岩のりを採れる自然でありますように。

***********************************************************************

ピンポイントに
by koro49 | 2019-03-24 10:19

日日是好日

今朝の山。
昨日よりは、ちょっと色の変化が伝えれるかな?
先日、タイヤ交換をしている人のニュースが伝えられ、未だ早いでしょ?と思っても、山地を走行する人にとっては早めにこしたことはない。
そんな季節。
c0024861_9543066.jpg
 『日日是好日』は、絶対観たいと思っていた。

調べたら公開は13日となっていて日時が合わず諦めたら、先行上映があるとチケットを予約してくれ、場所を教えてもらい観れた。
c0024861_1014910.jpg
静かに流れる時と、季節の移ろい。
初めての稽古での戸惑いから二十数年の時を経た主人公。
当然そこに一人の女性の人生の歩みがあり、その傍らにいつも茶室と茶道の先生がいた。
黒木華さんは大好きな女優さん。
そして樹木希林さんの茶道の先生の所作と点前。
経験なかったとのことだが、全てを掌握し自分のものにし、丸みを帯びた美しさを感じた。
過日、NHKで樹木さんのドキュメンタリーが放映され、この映画の撮影シーンも一部見れた。
「あっ、この辺りは苦しかったんだろうな・・・」と思うシーン。
ご自分の命の限りを知るからこその、セリフとは違う『言霊』。
この先、こんな演技には出会えないかも知れないな。

文庫本を買って読み、いつかもう一度観たい。

***********************************************************************

鰯のニギリ
by koro49 | 2018-10-13 10:00

ホヤが食べたいがため

ホヤ好きの家人は、それを美味しく食べるためミズを採りに行く。
昨日も採りに行き、帰りにはホヤも買って来た。
サッと茹で、いつも通りにホヤに添えた。
余ったミズで、今朝漬物。

ミズはクセがないから、どんな料理も出来るし、漬け物も色々。


今朝は、刻んだ昆布と塩、少しの昆布茶と新生姜。
c0024861_14551611.jpg
昨日塩抜きした煮梅用の梅、今朝から最終段階。
塩抜きした梅を引き上げ、たっぷりの水で煮る。
煮立つまで強火(これは煮立ちそうになった頃)。
煮立ったら弱火にするのは、皮が破けないようにするため。
c0024861_1456611.jpg
柔らかくなったら水を流し入れ冷ます。この時も皮が破けないようにそっと。
私はスプーンで水を導いた。
c0024861_14562572.jpg
完全に冷めたら準備して置いた糖蜜で紙ブタをして20分程煮る。(冷ました梅を糖蜜に戻し入れたところ)
(糖蜜は1キロの梅に対し、水1リットル、砂糖800gで、先に作り冷ましておく)
c0024861_14563678.jpg
1時前に完了で、寝る前に糖蜜を三分の二に煮詰め、冷ましたら梅を入れて出来上がり。
辰巳芳子さんのレシピ、雨で外が出来ないから、ゆっくり出来た。

注意点として、火加減はグラグラ禁物。梅の温度と糖蜜の温度差をなくすこと。
温度差はシワシワ梅の元。


***********************************************************************

プリムラ・カピタータ
by koro49 | 2018-07-09 14:56 | 保存食

農場視察

畑に出掛けた後、電話あり。
携帯に電話しても出ず、多分不携帯なんだろうと、急ぎの用事らしかったので向こうの家まで。
着いたら、カボチャの花を愛おしそうに見ていた・・・好々爺風。
電話してもらい、その後畑を見て行けというので、案内してもらい農場視察。
スナップエンドウの花は、スイトピーみたいで綺麗だと言ってたので見て確認。確かにね。
白い花は、故郷のえんどう豆の花。このえんどう豆が好きで、昨年種をもらい植えてもらった。
鞘を食べる豆ではないので、もっとぷっくりしてから採るようにと、 ふんぞり返らないで指示
c0024861_15421659.jpg
カボチャの受粉は午前中が勝負で、しかも雄花(左)と雌花が丁度良いタイミングで咲いてくれないと駄目らしい。
昔は○○アブ(聞いたけど名前忘れた)がやってくれたけど、今はアブもいなくなり、手助けが必要という。
なるほど合点。
今耕作している畑は、義父の時から借りている畑。
来年には一緒に作っている畑のNさんも返すとの事で、家人も止めるそう。
他の趣味もあるし、楽しみ程度にするのがいい。
お盆に墓前に供える分は買えばいいからと、トウモロコシは作らなくなって数年。
体に疲れを残してまですることはないといつも話すし、お互いバッテリーだってポンコツ化しつつある。
カモシカ対策の防御網を張り巡らし、それでも網が低くなっている所から、芽の出た豆が食べられた。(食べられたけど豆は強い。残った部分から又元気に育っていた。)
色々説明を受けながらの農場視察、自然相手の作物作りは、森羅万象にアンテナを張り巡らし、畑は小さな学校だと納得。
c0024861_15513894.jpg
小さな庭でも、草取りは毎日少しでもする方がいい。
畑だと尚更。たまには休んだらと言っても聞かない訳だ。
ご近所さんも空き家になった二件が解体され、更地には草。
家には入らなかったけど、ほとんど処分したらしい。
ご苦労さまでした。

***********************************************************************

ムギイカとフキ、ミズのちらし寿司
by koro49 | 2018-06-21 15:52

背中が熱い

朝家事の後、野菜の処理、夕飯の支度をしていたら、水遣りの時間が遅くなった。
今日は晴天で気温はそれほど上がらないのに、背中は熱い。
ピンクの匂いバラが咲き、今の庭数か所を撮った。
c0024861_11525848.jpg
昨年は咲かなかったクレマチス、今年は蕾がいっぱいで楽しみにしていたら、先日つっかえ棒をしてもらった時、枝が折れてしまい、生きたのは一輪(涙)
言えば「おめ、やれ。」って言われるからスルー。
                  「出来ませぬ!!」
雨の後開いたフリュイテは、切らずに外で咲かせて楽しみ中。
c0024861_11551242.jpg
今年が一番小さな庭で遊んでいる。
来年の事は分からないから、出来る今を楽しむ。

***********************************************************************

More
by koro49 | 2018-06-19 12:02

快晴

雲一つない青空に、山は浮かんでいる。
これは昨日の日が沈んだ後の山。
石楠花色の黄昏って、どんな色だろう?と撮った。
c0024861_5282251.jpg
今の太陽はずっと右に沈み、同じ時間でも、こんなに違う表情をみせる。
c0024861_5285788.jpg


***********************************************************************

ありがたく
by koro49 | 2018-05-26 05:37

しどけ

ここで『しどけ』という山菜は、学名モミジガサ、秋田でも『しどけ』と言うんですね。

先日、未だ早くて小さかったしどけ、昨日は食べごろを採って来てくれた。
c0024861_10344333.jpg
午後からしどけ料理。
と言っても、手間暇かける訳ではなく、出来るだけしどけの味を楽しむもの。
走り回って集めた食材、ご馳走さまでした。

上左から、しどけの味噌押し(茹でて卓上漬物器に味噌をまぶして漬けた)、右はお浸し、左下は塩振り(茹でたそのままに塩を振って食べるもの。昔茹でたままに塩を振ってもらい、立ったまま葉先から食べたのが美味しかった)、左右は粕漬(塩振りを絞って酒粕で和えた)。
小さなものは、天ぷらにして美味しかった。
塩振りを刻んで、ご飯に混ぜてしどけご飯を食べたい。
c0024861_10364251.jpg
一日あれこれフル操業してると、夕飯前にはガス欠になりふらふらになる時あり。
そんなお年頃なんだと、以前は話すこと無かった体調も、普通に話すようになった。
二人で老いの道を歩むから、お互いの体調は知っておかないと。
(もちろん、ボケ具合も・・・orz)

昨夜ちびっ子から電話で、「いつまでも元気でいて下さいだって・・・」
「ありがとう!」でも、伝言ゲーム??

***********************************************************************

雨上がり
by koro49 | 2018-05-14 10:53