タグ:下北ジオパーク ( 45 ) タグの人気記事

イルカウォッチング

今年は5月11日から今月23日までのイルカウォッチング、一度は行きたいと思っていた。
<リンク先にイルカの観測状況が載っています


昨日の3時以降運行状況を確認し、今朝の7時半再度確認予約で出発。
9時から1時間のコースに乗れた。

久しぶりの脇の沢港。青い海と青い空、背後の山から鴬の啼きごえ。
気持ちいい~♪
c0024861_13575273.jpg
c0024861_135810100.jpg
お目当てのイルカさんたちに会えたけど、コンデジの限界。
「ああ~っ!」と言ってるうちに過ぎてしまう。
ファインダーも反射して見えず、ノーファインダー状態で撮り、何とか姿が見えたのがこれ。
c0024861_13595835.jpg
c0024861_1401940.jpg
c0024861_1404427.jpg
遠くにポツンと見えるイルカさん。
c0024861_1443668.jpg
帰途の海。
青い空と海が見れてリフレッシュ。
c0024861_1455251.jpg
鯛島も一周してくれ、頭の部分に釣り人が見える。
c0024861_1465793.jpg
このイルカたちはカマイルカ。
ウォッチングのため同じ群れを30分以上観察しないこと、最低150mは離れるとの決まりがあるという。
生態は謎が多いというイルカ、ストレスを与えては次回のウォッチングに影響するのだろう。
一頭当たりのイルカが一日食べるエサは10キロ。
それだけのエサが泳いでいる豊かな海だから、イルカたちも回遊してくる。
ガイドさんの説明を忘れないよう撮らせてもらった。
5,6月は陸奥湾、津軽海峡、6,7月はオホーツク、噴火湾、そして9,10月は根室方面。
こうして図で見ると、又元気で帰って来て欲しいと願う。
c0024861_14205054.jpg
ハガキになっているイルカ遭遇証明書を家人の分と二枚もらい、一枚はちびっ子たちにこれから送る。
遭いたいというかな?
c0024861_14211730.jpg
天候に左右されるイルカウォッチング、近くだから当日の天候を確認して行くことも出来る。
豊かな自然に触れながら、又行きたい。

津軽半島の村落や、遠く八甲田、岩木山も見えた今日。
岩木山が見えると翌日の天候は崩れるらしく、明日の運航はどうだろう?
by koro49 | 2019-06-14 14:00

花曇り

曇天の今日、午後から雨の確率高し。

昨日堆肥を買いに行った帰り、斗南が丘牧場から遠くの釜臥山を撮った。


ここまでの暮らしにたどり着くまでの困難を思いながら、毎回のどかな景色に癒される。
c0024861_105440.jpg

やぎさんもまったりしていた。
昼まで帰宅したかったので、ソフトクリームはお預け。
c0024861_1055010.jpg
今朝、紫竹ガーデンのポピーが初咲き。
ジベルニーのポピーは無くなったけど、紫竹ガーデンのはこぼれ種で咲いて楽しませてくれている。
c0024861_1074028.jpg
今朝の花たち。
右上はチューリップ『テタテタ』。茎が伸びず地際に咲くタイプで、冬前の値下げコーナーで見付けた球根。
真ん中右もミニチューリップで増えている。陽射しがあるとパッと開き、切って花瓶に入れると暗くなると閉じて外側のピンクの花びらを見せる。
下右は開いた花びらの中に、蕾が入ってる殻?が乗っていた。
普通は外側に落ちたりするけど、こんな風に咲いてるのを見たのは初めて。
c0024861_10214731.jpg
数日で草も又元気。

***********************************************************************

よしっ!!
by koro49 | 2019-04-30 10:15

日本百名月

『日本百名月』というプロジェクトがあり

当地の釜臥山から見える月が県内で初めて『日本百名月』に認定されたという。

「釜臥山展望台から見えるアゲハチョウのような夜景と名月の共演が美しく、まるでチョウが輝く宝石を求めて飛ぶような幻想的なシーンが見られる」と評価されたと新聞報道にあった。

以前から晴れた日の展望台からの夜景と陸奥湾に浮かぶ月は綺麗だろうなと想像していても、未だ見たことがない。
そんな人は地元にも多くいると思うので、交通手段も含めてこれからの課題になると思う。
ちなみにこれまでの認定は37か所だという。

釜臥山の麓の小さな庭に、昨秋移植したクリスマスローズが一輪咲いた。
土を跳ね返して、ちょっと汚れていたのが残念。
c0024861_11421762.jpg
今朝のチオノドクサ。いつの間にか増える花でアキレアの中に一輪。
c0024861_1142383.jpg


***********************************************************************

More
by koro49 | 2019-04-11 11:43

頑張れ『はやぶさ2』

いつもの朝ドラを見ながらの朝食、終えてあさイチの冒頭「大きなニュースが入りました」で、又悲しい事件か抗いようもないニュースかと思ったら『はやぶさ2』が小惑星リュウグウに着陸したらしいとのニュース(地上とのやり取りに20分程?の時差あり)。
ピンポイント以上と思われる着陸、成功を祈っていた。
今後は未だ難しいこともあると思われ(理系科学音痴バアバ)、詳しい事はこの後の会見で報告されるとしても、とに角嬉しい。

最近の国内外、理不尽で、悲しく、ahoみたいな、ニュースが飛び交っている中での久々清々しいニュース。
宇宙に関しては、決して軍事目的には使う事のないよう人類が地球を守るべきと同じように、全人類が大切にして欲しい。
『はやぶさ2』の全てのミッションが成功して、無事帰還するのを祈るのみ。

遠く離れた地球の下々ののっけ弁。
昨日のおからに、青ネギ、竹輪、赤カブの甘酢漬けを刻んで入れたら美味しくなった。
夏には青紫蘇、茗荷を入れて作ると美味しいイカ寿司 (昨日のシブ5時でも登場)は、市販のもの。
c0024861_9312323.jpg
c0024861_9314355.jpg

先日スキーに行った時、以前のように混んでなくて
ハウスに一人で、持参したのっけ弁と小さなラーメンをゆっくり食べたという。
今度からそれだと、今日はコーヒーとぼんたん飴、刻みネギも入れた。
ストーブにはヤカンがシンシンしているらしい。



昨夜の『シブ5時』ここに住んでいる私も見れない景色が見れ、厳冬の厳しさが伝わっていたと思う。

冬期通路は閉鎖の尻屋灯台の9月。


冬の寒立馬。

先日一人で行くのは危ないと止めさせた屏風山ヒュッテの9月。

10年前は一人で行ったけど今は無理!!

夏の仏ケ浦。

尻屋崎灯台への道路、恐山街道は冬期間閉鎖なので、普通は見れない景色。
仏ケ浦は公共交通機関は無いし、観光船も運休。
そんな中、上の国道?を降りての取材で、見たかった冬景色が見れ、丁度真冬日が続く最中のまさかり半島の冬が伝わって良かった。

***********************************************************************

小豆を煮たら
by koro49 | 2019-02-22 09:25 | 思うこと

めぇもの食べてけさい!

昨日(1月29日付)の地元紙に挟まれていた16ページのタブロイド紙は、下北半島が満載。

イタリアンシェフの落合務さんが、過日半島を訪れ、各地の食材を使った料理を堪能し、その食材の豊富さ、美味しさに驚いていたことはニュースでも報道があった。
c0024861_10315326.jpg
見づらい写真だけど、今の下北半島の食材の豊富さが伝わるかな?
c0024861_10321362.jpg
c0024861_10323998.jpg
これらの食材を使い、

あおもり下北半島冬のグルメフェア『めぇもの食べてけさい!』

が、2月9日(土)から24日(日)まで、都内15店舗で開催されるという。
c0024861_1040735.jpg
『めぇもの食べてけさい』は、ここの言葉で「美味しいもの食べて下さい」。
同じ半島内でも故郷語は少し違って『めぇもの食べでけさまい』となる。
方言は郷土料理が各家庭で微妙に味が違うように、少し離れただけでちょっとだけ違ってくる。
複雑に温もりを伝える『ぼろ』のようなもの。

***********************************************************************

15店舗
by koro49 | 2019-02-09 23:59 | ここの言葉

薬研の紅葉

昨日の午後、テレビの紅葉情報は見ごろと伝える薬研に、ちょっと行ってみた。

真っ盛りまで後少しかな?
奥薬研の鉄橋から上流と下流。
c0024861_1042369.jpg
c0024861_1043093.jpg
渓流沿いに降りたら、もう少しいい写真が撮れそうでも、2時近くに出掛けたのと、一人は心配な昔女子なので、道路から少しだけ降りて撮った。
c0024861_1045797.jpg
同じモミジの上部と下部。
c0024861_1049186.jpg
c0024861_10492636.jpg
温泉セット持参で露天風呂に入りたくても、つるべ落としの秋の日、2時間ほどの時間では足りず、コンビニコーヒーを飲みながら一休さんして帰宅。

薬研地域は恐山と同じカルデラ地形で、噴火時期は300~260万年前だそう。
仏ヶ浦は約1500万年前に起きた海底火山の噴火による噴出物から出来て、その奇岩は海底に堆積したグリーンタフの地層が隆起し、雨水や波浪による侵食を受け出来たもの。
そんな事を知ると、人間の小ささと、瞬きほどもない人生の一瞬を思う。

***********************************************************************

More
by koro49 | 2018-10-23 10:45 | ここの景色

秋色

昨日調理中、ふと頭を上げると燃えるような夕焼けで、ガスを消し急いでベランダへ。
ズームで光が足りないと、うまく撮れない。
c0024861_11225896.jpg
秋茗荷が採れたので、保存用の甘酢漬け。
半割り、四半割りと、薄切りの二種。
一日置いたら、これも秋色に変化。
c0024861_11243078.jpg
のっけ弁も秋色?
サンマが安くて嬉しい。
三枚下ろしにして、片栗粉を付け素揚げし甘酢を絡めた。
c0024861_11253137.jpg


***********************************************************************

川内ジオサイト
by koro49 | 2018-09-09 11:34 | ここの景色

仏ヶ浦

ずっと海が見たかった。
整備では問題ないと言われたマイポンコツ軽、何かあったらその時はその時と、昨日の天気予報と船の運航状況を確認し、まさかり半島の刃の南端から少し北に位置する牛滝港に向かった。
一度、通り過ぎたことはあっても港は初めてで、案内図を頼りに到着。
観光船は、ほぼ30分ごとに出てる様子で、私は11時半の船に乗船。
10分少しで仏ヶ浦に着く。
自然の造形に圧倒され、海と空の色に癒され、胸の中の小さな棘が取れた感じ。
というか、自然の前に立つと人間の小ささと、愚かさを思い知る。
人生を歩む時も、瞬きする間。
自然から力をもらって帰宅。

この海の色、東山魁夷さんの絵みたい。
c0024861_1459149.jpg

c0024861_1459468.jpg
c0024861_1501333.jpg
c0024861_151454.jpg
地平線の向こう、右側に北海道が見えていた。
c0024861_1545914.jpg
エメラルドグリーンの海の色は、白緑色の凝灰岩(グリーンタフとも呼ばれる)が海中では青緑色に変化するため。

この海の色と、自然の造形が見たかった。



先月息子とツインズが同じ船に乗り、帰途も同じ道を通って帰ったんだとドライブ。
マイカーも何とか走ってくれ、途中下車しながらリフレッシュ。
未だ走れる自信が出来たかも。
本日、海と空の色がメインの仏ヶ浦で、続きは又。

***********************************************************************

庭便り
by koro49 | 2018-09-03 15:05 | ここの景色

未だ青い

ずっと自然の中に生きたいと思いつつ、車の調子が足枷となり、買い物位の運転。
昨日の午後、深呼吸が必要だと薬研温泉まで出掛けた。
途中コンビニでアイスコーヒーを買い、バックで出ようとしたら音がする。
が大丈夫という言葉を信じて、そのままドライブ。
私一人ならいいいけど、何かあっても携帯は圏外だから、もう人は乗せれない。
2時過ぎ出掛け、帰宅は4時半過ぎ。
2時間半ちょっとでリフレッシュ出来た。

ドングリは未だ青い。
c0024861_10523380.jpg
鉄橋を渡り、この場所で深呼吸して森林浴。
いい笹があったな。
この先を進みたくても、一人はやはり尻込みする。
c0024861_10575265.jpg
その後、いつもの河童の湯。上流に向かってと↓は下流に向かって。
c0024861_10595136.jpg
c0024861_10591128.jpg
入ったら二人連れが洋服を着て出る所。
「どちらから?」とお互い。
千葉と東京からで、夫婦二組で新幹線でやって来て、宿泊はグランドホテル二泊、レンタカーを借り、 

  尻屋崎 

  恐山


を周った後、 薬研温泉で 今日は仏ケ浦だという。

「仏ケ浦も綺麗ですよ。楽しんで下さい。」

着る人、脱ぐ人のちょっとのおしゃべり。
その後は私一人の貸し切りだった。
手足を伸ばして、空を見て、出たら先ほどの二人とご主人たち。
「又いらしてくださいね♪」と別れた。
帰りの紅葉橋。
上流の滝は少しズームで。
c0024861_119832.jpg
c0024861_1193092.jpg
どこもまだまだ青く、道端のススキの穂も赤く細い。
それでも自然の移ろいを少し感じて満足。

***********************************************************************

More
by koro49 | 2018-08-27 10:52 | ここの景色

五月晴れ

気持ち良く晴れ上がり、昨日少し採って来たゼンマイを干すついでに、小さな庭の見廻り。
『おやゆび姫』という赤いチューリップが草丈10センチ程で咲いた。
これ好きなチューリップ。
横の白い花は春の妖精たちの一種で、2センチ足らずの小さな花。
青いもこもこ咲きのムスカリと、狭いすき間でも咲く黄色の花は、しいちゃんのおばあちゃんから頂いたもの。
c0024861_1011277.jpg
昨夜は居間に干したゼンマイを、揉んで外のコンクリートの上に。
時々ひっくり返しながら揉んだら、今日一日で乾くらしい。
c0024861_1013716.jpg
狙ったしどけ(モミジガサ)は、残念ながら雪が残っていて未だ早かったらしい。
それでも一食分、昨夜初物を美味しく頂いた。

***********************************************************************

ヤギさん
by koro49 | 2018-05-07 10:22