水芭蕉の花が…

昨日、国道沿いに水芭蕉が咲いていると聞いたので午前中行ってきました。
普通、小川が流れる所とか、湿地帯に咲くのですが、ここはそんなでも無い所です。
杉林の中で、しかも昨秋伐採されたのか、切り株だけ残っています。
そんな中で咲いていました。
c0024861_16541995.jpg
すぐ横を車がビュンビュン走っています。
帰途、先日の早掛沼公園に立ち寄りました。
蕾は膨らんできていましたが、まだですね。
こぶしの花が咲き初めでした。
c0024861_16582376.jpg
ついでだからと、デイセンターでプランターの土を買って帰りました。色んな花苗が出てるけど、プランターの準備が先です。
午後からは、昨秋そのままにしておいたプランターの土を篩おうと、完全武装で外に出たら雨です!
せっかくやる気になるとこれだもんね!
 
inariwanさんの4/22の水芭蕉にTBです!

Moreおやつは…
# by koro49 | 2005-04-25 17:06 | ここの景色 | Comments(34)

暖かな陽射しです

昨日と今日はここの潮干狩りだったのですが、昨日はあいにくの寒い天気であまり穫れなかったみたいです。
今日は暖かくて青空も出ていたので、行った人はいくらか穫れたのかな?
ここの潮干狩りには、毎年県内から前日から泊り込んで行く人が多いみたいです。でも、私は未経験です。
1/28の「白鳥さ~ん!」の記事の中の白鳥が羽を休めてる芦崎湾というところが、1年に2日間だけ解放されるのです。大勢の人出で賑わいます。
そのせいか近年あまり獲れなくなったと言われますが、この時期を皆楽しみにしているみたいです。ここの潮干狩りのことを地元の人は「あさりかき」といいます。「あさりかき」が来れば春本番です。

外ではチオノドクサの青が咲いていました。でもこれピンクより元気がないのです。
c0024861_1752682.jpg
背丈も低く、同じ数の球根を植えたはずなのに、全体の量は1/3ほどです。
ピンクが女性で、青が男性だとすると、これはやはり女性のほうが強いということなんでしょうか???(#^.^#) ニョホ

More見せるだけでごめんなさい…
# by koro49 | 2005-04-24 17:19 | ここの美味しい物 | Comments(26)

今日はお出かけ…

多分パソコンの電源は入れれないかも…
夜疲れて帰った私に元気を!!!
多事他事争論!?
思ったことを何でもどうぞ!
koroをタジタジにさせるコメント大歓迎です♪

今日の画像は庭に咲いてるチオノドクサ
c0024861_0145034.jpg

# by koro49 | 2005-04-23 00:17 | Comments(26)

水源地公園!

ここは2週間前写真を撮りに行こうとしたけど、雪が深く撮影ポイントまでは行けませんでした。
今日、薬局の帰り再度チャレンジです。
すると、雪はすっかり消え、日当たりの良い場所は桜の蕾もふくらんでいました。
ここは4/6に紹介した早掛沼公園と人気を二分するの桜の名所です。
中央正面に見えるのが釜臥山、真ん中に白く見えるのは日本最古ののアーチ式ダムから流れる水です。
c0024861_17595778.jpg

日本最古のアーチ式ダム
上が通路になっていて歩いて横切ることが出来ます。
c0024861_1805541.jpg

ダムに湛えられた水
c0024861_1811267.jpg
雪解け水がどんどん流れていました。

桜、さくら、sakura、早く咲けばいいなぁ~!
# by koro49 | 2005-04-22 18:19 | ここの景色 | Comments(20)

干しわらびが残っていました…

もう少し待てば新しい蕨も出る頃になりました。
冬の間煮物や汁物に活躍した干し蕨、使い切らないとと思っていたら、ニューヨークにお住まいのkoyukiさんが、煮物を作られました。4/17日の記事です。
おばあちゃんが干した蕨だそうです。
私も作らなきゃと煮物にしました。
新しい蕨でも作る信田巻きです。
c0024861_17124625.jpg

干し椎茸、人参、糸コン、昆布、絹さやです。
出しを効かせて、薄味にしました。

NYとまさかりの二種類の干し蕨料理召し上がれ♪
koyukiさんTBしますよ~!

Moreところで…
# by koro49 | 2005-04-21 17:29 | ここの美味しい物 | Comments(42)

肉嫌い…

連れ合いなる人は肉が嫌いです。
子供がいた時は必要とするから、食卓には登場していたのですが、二人になったら週に一度食べれば良しという感じになってしまいました。
しかも、せっかく作っても「いいよ!」という始末!
なので「はい!ノルマ」とわざと目の前に差し出すのです。
魚や、大豆製品で蛋白質は摂れると言っても、肉には肉の働きがあるのです。
まして、認知症の心配もしなければいけない年頃です。
少しの肉類は必要なのです。
そんな時{「美味しかった!」が聞きたくて}のgomaさんの所に美味しそうなカツを発見!早速作りました。
豚の梅しそ巻きです。
c0024861_17365544.jpg

豚肉を二枚並べて、のり、紫蘇、練り梅(チューブのものが手軽)を載せて巻き巻きして、カツにするだけ。梅の味が丁度いい塩梅で、ソースは必要なし。
「うん、何これ?」「食べてみて」「うん、うまい」
ふん、子供には好き嫌いはダメだといったくせに!!!

これは定番になりそうです。gomaさん、ありがとう!TBします♪

Moreちょっと失敗!
# by koro49 | 2005-04-20 17:57 | ちょっと海の向う風 | Comments(47)

雪に押されていたけど…

庭の片隅で「しょうじょうばかま」が咲いていました。
c0024861_16435283.jpg

何年も前に義母からもらった株です。
本当は山のものは山で咲いたほうが幸せです。
一時、山野草がブームになって、高値で取引されたり盗掘されて、まさかり半島も貴重な山野草が少なくなっているといいます。
山野草は、山にそっとしたままで、写真を見るくらいにしたいですね。
自然の花は、蘭とは違う美しさです。

今日は暖かい陽射しです。解りますか?
# by koro49 | 2005-04-19 16:52 | 花たち | Comments(38)

記念の胡蝶蘭♪

午後から土曜に途中までだった味噌の仕込をしました。
でも、カメラを忘れて画像なしです。
なので、忘れないうちに。
玉を作っておいた豆に塩を混ぜる所からです。
玉をほぐして、塩を揉むようにして混ぜ込むのです。
9升の豆に対して3升6合の塩ですが、うち1升は豆を煮た汁に溶かしておきました。そのほか最後に封をする時に上に被せる分の塩2合を残します。
したがって豆に混ぜ込むのは2升4合です。これを混ぜ込む時は、なんか杜氏さんになった気分!
混ぜ込んだ後は樽に入れ、塩を溶かした煮汁を入れかき混ぜます。醤油を1リットル入れました。後で、酒も1升入ります。義母はこれを1日1回以上かき回すそうです。1ヵ月後に封をして、ねかせて出来上がりです。

4月1日から新しい職場に勤務になった家人に胡蝶蘭が届けられました。
変った色合いです。来年もこのように咲かせることが出来るのか心配です。
c0024861_1631042.jpg
そして、無事に仕事を終えれますように…

胡蝶蘭をupしていたinariwanさんの4/16の記事にTBです♪
# by koro49 | 2005-04-18 16:51 | 花たち | Comments(52)

プチ家出♪

c0024861_1330182.jpg

ちょっと隣街まで。
コーヒーのいい香りとピアノの調べ…
至福の一時。
たまにはね、こんな小さな事で気分転換。
女ひとりの秘密はこの程度(^O^)/
ケーキもコーヒーも雰囲気もいい喫茶店。
その名も「シュトラウス」ですよ~♪
ちょっとピンボケみたい。奥にグランドピアノがあるんだけど…
# by koro49 | 2005-04-17 13:30 | お出かけ | Comments(26)

味噌作り!

我が家の味噌は義母の手作り!
家人はその味噌じゃないと嫌がるのです。
でも、義父母も段々その作業が大変になってきました。
なので、今日は私の味噌作りデビューです。
豆は2.3日水に浸しておいてくれました。
その豆の煮るのは、外で義父の仕事です。
薪ストーブを備え付けて、大きなステンレスの長方形の入れ物で煮ます。
今回は9升の豆でした。午前中行ったのですがカメラを忘れて撮れませんでした。
豆が指で潰して柔らかくなるまで煮るので、結構時間がかかります。
今回は2時間半位でした。来客があり、一度家に帰り、煮えたとの電話で再度。

煮えた豆をざるに揚げたところです。
c0024861_1761077.jpg
右にステンレスの入れ物が少し見えます。







その豆を潰す機械
c0024861_17111131.jpg
これがなかなか重労働です。なので今年から私の役目です。



一度に沢山入れてもうまく潰せないので、義母が入れる人で、私がせっせかハンドルを回しました。そうすると豆が潰れて、左の口からモンブランのような状態でニョロニョロと出てくるのです。多分パスタの機械みたいなものでしょうね。
そうやって潰した豆を縁側に持って行き、紙の上に広げ、麹と混ぜ合わせます。
今回は9升の豆に350gの麹の袋を11個入れました。
混ぜ合わせたものをおにぎりを握る感じで球にして、休ませます。
c0024861_17212758.jpg
手前に豆を煮た汁も見えますね。これは月曜に塩と合わせる時使います。


ここまでが今日の作業でした。
この後、塩と煮汁と混ぜるのですが、塩は豆1升に対して、4合だそうです。義母は混ぜ合わせてから、一ヶ月程、毎日一回はかき混ぜて、途中、醤油を1リットルとお酒を1升混ぜ込むそうです。
最終的に仕込み終えるのは1ヶ月後、上に塩をパラッと振って、抗菌作用のある笹の葉を上にかぶせて、ビニール袋を2重にして口を閉め、丸二年ねかせて出来上がりです。
今回の味噌が食べれるのは2007年の5月以降ということになります。
味噌も昔は何処の家でも作ったものですが、今は少なくなりました。
でも、出来るだけ作って行きたいと思います。

ところで、昨日の私の恋人たちのことで色んなアドバイスを頂きました。ありがとうございます。
もう少し様子を見ようと思うので、他にもこれは、という御意見がありましたらお知らせ下さい♪
# by koro49 | 2005-04-16 17:41 | 保存食 | Comments(38)