速報!今の釜臥山

先日の展望台は頂上の次の高さにポチッと見えます。
記事は後で、ごめんなさい。2階からです。
この頃、ほんとくっきり見えます。
c0024861_1813380.jpg
19:40追記です。
我が家からは釜臥山が見えるのですが、くっきり見えるのは少ないです。
毎朝カーテンを開けるとこの山を見ます。「今日はどんな天気かな?」って。
空に映える釜臥山、母も好きでした。最後にこの家に来た時は車椅子。
食事でテーブルに付いた時は、レースのカーテンも開けて見せました。
その後、右手だけで後片付けを手伝うと「わ、茶碗洗うして(私が茶碗洗うから)」と、流し台の方に車椅子を向けたのです。
「いいよ!いいよ!」って言ってしまったけど、なんで洗わせてやらなかったんだろう?そんな普通の何でもない事を、どんなに母はやりたかったことか。
ゆっくりでもいいから、茶椀一個でもいいから洗わせてやればよかった…と、時々思い出します。
意地悪したな!残酷な事したな!母の気持ち何にも理解してなかったな!
人間として未熟な私です。
                 =今日のこの空を母に=

*一番高いところにポツンと見えるのは自衛隊のレーダー基地。この時の夜景を撮った展望台は、それから右に少し行って、ポチッと見えます。

あらら!ちょっとしんみりしたので
# by koro49 | 2005-09-12 18:14 | こころもよう | Comments(20)

嶽きみ

お昼前に「ピンポ~ン」の音と共に叔母が「嶽きみ」をもって来てくれました。
この辺りでは、とうもろこしの事を「きみ」というのです。
岩木山麓の嶽高原で獲れる嶽きみは、寒暖の差が生み出す甘みと、みずみずしさが特徴で、首都圏でも人気があり、すっかりブランド化している感があります。
叔母はそのオーナー制度に申し込んでいて、昨日いとこが自分の分を獲りに行きながら、叔母の分も獲ってきてくれたのだそうです。
早速茹でてお昼に頂きました。
c0024861_144248100.jpg
ちょっとばたついているうちに、少し茹で時間が過ぎちゃって少ししわが…
でもね、甘くて、それにみずみずしいのです。
どれ位って?…食べてるとプチュンプチュンと汁が飛ぶのです。
こんなみずみずしい「きみ」は初めて食べました。
ゲシコさん、ご馳走様でした♪

さてっと、選挙に行ってきます。
今日のまさかりは秋晴れで、これを書きながら左に目をやると、先日夜景を撮った展望台の建物までポツンと見えます。
空気が澄んできたんでしょうね!夏は見えなかったですから…
# by koro49 | 2005-09-11 14:54 | ここの美味しい物 | Comments(34)

プチ宣言♪

午前中は秋晴れで気温も上がったのですが、さっき急に雨が降り出しました。
飲み会で出掛けると言う家人、珍しく歩いて行くと言うので送り出したのはいいけど、間もなく雨。結局電話が来て送ってきました。それにしても飲み会の多い事。まあね、ノミニケーションの大切さも解りますよ…

夏の間頑張って咲いてくれたプランターの花たちも、もうそろそろあまり花を付けなくなってきました。今朝頑張って咲いてた花。名前は忘れてしまいました。この2種類は一日でしぼんでしまうのです。
儚い命…まるで私みたいとは言いません。
この他に日々草と、う~ん、又名前忘れたけど、つりがね草に似た紫の可愛い花も寄せ植えしました。ここで教わって植えたものです。
c0024861_1815196.jpg
沢山咲いたときはきれいでしたけど、こんな風に頑張って咲いているのもいいものです。

さて、プチ宣言はこちら。
c0024861_18154616.jpg
もう何年もほぽったままです。と言うのはこれを作っているうちに老眼が進んできたのです。
でも、先日あるキルト作家の方が、老眼鏡をかけながら作っているのをテレビで見て、この何年越しのものを仕上げない事には前に進めないなって思ったのです。一人でやろうと思っても挫折しそうなので、ここに宣言します。
これ、一辺が1.5センチの六角形です。この配色からみてもお判りかと思うのですが、手がけたのは春でした。秋の気配のこの時期。ダークな色彩に惹かれるのですが、でも頑張って仕上げる事にします。
出来たらupしますけど、来年の春までに出来ればいいかな…

ミルキーさん まだできてはいませんが にTBします。
# by koro49 | 2005-09-10 18:25 | 手作り | Comments(39)

♪SUPER GENERATION♪

昨日の記事の写真に載ってたCDの中の一枚が、これです。
雪村いずみさんが服部良一メロディーを歌っているのです。
私が独身時代ですから、もう30数年前のアルバムです。これはCDとして販売されていますが、当時これを買った時はこればっかり聴いていたような気がします。服部メロディーは当時既に懐メロとなっていましたが、このアルバムに際し作られたのが、「昔のあなた」という曲です。
その昔、この曲を聴いた時は、「あなた」と言うのは懐メロとしての服部メロディーに対する作者のメッセージと思ったのです。
でも、今回聴いたら私の人生で出会った人、すれ違った人、通り過ぎた人、会えなくなった人…色んな人たちの顔が浮びました。
とても素敵な曲なので忘れないようにUPします。

     =昔のあなた=     服部良一曲 山上路夫詞

  思いがけず こんなとこで 二人会うなんて
  あまり急で 何を私 言えばいいのでしょう
  若い時のあなたと 同じままの笑顔で
  立っていたの 私の前に 懐かしい人
  あの頃は この道を 二人歩いたもの
  月影は変らない まるであの日のよう
  何も言わず歩きましょう 肩を寄せ合って
  この並木が 終わるとこまで あなたと二人

           思い出すわ 若い愛に生きていた頃を
           まるで急に 遠い夜に戻ったみたいよ
           だけど今は互いに 違う人を愛して 
           別の道を そうよ 二人は歩いているの
           時は何故流れるの 二度と返らないの
           月影は変らない 今日もあの日のまま
           何も言わず歩きましょう せめてひと時を
           この並木が 終わるとこまで あなたと二人

*詞はアルバムを聴きながら書いたので、字の間違いがあったらごめんなさい。

このアルバムのバックはキャラメルママです。細野晴臣さんとか松任谷正隆さんが参加しています。世代を超えて出来たアルバムだから
♪SUPER GENERATION♪となったらしいです。
雪村さんの声も絶頂期だったような気がします。
他の収録曲は以下です。
     
     序曲(香港夜曲)
     昔のあなた
     ヘイ ヘイ ブギー
     バラのルムバ
     銀座カンカン娘
     東京ブギウギ
     胸の振子
     一杯のコーヒーから
     蘇州夜曲
     東京の屋根の下

1曲目と2曲目だけ、このアルバムのために作られたものです。
さあ、皆さんはどの服部メロディーをご存知ですか?
私はもちろん全部知ってますし歌えます♪へたくそなんですけどね(#^.^#)
曲もいいけど、詞もいいんですよね。当時の歌には力があると思います。

今日のお昼は
# by koro49 | 2005-09-09 17:09 | 音楽 | Comments(33)

♪甦った音源♪

台風一過、気温が上がって、今は暑いくらいです。
昨夜夜半から今朝にかけて、強風が吹きました。
学校も臨時休校する所が多かったのですが、何事も無かったようで良かったです。津軽のリンゴも一部に落下があったみたいですが、ひどい被害に至らなくてリンゴ農家の方はホッとされていると思います。
それにしても、台風のたびにリンゴが落下してる写真を見るのは辛いです。
他の地方でも色んな被害が出てますね。
被害に遭われた方たちの一日も早い復興をお祈りします。

さて、ほとんど毎日更新してたのに、お休みしてご心配をおかけしました。
今日から復活しますので、又宜しくお願いします。

甦ったところで復帰第一弾は、♪甦った音源♪のお話です。
以前ある方のところでレコードの話をした事がありました。
その時30年以上も前のレコードって聴けるんだろうか?という私の問いに、大丈夫だと思うよとの答えを頂き、そこから私のレコードが甦る事になったのです。送ってやったレコードをCDにしてくださったのです。
c0024861_14574165.jpg
これが届いた時、最初に聴いたのが「ダラー・ブランド」の「アフリカン・ピアノ」でした。このレコードの事は時々思い出していたのです。
でも、プレーヤーがないから聴く術もなく、仕事を辞めて少し家の中を整理した時、これも処分しようかな…と思ったのです。でも、高校時代の娘が母の生前、実家から持ってきたこのレコード達、思い出も詰まってるしと言うことで、処分を思いとどまったのです。
CDプレーヤーにセットする時はドキドキしました。
そして最初の♪タ~ンタタタタ~ン♪のメロディーを聴いた時は涙が出そうになりました。ドキドキしながら聴きました。針音もノイズも全てが愛おしく、時が詰まったこのCD達。私には何よりの宝物です。CDとして販売されているものもあるのですが、お金では買えないこの音源、どんな札束を積まれても売る気にはなりませんね♪

ジャケットもちゃんと作り直してくれ、遠い昔の音源を甦らせてくれたのは こちらの方が、「ジーパンにシンプルなTシャツ。あまり多くは喋らないけど、洒落たジョークを自然に言う方」と素敵にイメージしている この方です。
そしてそれは この時のお話から始まったのでした。
それにしても、ホントのこの方はどんな方なんでしょう?エントリーの文は素敵な二枚目。コメントやレスの文は(爆)付きの吉本興業にいるのかな?というイメージ…まあ、ジャニーズ系ではないみたいですけどね!
真実を知ってる方は鍵コメでもいいですからお知らせ下さい♪っていないか…
私の直感は年とともにボケて、当らなくなって来てるんですよね…

それにしてもこの方には心から感謝いたします!ありがとうございました!

更新
# by koro49 | 2005-09-08 15:45 | 音楽 | Comments(40)

ごめんなさい…

少しお休みします。
今日咲き出した母から貰ったバロッタです。
c0024861_17254061.jpg
夏の疲れが出たみたい。
すぐ元気回復しますから、その時まで少しだけ…
皆さんもご自愛下さいね。
# by koro49 | 2005-09-03 17:30

もういい残暑???

今日も残暑!
掃除機を持っても、少し動いても汗ばんで、濡れタオルを首に巻いて頑張っています。
エアコン付けている地域の方なら、とっくにスイッチオンですね。外に出たらモワ~ッとした暑さです。
プランターの花もぐったりしています。

そんな中、午前中出掛けたついでに紫蘇の葉を摘んできました。
家人の両親は87歳と82歳ですが畑をやってるのです。紫蘇の葉も植えてるので、我が家ではしょうゆ漬けにします。
c0024861_1750497.jpg
これは、今日漬けた物です。面倒な事は無いのですが新鮮な紫蘇の葉を使えるのが嬉しいです。
先端に出た新しい葉っぱは残して、次の2枚を摘むのです。薬はかけてないので、摘み忘れると虫に食べられてしまいます。摘んできたら何度も良く洗います。水を替えて、一枚づつ丁寧に洗ってざるに積んでいきます。そして10枚位づつ持って(茎の方)さらに洗います。その後、水気をすっかり切るように何度も振ります。
味付けはこちらの醤油と豆板醤とごま油だけです。
混ぜたものを適量作って、容器に何枚かづつ紫蘇の葉を入れたら、たれを少しづつ入れていきます。一度に紫蘇の葉を入れると、豆板醤が固まってしまうから少しづつね。
それで出来上がりです。1週間ぐらいしたら食べれますが、冷蔵庫だとずっと持ちます。
こうして次に摘んできた時は、新しい紫蘇の葉を下に入れてタレも足していきます。
私たちは去年のを食べています。この時のイカ寿司にもこの醤油漬けを使っています。
食欲の無い時、二日酔いのときはご飯がススム君です♪
そうそう、これを食べる時は茎の方から取ります。でないと取りづらいのです。
ほら、ガラスの容器が曇ってるでしょう?
それだけ暑かったのです。
残暑はもういいざんす♪

柔ちゃんになっちゃった…
# by koro49 | 2005-09-02 18:16 | Comments(44)

♪セプテンバー・ソング♪

今日から9月です。
ここ2日、早くも挫折して早起きしませんでした。
残暑だった今日は、夕方から外に出て草取り。
帽子を被ったけど、Tシャツでも汗びっしょりでした。
スズランが増殖して凄いので、掘ったのですが、根っこが深いんです。スコップで「え~んやこ~ら!」って掘りました。
我が家の庭なんて言えないですが、どの位野原化してたと思いますか?
実はここ数日涼しげな葉っぱが見えて、どんな花が咲くんだろう?って楽しみにしていたのです。
ところが今日、すすきだという事が判明!
小さな穂がチョコンと顔を出していました。
抜こうかと思ったけど、今年はこのままにしようと、葉をちょん切ってロゴ画像になりました。小さな秋です。

土をいじりながら秋の歌、何があるかな?って考えました。
最初に思い浮かべたのが「セプテンバー・ソング」、次が「九月になれば」「誰もいない海」サザンの「慕情」ロバータ・フラックの「やさしく歌って」「故郷の空」「赤とんぼ」
そして「ふるさとの」
この曲は、作曲家が二人いて、どっちが誰の歌か忘れたのですが、ふっと浮んできました。
  ふるさとの   三木露風作詞
ふるさとの小野の木立に 笛の音の うるむ月夜や
少女子は熱きこゝろに そをば聞き 涙ながしき
十年経ぬおなじ心に 君泣くや母となりても

最後の ♪ととせへぬ~おなじ心に~
        き~み~なく~や~ 母となりて~も~♪
しんみりします。
さてっと、皆さんが今聴きたい、もしくは思い浮かべる秋の歌は何でしょう?

ネバネバパワー
# by koro49 | 2005-09-01 19:53 | 音楽 | Comments(31)

夕焼けと揚羽蝶ゲット!!!

夕方夕焼けが見れそうと、急遽釜臥山に向かいました。
恐山まであと3キロという所を左折してパノラマラインへ!
展望台までは7キロの表示が。
展望台で夕焼けを…
c0024861_2022663.jpg
手前に見えるのが恐山の宇曽利湖です。
さらに何キロか登ると建物がある展望台があります。
そこで揚羽蝶が羽を広げてるようだと形容される、ここの夜景を待ちました。
c0024861_2051083.jpg
日が暮れる前の揚羽蝶↑
c0024861_2054516.jpg
私が夜景モードで撮った揚羽蝶↑
c0024861_2061247.jpg
↑丁度居合わせた方がカメラのプロみたいな方で、私がうまく撮れないことを告げると、ご自分の三脚を貸してくれて、セルフタイマーの使い方も教えてくれました。
でなかったら、このきれいな夜景は撮れませんでした。
ほんとラッキーでした。ありがとうございました!
どうですか?綺麗でしょう?
ここの夜景、函館山の夜景よりきれいと評判なんですよ。
不便なのが難点ですけど…
車で行かなゃいけないんですよね。
夜景撮影は9月中旬過ぎが空気がきれいでいいとかって、管理する人が言ってました。
そうそう、一番下の写真の上に直線に見える明かりは、漁火だそうです。
天気のいい日は、函館の明かりも見えるそうです。
デートスポットには最高でしょうね!
ここでプロポーズしたら、断わられる事はないような気がします。独身のあなた、是非どうぞ!!!
c0024861_20223793.jpg
追加です。上の写真よりもう少し前の時間で、ちょっとだけ高いところから撮ったものです。
でも、寒かった~!

     「アゲハチョウ」ここでも見れます♪
# by koro49 | 2005-08-31 20:19 | ここの景色 | Comments(38)

釜臥山の展望台

c0024861_181732100.jpg

夜景撮りたいと思って来たけど、寒くならないと綺麗に見えないらしい。
後一時間もここにいなきゃいけないなんて…今日は8時から見なきゃいけないテレビあるんだよね。
BShi見れる方はどうぞ!
ターシャ・チューダーが入りますよ♪

今の釜臥山 ↑
# by koro49 | 2005-08-31 18:17 | Comments(8)