彼岸の中日

山が青空に浮かんでいた今朝、気温も6度まで上がり穏やかな彼岸の中日。
いつも通り、お霊供膳を供え、朝食後お寺参り。
お墓はまだまだ雪の中で、本堂と位牌堂にお参り。
帰宅後、紫花豆の餡で、彼岸餅を作って供えた。
近年の春彼岸には、故郷の春彼岸のお餅を作って供えている。
初彼岸の人も、あちらで微笑む人たちも、宗教、宗派の違いは、手を合わせたらその垣根を越えると考える私は、しばらく合掌。
c0024861_11405963.jpg
以前も書いたけど、今日は父の初彼岸のことを思ってこの餅を作っていた。
初彼岸当時の母は、50歳になったばかり。
まだ若くて綺麗だった。
お寺での彼岸会に3歳を過ぎた息子を連れて行き、読経の最中に泣いてしまった母に、「ばば、ながさなの。帰ったらあめっこかってけるしてして(ばば、泣かないで。帰ったら飴買ってあげるから)」と、肩を撫でてくれたと、帰宅後9ケ月の娘をおんぶしている私に、目を赤くして話したっけ。

昨夜の献立何だったっけ?と考える事はあっても、鮮やかに甦る過去はある。

あれから40年近い歳月は、あっという間。

***********************************************************************

久々ちびっ子
# by koro49 | 2018-03-21 11:44 | 日々のこと

母の蘭

母の蘭が例年より遅く咲いた。
縁側から居間に移すのが遅かったせいもあり、もう一鉢は未だ蕾。
朝は陽射しがあっても今は雪が舞って光が足りない。
ほったらかしにしてるのに、毎年楽しませてくれる丈夫な蘭。
c0024861_1249249.jpg
c0024861_12495245.jpg
今朝、見守り隊から帰ったら、小さい人たちからの感謝状を持参。
全校生徒の写真も添えてあった。
この子供たちが大人になり、もっとその先も、元気で暮らして行ける土地でありますように。
c0024861_12541292.jpg


***********************************************************************

かなり凸凹写真ですが
# by koro49 | 2018-03-20 12:54 | 思うこと

古い上着よさようなら~♪

今朝は青空をバックにして、山が綺麗。
陽射しもあり暖かく、絣の上っ張りは脱ぎ、ベージュに大きな赤い花柄のエプロン、ついでにウールのセーターも脱ぎ、薄い春用をヒートテックの上に重ね着。
浮かんだ曲が青い山脈の♪ふ~るい上着よさようなら~♪
そんな気分で、ウールのセーターも毛玉処理して二枚手洗い。
ダウンは未だ出している。

花柄エプロンをして作った朝ごはんは、マツモの味噌貝焼きもどき。
ホタテ貝に入りきれないから、陶板焼き用使用。
焼き干し、豆腐、昨夜の残りのアイナメのから揚げ、アサリ、ニラ、ねぎをクツクツ、最後に溶き卵。
これをご飯派の食卓に載せ、私はパンをもぐもぐ。
c0024861_11564899.jpg
先日は、マツモのパスタ。
諸般の事情で、パスタは敬遠していたのが、ちょっと作ってみたら不自由ながら食べれる。
マツモには貝が合う。
c0024861_11582071.jpg
去年全く生えてないところに、いっぱいあったと採って来た。
もちろん漁業権を侵害する場所ではなく、おばあちゃんが孫に送るとカミソリで採っていたとか。
ハサミが採りやすいことを教えたそう。

生のマツモは濃い茶色っぽく、それが一瞬熱湯をくぐらせると真っ青になる。
その色は、冬を頑張って越えた人への贈り物にも思える。
自然の恵みをありがたく頂ける幸せ。
# by koro49 | 2018-03-19 12:02

彼岸の入り

彼岸の入りの今日、仏前にお菓子はあるのでトラ豆を煮た。
花豆もいいけど、この形は可愛らしい。
c0024861_1710449.jpg
最近、不自由ながらパンを食べれるので、美味しいジャムをと、クリスティーヌ・フェルベールさんのリンゴジャムを私なりに。c0024861_17114554.jpg


刻んだリンゴに、レモン、オレンジの搾り汁、皮の擂りおろし、砂糖をまぶす。
八角、シナモン、カルダモンを入れ、グツグツ灰汁を取りながら。
今回は、柑橘の実もほぐして結構入れた。
三個のリンゴに砂糖は350g。




糖度が高いから、形もしっかり照りもある。
これ、ケーキにも使えるし、鍋に残ったジャムを紅茶に入れたら美味しかった。
明日のトーストが楽しみ。
c0024861_17161759.jpg
買い物で仏前の花を買って取り替え、お餅は中日に作って供える。

少し前まで、西日が左頬にまっすぐ当たり、ポカポカを通り越した。
暑さ寒さも彼岸まで、光りと暖かさが、こんなにも気持ちを前向きにしてくれる。
これからの外仕事が楽しみ。
# by koro49 | 2018-03-18 17:21 | ジャム

愛でる

二週間程前拾って来た桜の枝。
硬い蕾が毎日の霧吹きで綺麗に咲き、食卓に。
c0024861_10375260.jpg
一枝を切り詰め、器を替え撮った。
器の水が揺れる、光も揺れる。
ほんの少しで表情を変える桜を愛でた。
c0024861_10402050.jpg
南の方から桜便り。
当地は来月下旬辺り。
毎年桜に会いたい気持ちが募るのは、来年の桜に会えるかどうかと思うからだと思う。
人生の『朱夏』の頃は、咲いても横目で眺めて走りまわっていた。
愛でる時間もなく過ごしていた時を経て、今は『白秋』を過ぎ『玄冬』に入った。
自分のために使える時間を、何より大切にしたい。

***********************************************************************

朝茶
# by koro49 | 2018-03-17 10:53

リベンジ角食パン

c0024861_11224745.jpg
先日久々に焼いた角食パンは、居眠りして過発酵で失敗。
今朝のパンが無かったから、昨日焼いた。
380gの国産小麦粉『春よ恋』で、細長いのと中くらいの角食パンが焼けた。
レシピより、時間を延ばしたけど、もう少し焼き色が欲しかった。
一人で食べるには飽きるから、小分け冷凍。


今朝の私のご飯。
c0024861_1126432.jpg
ゆっくり時間をかけて食べる事は、今辿り着いた贅沢。
だから、毎食美味しく食べたいし、頂いた生食パンが美味しかったから、ちょっと研究したい。

***********************************************************************

おめでとう♪
# by koro49 | 2018-03-16 11:34 | パン

百万本のバラよりも

今朝カーテンを開けたら、スノードロップが咲いていた。
スノードロップは、私の好きな花の中でもベスト5に入る。
厳寒期を雪の下で耐えて出番を待ち、春一番に咲いて喜びをくれる。
今日の花は、昨秋球根を買って植えた物。
一番先に土が顔出す、ちびっ子たちのエサ場の近く。
c0024861_12123647.jpg
未だ草丈も伸びずに、ようやく咲いている。
c0024861_12135110.jpg
草丈を伸ばしながら咲くので、しばらく楽しめる。

昨年は23日に咲いていたもう一箇所は、未だ雪の中。

ちびっ子たちが冬の間に食べたヒマワリの種の殻が散らばっている。
c0024861_12163312.jpg
今朝のスノードロップは、私にとっては百万本のバラより嬉しかった。

***********************************************************************

朝茶
# by koro49 | 2018-03-15 12:29 | 思うこと

午前中、免許証の写真を撮り、出来上がりにちとショック・・・orz
せめてもの抗いに白のセーターを着て出掛けたのに、あらら、5年前の写真と比べるべくもなく。
引力ってすごいな。。。
スキーに出掛けて昼は適当に食べると言ったので、私も写真のショックから立ち直るべく海を見に行った。

今日は時々青空の穏やかな天気。
道路はもちろん雪はなく快適ドライブで、東通村岩屋海岸まで。
海辺で深呼吸し、潮の香りを吸い込んで元気満タン。
c0024861_16444121.jpg
海岸に下りる時はダウン着用。
c0024861_1645662.jpg
岩にフノリが付いていた(茶色いの)。
岩に付いたふのりは、漁業権のある人しか採れないらしく、手を伸ばせば採れそうでも残念。
遠い昔は、みそ汁の具に採ったり、頂いたりしたもの。
もちろん、商品として流通してなかったこともあると思うけど、その辺が子どもたちが自然に親しむ機会の減少に繋がっていなければいいと思う。
c0024861_16471971.jpg
1時過ぎたので、途中の食堂に寄って、味噌貝焼き定食を食べた。


向こうにマツモとフノリ、手前に鮭、ホタテ、タコ、ネギ、豆腐、クツクツ煮えて来たら、卵でとじお好みの煮え方で食べる。
小鉢はヤリイカと真鱈の子の醤油漬けを和えた物。
みそ汁は鮭の氷頭が入っていた。
味噌貝焼きは、この辺りでホタテの貝殻にイワシの焼き干し、海草、魚介類、ねぎ等を入れて卵とじ、『みそかやぎ』と呼ぶ郷土料理のひとつ。
これを作るために、どこの家でも大きめのホタテの貝殻はある。
c0024861_1712574.jpg
c0024861_1715080.jpg


眼前の津軽海峡を見ながらの、たまにのひとりご飯。
これで1280円。
味噌は自家製だと思う。

海は好きだな。泳げなくても。
# by koro49 | 2018-03-14 17:07 | ここの景色

サンドイッチランチ

生食が美味しい食パンを頂いたので、私のお昼はサンドイッチ。
c0024861_13455175.jpg
パンだけだと好まない人にはマツモ入りうどんと、サンドイッチ。
私はうどんの汁の残りにネギたっぷりスープと、相互乗り入れランチ??
c0024861_13473913.jpg
昨日の朝のサンドイッチには、ご飯派のおかずはいつものこと。
これに、シシャモ二匹。
食べる事が一番大切としみじみ思う。
行儀悪くても、家では食べれるようにして食べ、体力維持に努める。
c0024861_13485088.jpg
c0024861_13493293.jpg


ヨーグルトはたいていプレーン。
リンゴのすりおろしと、最近はブドウジュースと一緒の時もある。

サンマモルワイナリーのブドウジュースは美味しく、炭酸割りにすることもある。

ワイン、飲めたらいいけどね。



午前中出掛けたら、風が冷たくダウンを着ても手袋が欲しいくらいだった。
今は陽ざしで、天気予報のお日さまマークが嬉しい。
季節はちゃんと廻って来る。
# by koro49 | 2018-03-13 13:54

嵯峨野花譜

初めて読んだ葉室麟さんの小説。
嵯峨野大覚寺花務職の少年僧胤舜の物語で、抱えた出生の秘密、父母との交差する思い、嵯峨野の風景、活ける花々、京の寺々など、う~んと感じ入り脱力状態。
家人が借りた本を手にしたら読みたくなり、さっき読了で今日の返却期限に間に合い返本してもらった。
葉室さんの年末の訃報に驚き、私より二つ年下だった。
c0024861_16342960.jpg
読んでいたら、こんな景色の甘味を食べたくなった。
何の飾りもない、紫花豆の餡を丸めて歪にしたものに、しんびき粉をまぶしたもの。
家人には丸くしたものにしたけど、この本にはこちらがお似合い。
美味しかった。
c0024861_16465780.jpg
さて、西日が射したら、ホコリが目につく。
本は少しお休み。
# by koro49 | 2018-03-12 16:40 |