カテゴリ:洋菓子( 213 )

柑橘色々

「ピンポ~ン♪」で届いた柑橘色々。
形も大きさも色も色々、元気な柑橘。
色々入ってるけど、それぞれの名前は・・・きっと産地の人でないと言い当てれない。
楽しみに頂きます。
c0024861_119236.jpg
スノードロップは少し背丈を伸ばしている。
蕾も膨らみ、後少しで咲いてくれるはず。
c0024861_11115075.jpg
昨年は15日に咲いてくれ、百万本のバラをもらうより嬉しかった。

***********************************************************************

ひな祭りのパフェ
by koro49 | 2019-03-04 11:18 | 洋菓子

土が顔出し

昨日から西側の屋根雪が落ちてない場所の土が顔出した。
今日はもっと見えて、雪の下だった多年草も何か区別がつくようになって嬉しい。
c0024861_1231268.jpg
c0024861_12314228.jpg

南側の屋根雪が落ちる方は、
こんな状態。
それでも例年より雪は少な目だったかな?

土が見えると、忘れかけていたアリさんの働きを思う。
無理せず、ゆっくり楽しみたい。



***********************************************************************

ホワイトラムボール
by koro49 | 2019-02-25 12:41 | 洋菓子

文旦のピール

昨日完成の文旦のピール。
ちょっとでも美味しそうにと、午後の陽射しを待って撮った。
c0024861_9285184.jpg
水から入れて沸騰させて5分煮た後、水を換え再度沸騰してから5分煮るを計三度繰り返す。
水に浸して一晩(途中水替え一度)。
その後ザルで水切り、手で押して水分を切った後計量し、その80%の砂糖と水1カップで水分が無くなる昨日の状態まで煮て、干して完成。
皮を剥く時、白い部分多く残せば、柔らかいゼリー状も味わえるとのこと、どっちも味わいたくて、厚めと薄めにした。
最後にグラニュウ糖をまぶして出来上がり。
c0024861_9324196.jpg
美味しい一口菓子の完成。
半分チョココーティングにすることも考えつつピールだけ。
この甘さなら、ビターチョコのコーティングも作れば良かった。
ま、チョコ重ねで食べても良し。

***********************************************************************

会話しながら
by koro49 | 2019-02-17 09:46 | 洋菓子

トリュフゆず

先日のあさイチの『レジェンドキッチン』に、ジャン=ポール・エヴァンさんが出演、『トリュフゆず』を作り、レシピを公開してくれた。

チョコ好き、生チョコ好きとしては、是非作りたいと、ヴァレンタイン前日の昨日作り、一晩冷蔵庫に。
さっき完成で、ふと抹茶を下に敷いたらどうだろう?と。
凸凹してるのは柚子ピールで、午後はこれを煎茶か抹茶で一服タイムとする。 (ちょっと味見したらビターな大人味)
c0024861_11133720.jpg
残念ながらエヴァンさん指定のカカオ成分60%前後のチョコは探せず、88%と55%を混ぜて使用。
生クリームも乳成分35%は無くて43%。
柚子も無く、柚子ピールを刻んで下に敷いた。
トレーにラップを敷き出来たトリュフを流し、上からもラップで一晩。
ラップを外し、先に上にココアを振り、その後ひっくり返して裏面にも。
  (キッチン台に直置きのように見えるけど、プラスチック板(百均にあり)を敷いての作業。)
上のトレーに茶こしを通したココアを敷き、カットしたトリュフをフォーク二本使いでココアの上に載せて纏わせる。 (指だとすぐ溶ける)
c0024861_11201688.jpg
こんな風にして完成。
エヴァンさんが作っている時、「このツヤツヤが大事」と言ってたけど、今回カカオ純度の高いチョコを使用のせいか、意外に早くツヤツヤになってしまった。
そしてバターを入れたら、少し分離した感じ。
そこが難しいんだと思う。
それでもこうやってトリュフを教えてもらったので、次回はレシピ通りのチョコと生クリームを使い、柚子果汁を入れて作りたい。
生チョコは、疲れた時に一粒食べるのが好き。
売られてなくて食べたかったら、作るのが私主義。
それが美味しく出来たら「ヤッタ~♪」
柚子ピールを散らさない分は、ケーキに使ってみようと冷凍庫に。

続いた寒さ、明日はプラスの予報で、来週は少し気温が上がりそう。
by koro49 | 2019-02-14 11:24 | 洋菓子

ラムボール

ずっと食べてみたかったラムボール。
スーパー主婦のダイアリーさんは、忙しい日々の合間の寝る前に作ってる。
「へぇ、これなら作れる?」と無謀にも挑戦。
挑戦する気になったのは、パウンドケーキの残りがあったから。

小さなボールにパウンドケーキを手で潰して入れ、室温バターとラムレーズン、ラム酒、そしてコアントローは品切れだったので、あったオレンジキュラソー。
3センチ程のラムボールが5個出来て、ラップして就寝。
翌日ラムボールに竹串を刺し、湯煎したチョコにくぐらせた。
出来上がりを一個試食。
美味しい・・・でもアルコールが強めだから、運転前は駄目。
本物のラムボールは食べた事ないけど、多分こんな感じかな?
c0024861_11485923.jpg
c0024861_1150159.jpg
c0024861_11503279.jpg

使ったパウンドケーキは、極細の型の5センチ程。
普通サイズのパウンドケーキを、このために焼いてもっと作りたい。
『違いの分かるバアバのラムボール(古いですな)』って、自分で言う。
ロッテラミーチョコ好きの人なら、大好きになりそう。




ダイアリーさん、作る気にさせてくれてありがとう♪^^。
美味しい大人味のお気に入りのケーキが出来ました。


***********************************************************************

せめぎ合い
by koro49 | 2019-02-01 11:57 | 洋菓子 | Comments(30)

ジャンボトライフル便

昨日はお姉ちゃんの13歳の誕生日。
どんなケーキにしようかと思案して、トライフルを作ろうと思った。
トライフルってイギリスで生まれたデザートで、語源は残り物から作ったデザートをもじり「つまらない物」「気ままなおしゃべり」という意味らしい。

先日失敗シフォンでこのように食べたのが美味しかったので、大きなタッパーなら輸送で潰れる心配もなし。

完成したジャンボトライフル。
営業所に持ち込み、今日の6時以降の配達でお願いし、昔はなかったクール便で届けてくれる人たちには多謝。
c0024861_11162618.jpg
上段左から右、そして下段へ。
シフォンは一個半使用で三段。
イチゴジャム、カスタードと果物、クリームと果物。
ブルーベリーを載せると色が引き立つので、小さなパックを買ったら、お向かいさんから今年初の地元のブルーベリーを頂き、さっきの「ピンポ~ン♪」で又届き、ご馳走さまです。

昨日は暑くて首に濡れタオル、カーテンで遮光、ブラインドを閉めての真夏仕様の作業だった。
c0024861_11243195.jpg
頂いたブルーベリーも一緒に送り、今夜はザクッと小さなスコップで掘り起こす感じで召し上がれ。
後で思った、微糖の美味しいヨーグルトをイチゴジャムの上に載せても美味しそうだし、暑さに向かったらゼリーも楽しそう。

トライフルの意味、私は「気ままなおしゃべり」の方が好き。

***********************************************************************

More
by koro49 | 2018-07-15 11:21 | 洋菓子

桜のメレンゲ

カスタードクリームの卵白が冷蔵庫にあり、以前図書館の本で見つけた桜のメレンゲを作った。
塩漬けの桜を塩抜き、その後ペーパータオルに載せ600wのレンジで1分。
カラカラになるまでその後様子をみながら一分ずつ乾燥するまで延長。
ふんわり花びらを重ね、皿の上でカサカサいい音。
花びらを手で粉々にほぐし「わ~ぁ、綺麗だ。。。」
これ、料理とか他のお菓子にも使えそう。
c0024861_15362032.jpg
焼き上がりは皿の上でカラカラ音を立てる。
桜が足りずに、ドライ苺もトッピング。
美味しい季節限定のメレンゲが焼けた。
c0024861_15385947.jpg

材料 
 卵白2個 粉砂糖120g 桜花塩漬け5粒 
作り方
 ①粉砂糖は2回ふるう。
 ②冷たい卵白をミキサー高速で泡立て、角が立ち始めたら粉砂糖半量を4回に分け加える。
 ③硬くツノが立ったら、残り半分の粉砂糖は一気に加えるか、様子をみて数回に分け練るようによく混ぜる。
 混ぜすぎると泡が潰れるので要注意。
 ④絞り袋に入れ絞り出す。
  本はグニュグニュ絞って5~6センチの大きさだったけど、私は一口サイズが好みなのでこれで。
 ⑤オーブン100度で2時間乾燥焼き、途中1時間過ぎたら様子見で食べてみる。中が柔らか目ならもう少し。オーブンに入れたままで冷めたら取り出す。

昨日は朝一、今日も二時から歯科。
ちょっと不自由な状態だったけど、『奇跡の人』たちを読んだら、何てことない。
自分で食べれるように、自分で作って食べればいいだけのこと。
本日、桜色のハートなり。

***********************************************************************

雪割草
by koro49 | 2018-03-29 15:55 | 洋菓子

福寿草

昼過ぎ買い物から帰ったら、東側に福寿草が一輪咲いていた。
ご近所さんより少し遅い。
株分けしたのが悪かったのか、一輪だけ。
他の場所のはどうだろう。
c0024861_16211145.jpg
一輪でも、パッと開いた福寿草から元気をもらう。

***********************************************************************

シュークリーム
by koro49 | 2018-03-25 16:22 | 洋菓子

ホワイト塩キャラメル

連日のキャラメル作りのようだけど、これも昨日作ったら柔らかめで、午前中再度火を通したホワイト塩キャラメル。
今度はちょっと固めで、包丁で切るのに、押さえる左肩が痛い・・・orz
カットして包装。
c0024861_13595422.jpg
c0024861_1401793.jpg


こんな色で、器の上でカラカラいい音。
端っこは、私のエネルギー源。

材料:有塩バター 35g、コンデンスミルク 60g、水飴 150g



***********************************************************************

縁側
by koro49 | 2018-02-26 14:07 | 洋菓子

キャラメル物語

クリスマスもあっという間にやって来る。
コースターを早めに送らないと、使わないうちに仕舞うことになってしまうという訳で、昨日はクリスマス便用のキャラメル作り。
前回ビターな感じで焦がしを効かせたら、ちょっと効き過ぎだったみたい。

昨日は、王道の生キャラメルにした。

バター、砂糖、生クリームだけの材料、出来上がりを縁側の寒い所に置き、さっき指先を冷やしながら寒い部屋で包んだ。
c0024861_13185776.jpg
義父の体調が低下し食欲も低下した時、生キャラメルなら口で溶かせると思い、検索して一番シンプルなレシピで作った。
気に入ってくれ何度か作ったけど、最後に作った生キャラメルを持参した時は、飲み込む力は低下、咽る心配もあり、食べさせることが出来なかった。
義父は、私が握った手のひらに、生キャラメルがあるのを知ってたみたいで、「それ・・・」と言う感じで見た。
あの時、むせて苦しい思いをさせてしまう事の恐れから、口に入れることを躊躇ったことを時々思う。
これが、自分の親だったら、どうだろう?と。
むせてもどうでも、食べたそうな様子を知ったら、小さく切って口に入れてやったかも知れない。

父母に『義』の文字が付くと、やはり遠慮が顔を出す。
預かってる大切な父母であり、たとえその数日後の旅立ちであっても、嫁の責任逃れの行為だったのか。
ガーゼにハチミツを含ませて吸った力は強かったから、大丈夫だったかも等々、人生を歩んでいると思うこと多々。
c0024861_13345831.jpg

包んで冷蔵庫に。
小さな袋は、端っこの私用。
これは師走のガス欠時のエネルギーチャージに。

ただ今雨で、今日は8度まで気温が上がり、雪はガタンと減った。
明日は真冬日。
夕飯の支度の前に、キッチンタイム。
by koro49 | 2017-12-11 13:42 | 洋菓子