カテゴリ:和菓子( 170 )

ひすい餡のおはぎ

餅米だと頂いたのは、道明寺粉?と思われた。
道明寺粉は、餅米を蒸してカラカラに干したもので、粒の粗さで、全粒、2ツ割れ、3ツ割れ、4ツ割れ、5ツ割れと分けられ、頂いたのは餅米そのままだから全粒なんだと思う。
私が桜餅に使うのは5ツ割れの中粒がほとんど。
これをどうして使ったらいいか、取りあえず1合だけ水を控え目にして炊いてみた。
炊き上がり、おはぎに使えると思いひすい餡で包んだ。
餡の左は故郷の種のえんどう豆餡で、右はスナップエンドウの餡。
色は左が綺麗。
実はこの餡を作る時、ひと手間が面倒で濾さなかった。
その皮が意外に硬い・・・と反省ザル。
c0024861_11361178.jpg
c0024861_11373082.jpg

これ、あられにも使える?
五平餅って食べた事ないけど、どんな味なんだろう?
あれに使えるかな?
と、色々遊ぶ事を考え中。


何度も書いているけど、朝ご飯が一番美味しい。
今朝もチーズトースト、のっけ弁の玉子焼きの端っこ、カボチャ、茄子と茗荷のみそ汁、プレーンヨーグルトにメロンとバナナ、ご飯派の残したメザシはパス、それにコーヒー。
食べる前にあれこれ済ませ空腹で食卓に着くし、食べるから動ける。
のっけ弁を作るのも、ここに載せるのも、元気に暮らしていることを子供たちに伝えたいのが理由の一つ。
c0024861_11452637.jpg


***********************************************************************

オリズルラン
by koro49 | 2018-08-20 11:29 | 和菓子

やっぱり好き

今日はTOKYOと同じ気温らしく、快晴。
朝活時、太陽の光が小さな庭に届きだすと撮ってしまう。
やはりこの光加減が好き。
c0024861_11133698.jpg
斜めからの光のシャワー。
c0024861_11141330.jpg
地際で露草一輪。
c0024861_1114553.jpg
7時過ぎの陽射しを背中に浴びると熱い。

***********************************************************************

琥珀羹
by koro49 | 2018-07-30 11:23 | 和菓子

暑中お見舞い申し上げます

沖縄より暑い日が続く地方にお住まいの方たち、暑中お見舞い申し上げます。
昨日の家内制手工業は、えんどう豆を練り込んだ生地の翡翠笹餅作り。
暑くてブラインドを閉めて撮ったら、涼し気に撮れたので、暑中お見舞いの代わりに。
c0024861_12373195.jpg
閉じる前の餅も涼し気。
c0024861_1238971.jpg
えんどう豆、育ててくれたから餡を作れた。
先日は文明の利器で「ウィ~ン!」と作った餡、土井善晴さんの作り方を見つけ、ちょっとひと手間かけてみた。
茹でる時塩少々と重曹少々入れ、茹で上がりをザルに取ったら、晒しで包みすりこ木で叩いたり転がしたり。
出来上がり食べて、皮が舌に当たると思ったけど、バターを塗ったパンに載せたら味わいが違って美味しい。
あんぱんも美味しいだろうと、いつかの課題。
c0024861_12413227.jpg
今朝のプレーンヨーグルトにほうじ茶で作った琥珀羹とえんどう豆餡、きな粉で美味しい。
c0024861_12513646.jpg
琥珀羹、えんどう豆餡、白玉の上に細雪のようなかき氷を降らせて食べたい。
アイスを添え黒蜜で・・・って、脳内妄想の室温30度。

***********************************************************************

庭便り
by koro49 | 2018-07-26 12:49 | 和菓子

夏衣

昨日の本と一緒に借りたのは『電子レンジで簡単 ひんやり夏菓子』
雨粒を表したようだった表紙のお菓子もそうだけど、この右の金魚さんを見て、食べたい!作りたい!!
アガーはあっても、白餡も白花豆も無くて今回はパス。
c0024861_10475530.jpg
作ったのは『夏衣』。
アガーと砂糖を混ぜ、水を注ぎ、水に浸して置いた道明寺粉を一緒に1分ずつ加熱、取り出してはかき混ぜるを繰り返し、泡が立ち始めたらレンジを止め、よく溶かし、14×20×2センチのバットに流す。
先日冷凍したえんどう豆の餡を使用。
目も舌も喜ぶ凉菓に出会った。
c0024861_10523141.jpg
反省点として、中の餡をもう少し楕円に細くしたら、衣が合わさってより引き立つ。次回の課題。

(アガー液)アガー10g、砂糖40g、水100cc
道明寺粉2gは小さじ2の水でふやかし、アガー液に混ぜる。
アガー液は和風味で作り、料理に使ったら、ゼラチンとは違う食感を楽しめそう。

***********************************************************************

朝活
by koro49 | 2018-07-23 11:13 | 和菓子

こどもの日

雨が上がって、今は陽ざし。
風は冷たくても、青空も顔を出し、今日はこどもの日。
窓辺に桃太郎さん、金太郎さんを並べ、世界中の未来ある子供たちの幸せを祈りながら。
c0024861_1183183.jpg
ちびっ子たちは今日お出かけで、荷物は受け取れないとのことで、今朝ケーキにイチゴを載せて発送。
c0024861_1192672.jpg
真ん中が凹んでいる型、硬めの生クリームを塗り小さなイチゴを並べた。カスタードクリームと二段にしたら良さそうで、その時は中央部分を盛り上げたらいい景色になりそうと、次回の課題。
笹竹の子を添えたご飯と。
c0024861_111492.jpg
お姉ちゃんは、友だちと遊ぶ方を選んだらしく、中学生だもんね。
元気に大きくな~れ!!

***********************************************************************

笹餅デビュー
by koro49 | 2018-05-05 11:12 | 和菓子

えくぼ饅頭のつもり

お向かいさんから頂いたネバリスターという長芋は、みっしり引き締まった肉質、粘りは普通の長芋の倍以上ある感じ。
調べたら長芋と山芋(イチョウイモ)の掛け合わせとの事で、ふと薯蕷饅頭を作ってみたいと思った。
上用粉というのがなくて、うるち米だけの餅粉を使用。
ネバリスターを擂り、すり鉢で更に擂って砂糖を入れると、持ち上がるように粘った。
左は断面、真っ白で引き締まっている。
c0024861_14565698.jpg
レシピを見つけて作ってみたものの、生地が思うように伸びないのは、粉の粒子の粗さなのか。
従って、うまく丸くならず、それでも見切り発車。
ごまかしに食紅でエクボを付けて、えくぼ饅頭のつもり。
c0024861_1504257.jpg
山からお腹ペコペコで帰宅の家人は美味しいと言ってたけど、私はもう少しふんわり柔らかくしたかった。
餡はこれでお終いなので、ネバリスターがあるうちに『かるかん』も作ってみたい。

***********************************************************************

雪割草
by koro49 | 2018-04-09 14:57 | 和菓子

桜餅

ひな祭りも近づき本番に備え、桜餅の復習。
道明寺粉に火を通し、蒸らしている間に餡を丸める。
年に一度だから、今日は「あれっ?」と思ったけど、一個作ったら感覚を取り戻した。
曇り、ホワイトアウト、雪降りと、変わる天気。
少しの陽射しの間に試食を兼ねた一服タイム。
c0024861_1602723.jpg
こんなひと時で元気回復。

***********************************************************************

おめでとう!!!
by koro49 | 2018-02-18 16:34 | 和菓子

春色和菓子

今日は気温が7度にも上がり、陽射しがありポカポカ。
南側の屋根から落ちた雪が盛り上がっていたのを、均してくれた。
明日から又下り坂で、月、火は真冬日の予報。
ポカポカだったから、私は小さなおひな様たちを出して飾った。
少し春が近づいた感じ。

おひな様も出したし、昨日のチラシに載っていた、春色和菓子が美味しそうで作った。
菱餅をイメージ、白、緑、、赤の三色で、この春色がいい。
5センチ程の小さな二人に代表でお供え。
c0024861_15551146.jpg
独身最後の京都旅行で見つけたもので、食卓で眺めながらお茶タイムと過去旅。
c0024861_15575342.jpg
春色の和風お菓子(4個分)

 苺 2個 、抹茶プリン 一個
 皮 白玉粉 大さじ4、薄力粉 大さじ3、水 大さじ6

① 苺はヘタを取り洗って水を切り、縦半分にカット。
② 皮の材料をボウルに入れ、ダマが残らないようにスプーンでよく混ぜる。
③ コーティングされたフライパンを弱火で温め、皮の生地1/4(一枚分)を入れ幅5センチ、長さ14センチ程に伸ばす。1~2分で火が通るので、焦がさないように注意。裏返して同様に、焼けたら片栗粉を振った更に広げて冷ましておく。
④ 広げた皮の上に抹茶プリン1/4とイチゴを載せ完成。

※私は抹茶プリンが無かったので、ずんだ餡を冷凍庫から出し、一個は金柑の甘露煮を包んでみました。
春色で気持ちが前向きになる簡単和菓子、皮は極弱火で一枚ずつ焼く。

***********************************************************************

昨夜、平昌オリンピックの開会式を全部観た。
選手がにこやかに手を振りながら入場しているのを見ながら、どっかで感動とは違う感慨が沸いていた。
スポーツと平和の祭典の裏側の駆け引き。
本来のオリンピック精神とは、乖離してしまった近年の祭典。
せめて選手の皆さんは、メダルよりも、ベストのパフォーマンスが出来ますように。
結果、メダルが取れたら拍手。
どこの国がメダル何個って報道、もう聞きたくない。

昼のニュースで、この国の借金は過去最高を記録と報道していた。(分かり切ってることだけど
この借金の負いは、今の政権中枢、官僚ではなく、これから長く生きる人たちに重くのしかかる。
それでも赤字国債を発行し続けて行くのでしょう。どうするの??

ばあさまは、心の筋トレに励むことにする。



 
by koro49 | 2018-02-10 16:15 | 和菓子

豆豆ぼた餅

食事の支度は嫌いでなくても、日に三度が続くと億劫な時もある。
炒飯、麺類、丼物、そう言えば諸般の事情でパスタとご無沙汰。
時々甘味を昼ご飯代わりにすることあり。
お汁粉も食べたくなったけど、昨日作った大豆ペーストがあるから牡丹餅を作ることにして、昨夜もち米を洗って就寝。
私はこれをおはぎと呼んでいるけど、本来同じもので季節により牡丹餅、おはぎとなるとか。
朝食後、雪質は最高だろうと家人は山にスキーに出掛けたので、一合の餅米に糯粟も入れて炊き、ずんだ餡と大豆ペースト餡で作った。
大豆ペーストは、ほんのりきな粉の香りもして、粗糖を使ったけど、黒砂糖も良さそう。
c0024861_11383710.jpg
小さく丸め、10個出来、二個は仏前に供えチ~ン♪
これに後は、昨日の常備菜の残りと呉汁と漬物。

先日から又胃の調子悪く、食後痛むから荒れてるんだなと、胃粘膜修復剤配合の市販薬服用。
食べる事、生活習慣には気を付けていても、生身の人間だから、あちこちの衰えからくるんだと思う。
今病院受診の気力無しなので、痛みは弱まっているから薬で様子見。

その痛み、豆を煮てる匂いで、一時す~っと消えた。
私が豆好きのせい?
体が拒否しないなら、出来る範囲で食べれる物を食べる。

***********************************************************************

今日の山
by koro49 | 2018-02-07 11:44 | 和菓子

冬野(ふゆの)

今日は、義父の祥月命日。
丸9年が過ぎた。
あの日のことは鮮明に記憶にあり、人生の中で一番走り回った時かも知れない(今はその体力気力無し)。
毎年毎年、あの日のその時を思って過ごす。
今日は起き出すには早い目覚めで、二度寝したら寝坊しそうで、そのままベッドで思いを巡らす。
いつもより早起きして、掃除洗濯の通常家事の後、お霊供膳を作り昨日から整えて置いた仏前に供えた。
見守り隊から帰った人も、黙って仏前で手を合せ朝食。
下ろしたお膳は食べてもらい、お下がりのお茶は私がいただき、私たちなりの供養を終えた。

いつもは何かお菓子を焼いたりしても、ちょっとエネルギー不足だったので、義母の好きなどら焼きとデコポンを供え、さっき一個和菓子を作って供えた。
あんぽ柿、チーズ、煮豆が好きだと思い、それを白餡で包み、ちょっとだけ雪の下の景色が見えるようにした。
なんちゃって菓銘は『冬野』
雪の下に息づく植物と、篩った抹茶は待ちわびる春の息吹のつもり。
c0024861_1202232.jpg
お膳用の汁にけの汁を作りたくても、昨秋山のキノコを漬けれなかった。
某国産のサモダシ、アミタケは売られていてもね。。。
と、今年はけの汁もどき、けんちん汁もどきの汁にした。
二つ合わせたような汁で、トラ豆と花豆をどっさり入れた。
まあ、滋味深い味だから自分で良しとした。
c0024861_124879.jpg
昨日見たDVDは
『ラスト・プリンセスー大韓帝国最後の皇女』
まさに、時代の荒波に翻弄された皇女の話し。
ストーリーを膨らませるため、一部フィクションはあったとしても、最後に流れた数枚の写真、中でもようやく帰国出来た時の表情が切なかった。


戦争、傀儡政権など、今又忍び寄っているのだろうか?
「止めてくれ~!!!」
by koro49 | 2018-01-23 11:57 | 和菓子