2016年 02月 23日 ( 1 )

甦った

箪笥の底に仕舞ってあった母の着物は、30代前半以降に着たと思う。
当時の小中の卒業式には着物に黒紋付き羽織で出席する母親が多かった。
母もこれと黒紋付き羽織で、私や弟達の卒業式に出たと思う。
この着物、今ようやく私の顔に馴染んで来たと思っても、そんなに着る機会はないので、思い切って付け帯にしてもらい昨日出来上がった。
祖母が染め替えして作ってくれたと言っていた更沙柄の着物、裏はこんな風になっていて、元の柄はどんなものだったのだろう?
c0024861_19292458.jpg
裏には紅絹を使っていたので、洗って何かにするつもり。
お太鼓を結ぶことなく、簡単に帯が結べる。
せいぜい使って、あちこちの景色を見せてやりたい。

***********************************************************************

もう一枚
by koro49 | 2016-02-23 19:31 | 好きなもの