<< 雪囲い 赤蕪 >>

薄雪

寒くなるとお茶タイムが楽しみになり、昨日は白花豆を栗餡で包んでみた。
ちょっとコーヒー気分になるかな?と、ほんの少しラム酒を混ぜ込んだ栗餡、結局お供には緑茶を選んだ。
菓銘は何と?
みじんこを雪に見たて『薄雪』
c0024861_11474619.jpg

c0024861_11484293.jpg

柔らかく煮えた花豆。
楊枝がスッと通る。
出来た『薄雪』は、ほんの一口も入れて三個。
本日ののっけ弁の甘味とした。

c0024861_11505573.jpg
今朝になったら、少しひび割れ。
本来なら、その日に消費のお菓子。
でも、このひび割れ感が、『薄雪』にお似合い。
形も、絞ったりせず、丸めたままが良し。
久々の和菓子挑戦は、楽しいひと時だった。

冷え込んだ昨夜、今日は晴れで気温は8度まで上がるらしい。
朝食後、出掛けそうな気配だったので、「釣り?」「うん」
ま、雨も雪も降ってないしね・・・。
ならばと私は補助に回り、この前から確保していた場所に、バラの移植一本をお願いした。
雪が落ちても困らないようにしてくれ一安心。
その後、ちょっとバラの囲いの準備。
明日はさらに気温が上がるので、雪囲いをお願いしておいた。
一度家に入ったら又外に出るのが億劫でも、午後から再度自分で出来る移植をする。
by koro49 | 2018-12-02 11:51 | 和菓子
<< 雪囲い 赤蕪 >>