<< 貴重な晴れ 紅玉のロールケーキ >>

お別れに

今朝は3時半起床。
早い朝食を食べてもらい、始発の列車で上京の家人を送るとき、綺麗な月が浮かんでいた。
フロントガラスが凍りつき、ガリガリ落とし暖めてからの運転。
今日は10度位まで上がるらしく、寒さに耐えたプロスパリティが一輪。
c0024861_1064883.jpg
娘の義母が旅立ち、今日の告別式に参列のための上京。
お義母さんとは、結納の際にお会いしたきり。
入退院を繰り返すこともあり、会えないままになってしまった。
先月上京時も入院中だったということは後で聞き、S君(娘の夫)から、要らない心配をかけるから言わないでと伝えられていたという。

深刻な病状であったとしても、その時は元気に歩けていたというのに、何も知らない私は呑気に過ごしていたことが残念でならない。
娘夫婦の帰省が近づいた頃、一気に弱って行き、お義父さん、娘夫婦たちが交代で付き添い、一人っ子のS君が、お母さんの手を握って見つめ合っている写真を、娘が送ってくれた。
娘のいないお義母さんだけど、少しは娘を持つ母の気分を味わってもらえただろうかと、こちらの母は思っている。
個室に移ってからは交代で泊まりこみ、最期の時、娘夫婦は間に合わずとも、お義父さんの見守る中での旅立ちだったことが救い。
67歳での旅立ち・・・お疲れさまでした。

ひと段落したら、S君の悲しみは増して行くと思う。
お義父さん共々、娘には見守って欲しい。
ショートメールに書かれた二行の文に、娘の優しさが込められ「K子、やさしいの・・・」って、家人に見せた。
午後1時からの葬儀の時間、私はこの家の仏前で焼香する。
by koro49 | 2018-11-25 10:12
<< 貴重な晴れ 紅玉のロールケーキ >>