<< 一筋を捉える 夏の煮豆 >>

やっぱり好き

今日はTOKYOと同じ気温らしく、快晴。
朝活時、太陽の光が小さな庭に届きだすと撮ってしまう。
やはりこの光加減が好き。
c0024861_11133698.jpg
斜めからの光のシャワー。
c0024861_11141330.jpg
地際で露草一輪。
c0024861_1114553.jpg
7時過ぎの陽射しを背中に浴びると熱い。

***********************************************************************



***********************************************************************

図書館から借りた本で作った琥珀羹が美味しい。

11×14×4・5センチの流し缶
(寒天液)粉寒天3g、ほうじ茶400cc(茶葉10g)、上白糖150g
◎茶葉に熱湯を注ぎ濃い目のほうじ茶を煎れ、茶こしなどで濾して400ccを準備、冷ましておく。
①ボウルに入れた冷ましたほうじ茶の中に寒天を振り入れ5分置き、レンジで3分加熱。沸騰が足りなければ1分加熱し、寒天を沸騰させよく溶かす。
②①に砂糖を入れて混ぜ、30秒加熱し取り出してよく溶かす。
③大きめのボウルに氷水を入れ寒天液の入ったボウルの底をつけて静かにまぜながら人肌になるまで冷まし、流し缶に入れて固めて完成。
c0024861_11421485.jpg
冷たく冷やしたほうじ茶と一緒に食べたら最高。
どこぞの甘味処でもヒットするかもね。
c0024861_11432562.jpg
c0024861_11442573.jpg
牛乳も注いで、美味しくない訳ではないけど
やはり↑には負ける。
レシピでは加賀棒茶使用で、私は一保堂茶舗。
濃い目に淹れるのがポイント。


ただ今室温30度超え。
カーテン閉めて、首に濡れタオル、時々浴室で水遊び。
c0024861_114948.jpg
本日の食後はトマト。
「トマト入れる?」
「畑にある」だよね。
by koro49 | 2018-07-30 11:23 | 和菓子
<< 一筋を捉える 夏の煮豆 >>