<< 酸っぱい苺 人心地 >>

好きな花

アストランティアって好きな花。
この色の他に、他に二色。残念ながらうまく撮れなかった。
c0024861_164243.jpg
プリムラビアリーと。
c0024861_1642459.jpg
サルビアの仲間だと思う。耐寒性多年草。
c0024861_1691972.jpg
ナチュラルガーデンに憧れても、雑草はすぐ伸びるし色々難しい。
午前中、病気のバラを少しケア。

***********************************************************************



***********************************************************************

曇天でも昨日程肌寒くなく、休息を取ったので体力回復。
体が動くってありがたい。
買い物に行き、ちょっと贅沢なビールを買って、気持ちの父の日。
3時近くに食べたのっけ弁。
c0024861_16141546.jpg
昨日バスに乗ってて思っていた、繁栄に伴う危うさ。
前日に統合型リゾート施設(IR)整備法案が可決のニュース報道があった。

IR整備法案のポイント(東奥日報紙16日付朝刊2面から転記)

◎カジノや国際会議場、ホテルなどを一体として、全国で最大3か所を整備。自治体が誘致を申請し、国が選定。
◎日本人客のカジノ入場は週3回、月10回まで。マイナンバーカードでの本人確認を義務化。入場料は6000円。
◎カジノ事業は免許制。国がギャンブル依存症対策などを事前調査
◎カジノの収益の30%を国が徴収し、立地自治体と折半。観光振興などの財源に充てる。


日本人客のカジノ入場が週三回なんて、年に120日入場できるという事。
入場料を高く設定したとして、それが依存症対策になるのか?

首相は「IRが日本全体の経済成長につながる」との持論。
確かに建設に伴う投資、雇用、税収増を見越しての持論だと思うけど、主婦としては、そこに潜む危うさを思ってしまう。
政府はIRによる観光立国をアピールするが、訪日外国人客は過去6年で4.6倍に増加したという。
訪日外国人旅行者が、この国に求めるものは、野党側が反論したように 

「日本には優れた伝統文化や和食がある。IRに頼る必要はない」 

だと思う。
訪日観光客を増やそうとするなら、この国の風土、伝統芸能、各地に息づく文化、郷土料理を含めた和食を伝える方が、よほどこの国らしいと思う。

この国が、ギンギラで眠らないカジノ立国なんて、耐えられない。
バスの座席からだと空き家が特に目につき、この国の朽ちて土に還れない建造物の多いこと、処理出来ない化学物質のこと、大都会と過疎地の格差等を思い、IR法案への連想ゲームなり。

カジノ法案については

『天然の甘味からカジノ法案を思う』

『裏の世界』

と書いている。
by koro49 | 2018-06-17 16:14 | 思うこと
<< 酸っぱい苺 人心地 >>