<< 寒い 朝活 >>

井上陽水コンサート2018 ROCK PICNIC

昨夜の陽水さんの『井上陽水コンサート2018ROCK PICNIC』
盛り上がり過ぎて帰宅後脱力。
c0024861_15432072.jpg
3月だったかな?
友人から「陽水のコンサートそっちであるよ」のショートメール受信。
えっ?と、サイトを確認したら、確かに下北文化会館で6月7日とある。
すぐ文化会館に問い合わせたら、電話の向こうの職員も知らなかったみたいで、しばらく待って確認が取れた。
ただチケットの販売はしてないというので、すぐギルドに登録して申し込み。
連休辺りに届いたチケットは、前から10列目以内で席を確かめたら、真ん中から少し外れていたけど、満足満足で楽しみにしていた。
昨夜席に着こうとしたら、ど真ん中。マイクから真っ直ぐ。
「わぁ!」一緒の弟その④と、いとこと喜び、弟が買ってくれたバンダナ二枚組のベージュを、ボートネック白Tシャツ(2枚買えば一枚1000円値引きセールで大人買いした)に巻きスタンバイ。
模様の一部にトレードマークのサングラス。
c0024861_15511576.jpg
情報通によると、前日の五所川原の最初は『闇夜の国から』と聞いた。
ところが、セットリストは大幅変更されていて、最初は『アジアの純真』。
写真は撮らなかったので、16曲全てを把握していないけど、古い曲から新しい曲と大満足。
途中、15分休憩を取り、その後半の最後は『傘がない』だったと思う。
これが今までで一番、最高の『傘がない』
45年以上前の曲は、今でも十分新しく、熱唱する陽水さんに、大いなる色気を感じた。
色気って「uhun ahann」の事では決してなく、人生を歩むから出る味なんだと思ってる。
『最後のニュース』もそうだけど、今の時代への怒りも込められていたような気がしている。

『帰れない二人』の制作時の様子も話してくれた。


電気こたつに、二人ギターを持って、ワンフレーズずつ曲と詞を作っていったのだと言う。

あの日、青森でのコンサートで、この曲を歌って、一瞬詰まり、歌い直したことを思いながら聴いていた。


当地には4,5年前から来たかったと言い、最後は「又来ます!」
その時、又行けたら。
アンコールは『氷の世界』『夢の中へ』
振り返らないけど、オールスタンディングだったと思う。
出てから弟に「皆に申し訳ないけど、サングラスの下からワイさ(私に)向かって歌ってくれた気がする」(2009年の時も同じことを思っていた、ミーハー頃子なり)
「だよなあ、マイク真ん前だったものな」
息子の友人のT君夫妻とも会って「へばまだの~♪」
行くときはテクテク歩き、駐車場で青森に帰る弟たちを見送り、又テクテク歩いて帰宅。

そしておまけ。

帰途、向こうからちょっと年下に見える男女連れが歩いて来た。
女性はコンサートに行ったらしい。
男性 「陽水だば、いい声だったべ?」
女性 「いくていくて、『リバーサイドホテル』さ行ってまったじゃ・・・」
「うん、確かに歌った。。。」(頃子心の声)
その後の展開は脳内妄想ということにして、皆感動していたと思う。
陽水さんも、いつもと違う引き方で、いい笑顔が満足のライブだったことを表し、ギター担当は青森のお兄さんだった。
昨日は五所川原から3時間かけて車で来て、さすがに当地に宿泊だったと思うけど、少しでもこの地の良さを感じてもらえたかな?と曇天の本日。

***********************************************************************



***********************************************************************

遊んだから、朝活もやった。
ミツバシモツケソウのひっそりと凛と咲く様子が好き。
c0024861_16324081.jpg
c0024861_16325923.jpg
アストランディアは、パッと開いた方が形も良く綺麗。黄色の花は名前知らず。
c0024861_16335542.jpg
c0024861_16341497.jpg
ようやく咲いたバラ、雨がパラパラ降って切ろうと出たら止み、未だそのまま。
c0024861_16342764.jpg
今朝も気付いたら7時半過ぎまで外で、のっけ弁はお休みで、ラーメンを食べてもらうことにし、私は昨日の「何でもありサラダ」(美味しかったのに写真撮らず、又作ったら)麺にトッピングして美味しかった。
by koro49 | 2018-06-08 16:14 | 音楽
<< 寒い 朝活 >>