<< クレマチス サニーノックアウト >>

ルピナス

今朝、逆光の中のルピナスが綺麗だと思った。
紫が一番元気で、ピンク、クリーム色はこれからみたい。
c0024861_1516233.jpg
ルピナスの向こうに見える黄色い花と、未だ日が当たらないナデシコ。
こんな古風なナデシコは撫子と書きたくなる。
c0024861_15173126.jpg
朝は汗をかくこともなく、快適にアリさんの働きが出来る。
それにしても、西側の車庫の少しの隙間がジャングル状態で、あれは完全武装してかからないと。

***********************************************************************





***********************************************************************

この辺りでは、旧の節句の今日、菖蒲湯に入る。
昔は、この日が運動会で、家々ではべコ餅を作っていた。
今のように複雑な模様ではなく、母は束ねと呼ぶ一見リボンのような模様を黒砂糖の生地と白生地で作っていた。
今年の私は、先日採って来てくれた新笹を使った笹餅を仏前に供えた。
c0024861_1522178.jpg
c0024861_15231324.jpg
生地を作っている時、ふと粒あんを混ぜることを思いつき、冷蔵庫に残っていたものを混ぜ込んだ。
それはいいアイディアだったかもしれないけど、その粒あんの分、甘さが加わり、少し甘い気がする。
今度作ることがあれば、その分砂糖は減らさないと。

作りながら、笹餅は『自然』と『心』を包み込む餅だと思っていた。



本日ののっけ弁。
c0024861_1526313.jpg
普通のつましい暮らしの積み重ねが、一番幸せだと思うこの頃。

取り繕うことが、さらに綻びを広げる。
その責めを負うのは、これからの人たちや、これから生まれる人たちだとしたら、やりきれない。
by koro49 | 2018-06-05 15:28 | 思うこと
<< クレマチス サニーノックアウト >>