<< 曇りの日には ミニ水仙 >>

守るべきもの

今朝頂いた小松菜を茹でていたら、白菜のちびっ子を捨てれずに持って来たと渡された。
10センチ程の冬越しした白菜・・・と言っても赤ちゃんは、種から育て、時間差で種まきしたから、早く蒔いたのは3個結実して冬前に食べた。
これは大きくならないうちに雪の下になったもの。
そろそろ耕運機をかけるため、畑の整理をしていたら茶色い葉の中にこれ。
外側の葉は中の小さな葉を守ろうとして、クルンと抱きかかえるようにして茶色く枯れていたという。
いじらしい。
中には花も見える10センチ程の白菜。
c0024861_1052341.jpg

c0024861_10524974.jpg
c0024861_1053448.jpg
小松菜、白菜、葉わさびの醤油漬けと、三種のお浸し。
未熟な小さな白菜でも、厳しい冬の寒さの中で守るべきものを知っている。
最近のニュースには、力が抜けるばかり。

***********************************************************************



***********************************************************************

今クリスマスローズを植えている場所は、日当たりは問題なしだと思う。
ただ、冬の屋根雪の落ちる場所で、ペシャンとしている。
可哀想だから場所を確保して移植したい。

双子ちゃん出産時に手伝いに出掛ける前、小さな苗を買って植えたもの。もう10年目。

一番下は、娘の学生時代のクリスマス会のプレゼント。
これも株は大きくなっても、潰れて可哀想。
c0024861_10591823.jpg
c0024861_10594486.jpg
c0024861_10595475.jpg
外は風が冷たくても、着込んでアリさんの働き。
土を寄せたり、草取りとかやることいっぱい。
それでも膝が折れるようになり、這いつくばりながらも楽チンになっている。
アリさんの働きで、無心をもらう。
by koro49 | 2018-04-13 11:05 | 思うこと
<< 曇りの日には ミニ水仙 >>