<< 雪うさぎ 八寸帯 >>

バター入りシフォンケーキ

今日の昼頃、久々に山が全容を現した。
c0024861_14571768.jpg
今も一部青空で、陽射しが暖かい。

***********************************************************************



***********************************************************************

昨日図書館で見つけたシフォンケーキの本は、オイルをバター使用で焼いている。
どんなものかな?と借りて、今日のランチ用のシフォンを焼いてみた。
c0024861_150979.jpg
高さがあまり出なかったのは、メレンゲに問題あり?
このレシピは砂糖は卵白に全て入れる。
そのせいか感触が違うし結構泡立てていい艶になったけど、いつものメレンゲよりは柔らかい。
それと、卵黄の泡立てが足りないかも。
底上げ、空洞なし。



本日のランチ。

以前は生で食べれた人参、今は茹でて。
今年に入って初めて作った金柑の甘露煮は、家人は食べず。
1パック11個入って、小さなジャム鍋で丁度いい。
ヨーグルトには豆もトッピングするし、今朝はうぐいす餅の残りのきな粉も。
c0024861_15615100.jpg
手でちぎると、「シュワッ、フワッ♪」
バターの香りがして、極々かる~いカトルカールのような味わい。
甘いケーキにするには、フォンダンを塗ってもいいな。

プレーンのシフォンケーキの材料
   卵白5個、卵黄5個、砂糖140g、『牛乳80ml、バター80g』
   薄力粉100g、BP小さじ1/2、塩ひとつまみ

『牛乳、バター』を湯せんで溶かし、温めておくこと。
卵黄はもったりするまで泡立て、その後卵白を泡立てる。
卵黄に『牛乳、バター』を加え混ぜ 温めた大きいボウルに移し替える。
←ここが今までのレシピにはないところ。
粉類を再度篩って加え、泡だて器で艶が出るまで混ぜ合わせる。
後はメレンゲの半量を加え、泡だて器でしっかり混ぜ合わせ、残りのメレンゲを加え、最後はゴムベラに替えて生地を均一にする。
余熱180度で35分。

これが基本で、後はアレンジしたり、違う味をプラスしたり。
小さい人のおやつにも良さそうだから、ちょっと研究してみよう。
しばらくは、これが私の朝の主食。

今朝ストレッチして立ち上がったら「あれっ?」
ひねったかどうか、ぎっくり腰ではないけど、気を付けないとね。
by koro49 | 2017-02-07 15:07
<< 雪うさぎ 八寸帯 >>