<< 野菜始末の日 『母のお年玉』里帰り写真 >>

あんこ載せ

食べて片付けの繰り返しの中、お昼は蕎麦とか雑煮。
今日も家人は蕎麦で、私は甘い昼食にしたくて年前に練った餡を載せた餅。
マッチ箱の大きさ程の薄めの草餅に、餡あっさりめにして。
残り物を載せて今日のお昼。
c0024861_152155.jpg
残った餡は、さらに火を通して硬めにして冷凍保存。
今日も気温が上がり、道端以外の幹線道路は乾いている。

***********************************************************************




***********************************************************************

c0024861_15122045.jpg


東奥日報紙に第4回東奥文学賞が元旦分から掲載されている。
老人ホームを舞台にしているそれは、
最終選考委員のひとり、長部日出夫さんをして
『人生の最後に訪れる老いというものの厳しい現実とその背景をこれほど広い視野で多様に見通した作品を読んだ覚えがない』
と言わしめている。
この先の展開が楽しみであり、
11日までの連載が終わったら再度読み返すつもりで切り抜き中。






老人の仲間入りをしている身として、数少ない老いを見せてもらっても、さらに多岐にわたるの老人問題を知っておくべきと思っている。
施設事情を含めた介護、医療関係は特に。
社会保障費は増加の一途。
なるべく次世代への負担を減らすべく努めたいとは思いつつ、どうなることやら。
by koro49 | 2017-01-03 15:32
<< 野菜始末の日 『母のお年玉』里帰り写真 >>