<< 一日遅れの誕生日 朝日の中で >>

これをどう見るか

7月4日の関西テレビ「スーパーニュースアンカー」の特集「核のゴミ抱える村 青森・六ヶ所村の現実」
私は悲しい気持ち。

***********************************************************

七夕の夜、今日は涼しかったそうで、今は雨がしとしと。
↑を視聴したせいか、私の心も雨模様。

と言いつつ、明日からの通常モードにギアチェンジ完了。
by koro49 | 2011-07-07 23:12 | 私が考える原発 | Comments(7)
Commented by saheizi-inokori at 2011-07-07 23:44
沖縄基地よりもひどいかもしれません。でも青森はもし何かあれば本州どころか世界が被害を受ける点が沖縄とは違いますね。どちらも許せないな。
Commented by anello63 at 2011-07-08 00:00
私も怒りを通り越して悲しい気持ち。
何故、何故、何故・・・
あんなに恐ろしい事故が同じ国の中で起きているのに、
恩恵を受けている人たちはそれを手放したくないんですね。
目先のことしか考えたくないんでしょうね。
おぞましい・・・
Commented at 2011-07-08 02:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by julia at 2011-07-08 09:34 x
原発っていう言葉は知っていても、それがどういうものでどこにあってどういう処分がなされているのかとか全然知らずに興味もなく過ごして来たけれど、今も何事もなかったような感じに過ぎて行こうとしている感じがあるけれど、取材されていた農家の一人の人のように、万一に備えて生きて来た場所を捨てないといけないこともあると思って準備しないといけないって本当だと思いました。大きな力が動いてくれなければ、致し方ないというか。自分が心配していても、周りは平気な感じだと浮いてしまうというか話が出来ないし。本当は話し合って解決していかないといけないはずだけど。本当の本当は、長い時間をかけてもなくしていく努力を始めた方がいいと思いますが。無力というか悲しいですね。と同時に、福島もそうなんですけど六ヶ所村も、広々していて風景も建物も綺麗で豊かな感じ。原発と引き換えに豊かさを手に入れて来たんだなぁと。。福島の現在の苦悩とのギャップが大きいです。
Commented by koro49 at 2011-07-08 20:20
>saheiziさん
もし何かあれば・・・地球の終わりとは言わないけど、人類も地球も大きなダメージを受けてしまいます。
それもずっとずっと続く。

>imaさん
私も怒ることさえも出来ない悲しみを味わいました。
この悲しみを何処にぶつけたらいいのか?って思いました。
やはり知ろうとしなかった自分ですね。
知らないことの怖さ。

>鍵コメさん
取り扱い団体に疑問を感じたら、することは無いと思いますよ。
そう、世間は狭いですから、その中のご自分も大切にして下さい。

>juliaさん
私もこんなに原発関連施設が立地している土地に住みながら、大丈夫だろうと。
それが全くそうではなかった。
やはり私はやり方が許せないと思うのです。
お金でしばり、それが無くなったら地域経済は全く立ち行かなくなるようにしてしまう。
「麻薬」と表現する人もいるけど、たしかに依存体質にしてしまうのはそうかも知れませんね。
自然の豊かな辺鄙なところがターゲットになってますね。それと貧しさ。
一時は生活が豊かになった福島の人たちは、今故郷にいつ帰れるのか、不安を抱えたままでいます。
Commented by issyonimakimaki at 2011-07-09 00:01
悲しくなりました。
原発のことは、やめていくべきだと考えますが、「じゃあ、はい!全部止めます」ってわけにはいかないこともわかります。
国のエネルギー政策を黙認してきた自分を反省してるこの頃ですが、やっぱりkoroさんが言うようにやり方が汚すぎて悲しくなりますね。

わたしも↑のニュース、リンクしますね。
Commented by koro49 at 2011-07-10 23:48
>harumakiさん
ごめんなさい。
コメ返落としてました^^;
やり方に怒りを感ずるのと、膨大な量の廃棄物をどうするのか?それを処理する能力が今の人類は持ってないと言うのに、それでも未だ再稼動するということが、アナログばあちゃんには分らないの。
10万年、100万年後まで引きずる負の遺産。
増やし続ける事に疑問を感じないのかな?って。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 一日遅れの誕生日 朝日の中で >>