十三回忌

義父の祥月命日は1月23日でも、その頃は雪の中でお墓に行けないかも知れず、いつものように早めの十三回忌を今日。
生憎の雨になったしまったけど、本堂とお墓で読経をお願いし、こんな時だから静岡の義妹にはコロナが落ち着いてからの墓参をお願いしたという。来たかったでしょうね。
十三回忌_c0024861_08420556.jpg
出来るだけ家人の収穫物を使いたく、黒豆、トラ豆、大根、ゼンマイ、人参、フキ、ワラビ、品川汁のボリボリ使用。
こんなお霊供前を、向きを変え未だ雨が降っていなかった6時半に供えた。
11時に他家の法要があって10時からになり、色々前倒しの準備。


# by koro49 | 2020-10-23 08:48

明日のために

先日終わりの朝顔を引っこ抜いたと思ったら、今朝又地際で咲いている。
サンク・エールもいつになく綺麗に咲いてくれた。
明日のために_c0024861_14521448.jpg
明日のために_c0024861_14522872.jpg
本日の弁当には、先日の鰯のさつま揚げ風を冷凍庫からだして、うまみ酢の餡を絡ませた。
明日のために_c0024861_14525949.jpg


明日のために
# by koro49 | 2020-10-22 15:00

花火のよう

今朝の見廻りで、グリーンの大文字草を撮った。
ほんとはもう少し朝陽が欲しく、そうしたらドンと上がった花火のように綺麗だったろうな。
多色の花火の良さもあるけど、繊細な模様を一色で表した花火も好き。
花火のよう_c0024861_09584313.jpg
こぼれ種のシクラメン、昨秋楽しみにしていたのに咲いてくれなかった。
今年は今4輪で、他にも花芽が見えて株も大きくなっている様子。
雪が降っても家の中から楽しめる場所だから嬉しい。
花火のよう_c0024861_09590095.jpg


お弁当
# by koro49 | 2020-10-21 10:07

朝陽の中で

昨日、ずんだ餡、白餡、小豆餡と三種のおはぎを作って冷凍庫に。
小さめにしたおはぎ、一個ずつ餡で包みながら、この46年の色々と、過ぎ去った人たちの事も思い、穏やかな秋の陽射しに守られるように並べていった。
朝陽の中で_c0024861_16144428.jpg
私の昼は、小さなチキンラーメン。バタバタしていたからネギも切らず、この量でお腹をごまかし
朝陽の中で_c0024861_16150933.jpg
木の剪定をお願いしたので、おやつにロールケーキを作り私もご相伴。
自分で食べると反省事項が見えてくる。
キメは細かくても、ちょっと弾力性がない。
それは多分泡立てた大きな気泡を、潰れがたい小さな気泡にする作業時間がちょっと長いんだろうな・・・最初に泡立てた量の半分になってもいいとレシピにはあったけど、それぞれのオーブンのクセもあるんだろう。
そんな訳で、今度はちょっと短めにしてみる。
ツインズの誕生日便の残りのクリームが100ccだから、ちょっと足りなかった。
朝陽の中で_c0024861_09222317.jpg
図書館に返本、その後DIYセンターと、慌ただしく過ぎた日。


朝陽の中で
# by koro49 | 2020-10-20 10:04

風神雷神~下~

過日『風神雷神上巻』を面白く引き込まれるように読み下巻を借りたものの、手つかずに期限が来て再貸出ししてもらった。
今日が返却期限で、昨夜読了。
上巻の時、天正遣欧使節団の辿った経路をメモしながら読もうと思ったのに、面白さに引き込まれそのまま読んでしまった。
下巻はメモしながらヨーロッパに渡った使節団が、ポルトガル、スペイン、イタリアと旅し、ダビンチ、ミケランジェロの絵と出会い、最後にはこの本で作者が一番書きたかったことであろう、宗達とカラヴァッジョにとっての宝物のような出会いの一日が描かれていた。
もちろんフィクションだけど、もともと謎の多い俵谷宗達をカラヴァッジョと出会わせることに、原田マハさんのこの二人の絵師(敢えてそう言う)の作品への想いが込められていると読んだ。

 絵とは人の心をなぐさめることができる

それがマハさんの一番言いたかったことなんだろう。
読みながら「これ大河ドラマにしたら面白いな・・・製作費はかかりそうだけど。」と、何度も映像が浮かんだ。
風神雷神~下~_c0024861_22405931.jpg

カラヴァッジョ展でのカードを取り出し、お茶を飲んだ昨日の午後。
風神雷神~下~_c0024861_22411159.jpg
しばらく出来てないアート巡礼、県内で楽しみにしていた展示があったものの、ちょっと遠のいてしまった。
はい、自分が感染者だと思って過ごします。
 



More
# by koro49 | 2020-10-19 10:39 |

おはよう!!

「おはよう!!」の声がするように金盞花が朝陽を浴びて咲いていた。
おはよう!!_c0024861_10435172.jpg
陽の当たる場所と当たらない場所で、それぞれの表情。
そして昨日の夕焼けも綺麗だった。
おはよう!!_c0024861_10440849.jpg
おはよう!!_c0024861_10442285.jpg
おはよう!!_c0024861_10450618.jpg
一時暗くなり雨になったものの、その後晴れ。
外は着込まないと出れない。
地面が濡れているからと、草取りはせずそのまま・・・orz
昨夜作った鰯のさつま揚げがメインの弁当。
おはよう!!_c0024861_10451994.jpg
そして4月に作った味噌の残りを取り出して冷蔵庫に。


500gの大豆が2キロの味噌になり、他の味噌と混ぜて食べ、半分消費したことになる。
家人は朝だけ、私は夜だけのみそ汁は、塩分を考えたらそれでいいと思っている。
おはよう!!_c0024861_10455822.jpg
昨日の午後、先日のパウンドケーキの残りで作ったラムボールで一休さん。
一口の大きさが良い。
おはよう!!_c0024861_20140871.jpg
さて、味噌の容器を洗って干して買い物。

おはよう!!_c0024861_10484026.jpg

# by koro49 | 2020-10-18 10:58 | 保存食

峰満イエロー

今日はツインズの12歳の誕生日。
ケーキを考えた数日、丁度いい箱もなくて、結局ロールケーキにした。
中に巻くのはココア生地にはシャインマスカットと決まっても、もう一本の果物が決まっていなかった。
昨日買い物に行ったら、先日も見かけた峰満イエローという黄色のプラムがあった。
どうだろう?と買って、カットして味見。
「美味しい~♪」桃の味で、プラムの酸っぱさは少なく皮も柔らかくジューシー、そのまま食べれ、色も綺麗。
ちょっと調べたら山形で少量栽培され、今年分の販売は終了していた。
出回る期間が短いということは、希少という付加価値が付く。
昨日買ったのは青森県産で、山形産のよりは小さめ。
4個入りで498円ということは、大きな峰満プラムに比べたら安い価格設定かな?
ケーキのデコレーション、パフェなど、この美味しさを知ったらケーキ屋さんを初め需要が伸びそうで、これから作付面積が増えることにちょっと期待した果物。
峰満イエロー_c0024861_22392953.jpg
ココア生地にはシャインマスカット、オレンジピールを散らして焼いた生地にはシャインマスカットと峰満プラム。
久々に巻いたら、ちょっと破裂しそうでも、気持ちということで。

12歳おめでとう♪
カードはお姉ちゃんと行った県立美術館のホールに展示してあるシャガールのアレコの舞台絵。
コロナが収束したら行こうね。寒さに向かうからインフルにも気を付けて元気でね!

そんな事を書いた。
峰満イエロー_c0024861_22394651.jpg
秋鮭がメインの弁当。
峰満イエロー_c0024861_10484026.jpg
明け方の雨を知らずに熟睡。
何か風が冷たそう。

# by koro49 | 2020-10-17 11:03 | ここの美味しい物

向こうに青空

夜は気温が下がり、冬用の布団が丁度よくて目覚めたら、今日も青空。
昨日夕飯後に何かしてると思ったら、ハロウィンカボチャを作っていた。
それを窓辺に並べ、向こうにはいつもの山。
向こうに青空_c0024861_10543492.jpg
昨夜完成した後ローソクを灯して、ジイジバアバは一足早いハロウィンで、ちびっ子たち家族の健康を祈った。
向こうに青空_c0024861_10544915.jpg
本日は鰯のかば焼き弁当。
向こうに青空_c0024861_10550633.jpg
昨日はちょっと寒気がし、外は肌寒さを感じて結局中止。
今日は気持ち良く動けそうでも、家の中でちょいダッシュの日。

タグ:
# by koro49 | 2020-10-16 10:59

冬用布団

昨夜はちょっと気温が下がったのか、布団にしっかり包まって寝ていた。
未だ大丈夫だろうと思っていた冬用の布団、さっき交換。
この先、シーツを冬用、さらに毛布を足したら真冬用になる。
未だそこまではね~♪
今朝の山に朝陽が当たり、紅葉した様子がちょっと確認出来た。
冬用布団_c0024861_10510346.jpg
地際で咲く朝顔が健気。
金盞花は陽が差したらパッと開くし、プロスパリティも寒さと共にちょっとピンクをまとう。
さっきは雨、今は陽射しで忙しい秋の空。
冬用布団_c0024861_10554741.jpg

冬用布団_c0024861_10561627.jpg
冬用布団_c0024861_10512726.jpg
昨夜は舞茸と菊二種、ミズのコブの漬物、茗荷と生姜の酢漬け、牛の時雨煮を載せて秋のちらし寿司。
これ、鮭にすればより秋らしくなる。
牛が苦手な安上がりの人ひとり。
冬用布団_c0024861_10524951.jpg
朝食後少し寒気がしたので、ジャガイモでんぷんに生姜シロップを混ぜ、熱湯を注いで食べたらポカポカ。
百均の200円のお盆に裂き織を敷いたらグレードアップ。
食卓のあれこれが散らからず重宝。
冬用布団_c0024861_10531941.jpg
さて、家の中が終わったら、着込んで外へ。



タグ:
# by koro49 | 2020-10-15 11:12 | 料理

黄色の菊

食用菊の黄色の菊は何という名前だろう?阿房宮かな?
昨日畑のNさんからいただいて、茹でて昨夜は大根おろしと食べた。
『もってのほか』とは違う香りが馥郁として、秋を摂りこんだ。
母は鯖の缶詰にこれを添えて食べるのが好きだったのを思い出し、今朝の私のパンに添えた。
鯖缶は魚を食べれなかった時重宝したし、缶詰の中では一番好き。
黄色の菊_c0024861_13033046.jpg
それで本日の弁当には『もってのほか』と彩り役を担ってもらった。
こちらでは割と食用菊を食べるし、そんな食文化がある。
地方によっては、全く食べない所もあるのでしょう。
黄色の菊_c0024861_13035614.jpg


匂いバラ
# by koro49 | 2020-10-14 13:28