タグ:自然の恵み ( 49 ) タグの人気記事

秋の味

ボリボリ(ナラタケ)のみそ汁は、秋のみそ汁。
「今年は変だ、何もない・・・」と言いつつ、初物一食分を昨日採って来てくれたので、今朝のみそ汁になった。
大根おろし、冷蔵庫に入ってた終わりの茗荷で。
c0024861_15192818.jpg
昨日紅玉を4個買って、コンポートに。
一晩置いたこの色が嬉しい。
c0024861_1521765.jpg
どちらも食べさせることが出来て良かった。

***********************************************************************

ビオラ
by koro49 | 2017-10-13 15:26

初咲き

挿し木のバラが一輪咲きそう。
もう何年にもなるけど、今頃育て方の間違いに気付いてる。
明け方の雨は止み、今もどんよりしていても、このバラは外で咲かせたい。
c0024861_14271047.jpg
アストランディアも好きな花。
薄色と濃い色で名前忘れた。
c0024861_14282487.jpg
c0024861_14283644.jpg
黒のフウロソウは、ポツリポツリ一ヵ月以上も咲いている。
c0024861_1430410.jpg
外は肌寒くても、動いていると丁度いい。

***********************************************************************

ホヤの季節
by koro49 | 2017-06-16 14:37 | ここの美味しい物

季節を食す

今の季節のスルメイカの20センチ以下はムギイカと呼ばれ、先日から店頭で見かけていた。
これだと身が柔らかく食べれそうなので、いつものイカ寿司を作った。
イカ寿司と言っても、漬け物感覚、昨日は茗荷の芽を塩揉みして少し置いたもの、新生姜の甘酢漬けを、茹でたムギイカの皮を剥き、ゲソで巻き込み、胴体の中に入れ、最後に塩を少量まぶし、酢を掛けて漬物器で一晩冷蔵庫に。
時には青紫蘇、人参、キウリなどあるものを詰め込む我が家の味。
スルメイカは、昨年記録的な不漁。
今年は獲れてくれますように。出来たイカ寿司は、私でも食べれる柔らかさ。

ミズも採って来てくれたので漬物。
茗荷の芽が柔らかい内に食べたい。
季節の物を食べる事は、自然を食べること。
c0024861_15285517.jpg
オレンジクグロフのサヴァランは、昨日こんな風に食べた。
c0024861_15581128.jpg

ヨーグルトがいつものより柔らかく、絞ったオレンジと混ざりスプーンで食べ、多分ちょっとしたケーキ屋さんには負けない味。
これで「サヴァラン食べたいな・・・」と思わなくても良し。
食べたくなったら、又作る。

***********************************************************************

シシリンチウム
by koro49 | 2017-06-13 15:40 | ここの美味しい物

雫の日

昨夜からずっと降った雨は一時止むも、今又降っている。
小学校の運動会、楽しみにしていた子供たちは残念だったけど、昨日の午後移植した花たちには良かった。
朝食後の一時止んだ時の、雫たち。

シラーカンパニュラータは繁殖力旺盛で、昨年も減らしたのに、今年もあちこちに。
でも、こんなに雨の似合う花はない。
こんなデザインの揺れるティアラ、ブローチ、イヤリング、素敵だろうな。
c0024861_1135475.jpg
c0024861_1141878.jpg
イカリソウの仲間かな?
c0024861_1164730.jpg
ニホンサクラソウ。
c0024861_118211.jpg
この花は、今確認したら違う名前で覚えていたので、分かったら後で。
c0024861_119309.jpg
昨夜も10時前に寝て、今朝は多分雨だと思ったので、やることがあった。
それが雨音を子守歌にしたのかどうか、ぐっすり眠り、目覚めたら6時半。
眠りたかったんだね・・・と、本日休養日。

ちびっ子たちは運動会。
今年から人数が増えたせいか、お昼のお弁当は親子で食べないで、児童は教室で食べることになったという。
むこうは晴れらしいから、ここで応援してる。

「後少しでお弁当の時間だから頑張れ!!!」

***********************************************************************

初物
by koro49 | 2017-05-27 11:14

トロトロ丼

梅雨のような肌寒い日が続き、明日の小学校の運動会が心配。
昨日は、移植を少ししただけで、家の中でゆっくり。
お昼は長芋とワラビのトロトロ丼。
前日の煮物に、ホタテの稚貝、居眠り状態で皮を剥いたネマガリタケ、若生昆布を足して煮て美味しい。

コレステロール値を言われた時、卵の摂取に気を付けたけど、今は以前のような基準ではないらしいし、毎日一個以上は食べている。
特に卵かけご飯は、私の栄養補給に役立っている。
c0024861_10574173.jpg
c0024861_1101853.jpg



以前はウドの皮のキンピラが美味しかった。
中身を食感が残る位にサッと茹で、ワカメと酢の物が美味しいのに
今年は作っていない。
今朝は中身だけを、よ~く火を通してキンピラに。
これだと食べれる。




自然の恵みを食す時、いつもありがたく思うと共に、何より自然を汚さないのが大切で、これを守って次世代へ引き継ぐのは大人世代の責務。

地域の存続に『経済』『環境』『文化』は柱だと言う。
経済に関しては、首都圏や企業立地地域のようには望むべくもないけど、依存度が少なく自立性が伴っていればもっといいし、経済規模の問題ではなく回転しているかどうかだと思う。
自然環境も含めた『環境』は、どこにも負けないものがある。
そして地域に根付く『文化』もある。
不便さを享受しながらも、TOKYOには負けてないはず。
最近、不便なことが贅沢なことだと思っている。
ゆっくりとした時間の中に身を置くようになったからかも。

***********************************************************************

今日の庭便り
by koro49 | 2017-05-26 11:38 | 思うこと

オーニソガラム・ヌータンス

『ガラスの花』って正式名称は何だろうと調べて、今知った『オーニソガラム・ヌータンス』という名前。

昨夜の雨に濡れ、雫をまとった様子はまさにガラスの花。
c0024861_10493878.jpg
どっかから種が飛んで咲いてくれる 雪ヒナゲシの葉 (ちょっと違う名前のような)に、フェンスと小さな空が写りこんでいる。
c0024861_1050566.jpg
白のクレマチス。
c0024861_10515198.jpg
昨年の寄せ植えを、秋に地植えした花・・・名前失念。
c0024861_10533233.jpg
昨日株分けして貰って植えたタイムの仲間?
這うように可愛らしく咲いて、少しずつあちこちの縁に植えた。
c0024861_10565480.jpg
そして雨の日はつゆ草がお似合い。
c0024861_10572979.jpg
ひんやりとして手足は冷たくなるので、今日のアリさんの働きはお休み。

***********************************************************************

ウドを煮物に
by koro49 | 2017-05-25 11:04

ポレモニウム

曇天、肌寒むで、草取り後、素手て花殻を摘んでいたら手先が冷たい。
湿り気を帯びたひんやりした空気の中で、ポレモニウムの白が今の空気感を伝えている。
c0024861_7193184.jpg
近くで咲いている黒フウロ。色はもう少し濃く、こぼれ種で増えればいいなと見てる。
c0024861_72159.jpg
姫フウロの白は株分けし、軒下のブロックの小さな穴に埋め込んだもの。
c0024861_7204950.jpg
褐色の葉のクローバの花も咲いた。
c0024861_723375.jpg
クレマチスは挿し木したものが元気。
c0024861_723451.jpg
昨日は移植したり、土を耕したり、アリさんの働きで健闘。
無理すると後に差支えるから、今日もほどほど、出来る範囲で。

***********************************************************************

味噌炒め
by koro49 | 2017-05-24 07:30 | 料理

山と畑のアスパラ

昨日、『しおで』を二本採って来た。
ここでは、『しゅでこ』と呼ぶこともある山菜。
その味、姿は、山のアスパラガスに例えられる。

今朝は畑のアスパラと一緒に、マヨネーズで。
c0024861_10394434.jpg
c0024861_10402080.jpg
二種類並べるとこんな風。
天ぷらでも美味しそうでも、山に入らないと採れないらしい。
危険を冒してまでも、行って欲しくはないな。
怪我したら、元も子もない。昨日は帰宅時間がいつもより遅く心配した。

「(you)には未だ残されたミッションがあるはず・・・」と言う言葉を飲み込んだ、(かすぬか)の(つま)。



その前日はネマガリタケを採って来た。
細いけど、夜に茹でて皮むき。
それで作った今朝のみそ汁は、ワカメと身欠きにしん入り。
これも今の季節の味。
c0024861_10475288.jpg
私はパンと一緒にこのみそ汁を飲んだ。
これは青空の下、塩むすびで食べたら美味しいな。
身欠きにしんの出汁が、タケノコとワカメと合うって考えた先輩主婦の知恵。
多分津軽地方から始まったと思うけど、農作業の合間のご馳走だったと思う。


***********************************************************************

木の芽
by koro49 | 2017-05-20 10:56 | 郷土料理

五月晴れ

青空が気持ちいい。
少し霞んでいても、日中は多分澄んだ青空になるはず。
c0024861_7235580.jpg
着込んでも外仕事は手足が冷たく感ずるから、無理せず日中に。
朝陽が当たるのを待って撮ったシャガ。
c0024861_725294.jpg
こぼれ種のイカリソウ。
c0024861_726572.jpg
玄関前の三寸菖蒲って言ったっけ?
c0024861_7264131.jpg


***********************************************************************

ウドのコロコロ煮
by koro49 | 2017-05-19 07:31

うるわしい五月に

雲一つない快晴ではないけど、青空が広がって五月がスタート。

毎年五月にはこの曲を口ずさみたくなる。
食べ物も音楽も、季節と共に。


昨日の夕飯の山菜チラシ、ご飯の中に刻んだ奈良漬、その上に海苔、釣ったという頂き物のヤリイカの皮を剥き、酒、塩で調味、三つ葉は醤油で下味、コゴミ、笹竹の子は茹でてそのまま、赤かぶの甘酢漬け、もっと作っておけば良かった。
c0024861_1028190.jpg
今朝の一品は三つ葉と笹竹の子の卵とじ。
c0024861_10292039.jpg
食材費は限りなくゼロに近くても、贅沢で美味しい自然の恵みをありがたく頂く。

***********************************************************************

チューリップと小さい花たち
by koro49 | 2017-05-01 10:39 | Comments(26)