タグ:短歌 ( 118 ) タグの人気記事

ふぅっ♪

一昨日、9の付く日はお正月準備もひと休みと書いたはずなのに、昨日はちょっと焦ってしまった。
黒豆は煮ていたけど、昨年の同じ日をクリックしたら、あれま大変、あれもこれも未だだった。。
買い物から帰宅後はダッシュ。
食事以外は黙々と。
10時にはガス欠を感じ、頑張ったら今日動けなくなるとベッドに。
今朝は暗い内に起き出し、あれこれ。
ようやく明日の昼の年越しの目途はつき「ふぅっ♪」

ここの年越しにはどこの家でも作る煮しめ。
山菜と練り物をいれるけど、この頃は練り物抜きで山菜を味わうようにしている。
下にこんにゃく、フキ、ワラビ、今回ゼンマイはパスで、厚揚げ、キノコはアミダケ、ボリボリ(ナラタケ)、干しシイタケ、ゴボウ、人参、塩漬けの竹の子。
昆布と焼き干しの出汁と、雑煮用に鶏ガラで取ったスープをお玉で2杯分の二種。
出汁を注ぐ前の煮しめ鍋。
作る量は減っているので、明日子供たちにも分けて送ったら、早めに食べきれそう。
c0024861_22585059.jpg
c0024861_2259497.jpg作った料理を三世帯で食べることになる。
疲れたと思っても、発送し私たち三人での年越しを終えると毎年達成感がある。
何より自分で動けて作れるありがたさと、子供たちも全てではなくても同じ物を食べれる事が励みになっている。
もう家族揃っての年越しは難しい。
毎年全く同じではないのは、仕出しのお節料理と同じ。


二色卵は彩りが良くなるから定番。
風呂上り、煮しめの鍋に火を通して、明朝発送予定の母のお年玉の一部。

***********************************************************************

今年もありがとうございました!
by koro49 | 2016-12-30 22:52 | 郷土料理 | Comments(6)

最後の庭便り

これが今年最後の庭便り。
こぼれ種のポピー、昨日弾けそうに三分咲き。
今朝寒さに震えるように開いていた。
ノースポールも一緒に撮って、今年最後の庭便り。

 冬枯れの庭に一輪オレンジのヒナゲシが咲く身は風任せ 頃子
c0024861_13304734.jpg
c0024861_13312073.jpg明日から冬の天気が続く。
今は陽ざしもありポカポカ。
つっかえ棒をして縄で結んでくれたバラたちに、ネットを被せる作業。
何とか完了して、冬支度は一応お終い。


さて、予定変更で安納芋が蒸し上がったら、ちょっとお出かけ。
by koro49 | 2016-12-05 13:34

残菊忌

今朝、家人が見守り隊に行ってる間に、庭の残菊を切った。
c0024861_1565674.jpg
仏前の花瓶に入れる程の菊ではなかったので、小さな花瓶に入れ仏壇の中に供えた。
今日は父の祥月命日。
もう11年も父の年を越え、年を越された娘に手を合わせてもらう父は、どんな気持ちだろうとちょっと考えた。
「いつの間に、そんなに白髪?」って笑ってるかも。

***********************************************************************

柿派
by koro49 | 2016-11-17 15:17

もってのほか

買い物に行ったら、店頭も店内も秋真っ盛り。
『もってのほか』が今季初お目見え。
こぼしながら、色と馥郁とした香りを楽しむ。
c0024861_17584961.jpg
一昨日は見えなかった紅玉も並び、地元産の生筋子も。
少し買って醤油漬けを作った。
秋は美味しいものが沢山。

***********************************************************************

シフォンサンド
by koro49 | 2016-10-07 18:05 | ここの美味しい物

クジャクソウ忌

今日は母の祥月命日。
母の旅立ちの時、伯母が咲いてるピンクのクジャクソウをありったけ棺に入れてくれた。
クジャクソウの咲いてる季節で良かったね。
薄紫と紫のクジャクソウの咲き掛けはあるけど、ピンクは見えず無くなってしまったかも。
白のクジャクソウ二種は満開状態。
昨夜の強風で倒れたクジャクソウにつっかえ棒をし直して、仏前用の花。
他の花瓶にも入れ、だから今日はクジャクソウ忌。
体調十分でないから墓前には立てず、弟たちもそれぞれの地で思い出していたことだろう。
c0024861_2022563.jpg
頂いた乃し梅、この日に使いたかった。
白あんを包んだら、どちらも一層美味しくなって新しい発見。
先日出て来た葡萄のコースターに、小さな茶杯に煎れたお茶と共に、この家の仏前に供えて手を合わせた。
今何が食べたいだろう?と考え、ふろふき大根を作った。
でも、それは私が食べたかったのかも。
c0024861_20245868.jpg

 写真立て左手持って車椅子その母の年ひととせ越えた 頃子

寿命の長短なんて、誰も分からず。
ただ、持って生まれた寿命は謙虚に全うしたい。

***********************************************************************

今日の山
by koro49 | 2016-10-04 20:46 | 思うこと

寝たり起きたり

ずっと安静にしなくてもいいけど、昨夜も痛みで寝たり起きたり。
風呂に入ると痛みは和らぐので、今朝も朝風呂。
服薬のためにご飯を食べ、眠らなくても体を休めることにしてその後ベッド。
外は秋晴れ、洗濯もして干してくれたベランダからの山。
色が変化して来ている。
c0024861_16381370.jpg
横になり重い本は止め、ミニ本のピーターラビットを読む。
夏にお姉ちゃんに三巻渡した残り。後で送るね。
c0024861_1641742.jpg

  疝痛に背中を丸めるベッド上ピーターラビット痛みを和らげ 頃子

  ベッド上左手かざし指遊び秋の陽ざしがキツネを作る 頃子

痛みに体を丸める様子にダンゴムシみたいと思ったり、忘れてた指遊びをしたり、何もしないプチ病人にはちょっとの発見もある。
昼のチャイムで起き出して、昼食と薬。
少しは動かないと、すっかり病人になりそうだから、パジャマを腕まくりして掃除。
丁度良く友人からの電話で、久々の安否確認。

発疹は赤くはっきり見えて、そろそろ山を越えるかな?
今日も自炊をお願いしてる。
明日は脱パジャマを目指したい。
by koro49 | 2016-10-01 16:36 | Comments(26)

つづらご

今は使う人も少ないだろうけど、ここでは帯状疱疹のことを『つづらご』と言う。
数日続いた不快な痛みは、やはり帯状疱疹だった。
自分の背中は見れないから、何度か見てもらい「何もない!」と言われつつ、昨夜は触った所がチクッとし少し腫れてるのが分かった。
確認してもらったら「あっ、出てる」
5,6粒の発疹で、胸の下の方にも出た。
一刻も早く抗ウィルス剤を飲まないとと、今朝朝一番で皮膚科受診。
飲み薬と塗布薬を処方され、帰宅後服薬。
今日はご飯支度は出来ないからと、好きなものを食べてもらうことにして、鉢植えに水をやってベッドに。

ピンクの中輪のダリアが、秋にお似合いの色で咲いていた。
c0024861_164730.jpg
もう見れないかな?と思った藍色の朝顔も一輪。
c0024861_1643864.jpg
服薬時間がずれたので、3時過ぎに起き出してうどんを食べてから服薬。
痛みが一番辛い。
キュ~ッ!とキリで突き刺されるような時もあり、そんな時は体がピクッと痙攣する。
50代にも一度経験ありでも、症状は違って来てる。
前回は免れた帯状疱疹後神経痛だけは避けたい。
2,3日はおとなしく過ごすことに。

 クジャクソウピンクのダリア仏前にこの痛み早く取り除いてと 頃子
by koro49 | 2016-09-30 16:09

ハマナスの花

午前中、整形外科受診。
時間的に駐車スペースが無い時もあるので、10時半過ぎに行き、12時半過ぎ終了。
薬は時間がかかるので、先日ハマナスの花が綺麗だったので空き時間利用でもう一度。
生憎の曇天で風もあり、うまく撮れなかった。

   半島を行き交う人の傍らで物言わず咲くハマナスの花 頃子

c0024861_16562530.jpg
c0024861_1656478.jpg

バラ科の植物であることが良く分かる。
風雪に耐え、一重の花を咲かせ
晩夏には実をつける。


熟しきった実は真紅。
その前はオレンジ、最初はグリーン。


c0024861_1702676.jpg
薬局で薬を受け取り、買い物して帰宅したら、どっと疲れ。
昨夜、帯状疱疹のような痛みが背中に。
それでしばらく眠れず、今朝は前にも痛みが。
でも触っても何も変化は見えず、背中の痛みは続いている。
外ももちろんお休みして甘い紅茶を飲み、今夜は早寝。
by koro49 | 2016-09-28 16:57

我が家の彼岸花

我が家の彼岸花がようやく咲いた。
この彼岸花は、義母と同居した当時、元気だった義母と家人と二人で畑に通っていた頃、向こうの庭から持ち帰り、「おっかあ、好きなどごさ植えろ(訳:おっかあ、好きな場所に植えろ)」と、植えたもの。
あの当時、息子と過ごした時間は、きっと幸せな時だったと思う。
私の周りで、家人ほどの親思いの人は他に見当たらない。

一本しか咲かない年もあったけど、今年は4本の花茎。
c0024861_1631839.jpg
c0024861_16313066.jpg

 義母植えし彼岸花咲き天を突く株を増やして好きな場所で 頃子


***********************************************************************

舞茸ご飯ランチ
by koro49 | 2016-09-27 16:31

稲刈りは未だ

ずっと海と田園風景が見たかった。

午前中、草取りとゴミ出しで大汗をかきシャワーして昼食。
ハチミツも切らしたし、隣町の道の駅まで。
稲刈りはほとんど未だでも、ここは終わったのか脱穀後の稲わらが乾燥してあった。
c0024861_17564743.jpg
今年の作柄はどうだろう?
もうじき新米が食べれる。
日本人にとっては嬉しい季節。
c0024861_175816100.jpg
ハチミツを買い、もち米も欲しかったけど無かった。
農産物は、これから色々出回るのでしょう。
ポン菓子と、そば団子を買い、ソフトクリームを食べて帰宅。
帰りの3時過ぎの陸奥湾は、穏やか。
海には遠いけど、微かに潮の香りがした。
c0024861_18048100.jpg
さて、舞茸おこわがピーピー、炊き上がりのお知らせ。

 あの山の舞茸顔に近づけて目を閉じ吸い込む脳にも肺にも 頃子
by koro49 | 2016-09-26 18:02 | ここの景色