<   2017年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

リンゴスイーツ

『パート・ド・フリュイ』というお菓子が好きでも、ここではそんなに見つけれない。

先日、cypressさんの所に紅玉ゼリーが載っていたので、「これ食べたい!」と、冷凍しておいたジャムを取り出し、煮詰め作業。


少し混ぜておいた皮は、煮詰め乍ら取り出し、角皿にクッキングシートを敷いて流した。
と言っても粘度は高く、皿全体に延ばすにはヘラ使用。
そこまでは、弘前に出掛ける前日。
帰宅したら、適度に水分は飛んでいて、切ってグラニュウ糖をまぶした。
甘いものが欲しい時でも、粉は要らない時がある。
そんな時は、チョコ、キャラメル、飴玉が多く、今度はこの紅玉ゼリーが仲間入り。
c0024861_15342648.jpg
c0024861_1534446.jpg
ジャム二瓶使用で、長方形の角皿にのばしたら、薄くなってしまった。
今度作る時は、厚くする。
麩やき煎餅が作れたら、薄くしたこれをサンドしたら
美味しいだろうな。
cypressさん、美味しいレシピをありがとう♪





一昨日弘前での散歩中、パン屋さんを見つけ入ったら、ブリオッシュが売られていた。

c0024861_15481433.jpg

少し大きめだけど、あれが食べたいから買って、昨夜シロップに。



今朝の私の朝食は、これとひじきの煮物。
すりおろしリンゴと、ブリオッシュの中には煮リンゴも。
ラム酒の代わりに、カルヴァドスを入れたら、さらにリンゴ感アップ?
c0024861_1550519.jpg
大きなサヴァラン、おやつにも、食後にも大きいから、朝食用。
昔は、別腹で食べれたのにね。

昨日の記事のスタバでは、チャイを飲み、ポカポカした。
あったかい飲み物も研究しないと。
テクテクショッピングは、雪もなく乾いた道路だから荷物を持っても汗ばむことない。本コーナーに寄って1時間。
丁度良い運動だから、重いもの以外はテクテクしよう。
by koro49 | 2017-11-30 15:40 | 洋菓子

カフェ二店

27日は、弘前で仕事があるという娘と、空き時間に会おうと、8時過ぎの列車で出掛け、青森乗り換えで11時半前着。
先に着いてた娘と、近くで軽くご飯。
仕事は3時過ぎまでかかるとのことで、一旦別れ、駅近辺を探索。
コーヒーが今日まで三割引きと知り、200gパックを三個、柚子胡椒一個と、小さく軽くをモットーとしたはずなのに、買ってしまったのは主婦の哀しいSAGA。
ホテルの送迎タクシーが2時半で、着いてチェックインしていたら、少し遅れて娘も合流。
最初は夜の予定はなかったので、どっかでご飯の予定が、夜もキッチリあり、その日はキャンセル。
7時まで会場に行けばいいと言うので、空き時間に公園お堀脇を少し散歩。
c0024861_1551948.jpg

大正浪漫喫茶室には行ってみたいとのことで、まず一店目。

閉店が5時だったので、私たちで貸し切り状態。
フルーツティーの私と、娘はアップルパイ。

c0024861_1558086.jpg
写真は、どれも光が足りずにボツ。
藤田記念庭園も冬の閉鎖に入り、それでも入れるところまでどうぞと、外から少し見れた。
出たら、半月が寒空にぽっかり、ぼんやり写真でも記念に。
c0024861_1604967.jpg
帰り道、スターバックス弘前城前店に。
リンク先に書いてあるように、1917年に陸軍師団長の官舎として建設された木造の建物で、今年が丁度築100年。
少し離れた場所にあったものを移築したのだという。


これは藤田記念庭園に向かう途中に撮ったもの。
c0024861_1663399.jpg

c0024861_1665418.jpg
中の様子も、リンク先の方で見れるけど、ソファーにこぎん刺しや、灯りをぶなこ細工で覆ったりと、地元らしさを出している。
一番はゆったり出来る空間だったのが嬉しく、それこそ本持参で気分転換にはいいなと思った。
帰り道の、青森銀行記念館。
翌日訪れたら、火曜は休館で残念。
弘前は、歴史を感ずる建物が多いのが嬉しい。
c0024861_16132854.jpg
列車内から撮った27日の岩木山。
どっしりと津軽平野に根を張り、冬の猛吹雪も、春の芽吹きも、夏の農作業も、秋の実りの時も、ずっと見守り続けてる。
c0024861_16194917.jpg
明日は最高気温が1度の予報。
その後も冬のような気温が続くので、午前中手伝ってもらって最後の庭仕事の残った球根を植え込み(遅すぎた・・・orz)
クリスマスローズにも土を掛け、後は出来る分にする。
ホッとして、弘前のバナナ最中で一休さんタイム。
c0024861_16234115.jpg
ところで、キャンセルになったその夜のご飯。
私は空港で買って食べなかったと渡されたカツサンドと、コンビニおでんで済ませた。
後は露天風呂でのんびりと。
by koro49 | 2017-11-29 15:44 | お出かけ

岩木山

今朝の弘前城公園から見た岩木山。
日中は気温が上がったけど、今朝はかなりの寒さだったらしく、お堀には氷が張っていた。
昨日もそうだけど、岩木山を何度も眺めた二日間。
c0024861_2191295.jpg
帰途、青森駅で30分ほど。
外に出たら雪だるまの灯篭、明かりが灯るには少し早い時間だった。
c0024861_2112128.jpg
c0024861_21122468.jpg
6時過ぎ帰宅。
明日は少し気温が上がりそうだから、ちょっと外で頑張りたい。
by koro49 | 2017-11-28 21:14 | お出かけ

捨てれないから

鞘に残った未熟なもの、不揃いの花豆を「捨てれないから持って来た」と先日。
私は知らないことだけど、豆を採るまでの労苦は想像出来る。
鞘を片付ける時に、残っていたものだと思う。
ペッタンコなのは、多分熟していない豆なんだろう。
昨夜一晩水に浸し、朝の片付けをしながらコトコト。
砂糖は入れずに、土鍋にそのままで買い物。
帰宅したら、破裂したもの、硬いままのもの、別にしなかった白花豆は色が悪い。
c0024861_14374751.jpg
一粒食べたら、ほっくりしてるものに混じり、硬いものは美味しくない。
そして皮が硬い。
この場合、煮豆にするより、そのまま食べる方が私の好み。
さとうきび粗糖をかけて、白湯と美味しい。
c0024861_1441364.jpg
スープに入れてもいいなと、一回分冷凍。
せっかく育ってくれたんだから、ありがたく頂く。

今日も寒いというか、寒がりになったのか?
午前中、霙っぽい氷雨に当たり、今また霙模様。
今夜は手羽先と大根の煮物がメイン。
下拵えは完了だから、ガスに掛けてチクチク一休さんタイム。
by koro49 | 2017-11-26 14:47

Show Boat 海を渡る

昨夜、夕刊を取りにポストを開けたら、友人からのCDが入っていた。


ジャケットを開いたら、物語が展開されて、その後の音楽。
聴きながらミュージカルの舞台が浮かんだ。
c0024861_15145158.jpg
ミシシッピー川を航行する蒸気船の中でも一番小さく、古くてオンボロなリバーボート、『コットンボーイリバー号』の話。
船内では乗組員が歌い奏でる音楽が人気があって・・・
そこから始まる物語が、15の楽曲で綴られている。
詳細が分かったら、改めて紹介したい。

***********************************************************************

アブラメ(アイナメ)のちらし寿司
by koro49 | 2017-11-25 15:32 | 音楽

育て始め

昨日読んだ『買えない味』のエッセイのひとつに、

鉄瓶 おいしい白湯を飲もう
 
があった。

あの日、鉄瓶を使う生活を目指して持ち帰ったはずなのに、押し入れに入れたまま。

冬の寒い日の朝、炭を熾し火鉢に火を入れ鉄瓶を載せる。
湧いたお湯で、お茶、コーヒー、時にはパン、餅を焼きたいなどと思っていたのが、灰を入手する所で頓挫。
エッセイを読み、火鉢は取り敢えず置いといて、鉄瓶を日常使いにしよう、白湯を飲もうと思った。

買ってからかれこれ三年、鉄瓶の箱に入っていたリーフレットを参考に今朝から鉄瓶育て中。

最初にお湯を沸かすときは
  ☆水を入れる量は8分目以下で
  ☆蓋を少しずらしたままで沸かして下さい

その通りに実行、3回目から美味しく飲めると書いてあり、三回目の白湯を口に含んだら、少し金臭さを感じ、あれから3年も経ったしと、キッチンに立ちながら、沸かす、捨てる、余熱で乾かす、熱いうちにかたく絞った布巾で拭くことを繰り返していた。
11時近くになった時、そろそろいいかな?と、飲んでみたら、平松さんの表現を借りれば

とろ~んと甘い。甘露が舌の上でころころ転がるかのように、ふうわり優しい。口当たりはビロードのなめらかさ。白湯がこんなにおいしいなんて、生まれて初めて知った。


そんな味わい。とろ~んとまろやか美味しく嬉しくなった。
試しに、その後いつものヤカンで沸かした白湯も飲んだら、明らかに違う硬い味。
ガス火使用の時は、中火以下(鉄瓶の底は鍋、フライパン等と違い、軽くするため薄く作られているため)とのこと。
育て中の鉄瓶と、最初の白湯は白いカップで。
c0024861_1434458.jpg
c0024861_14354231.jpg
鉄瓶を使い始めてからの平松さん、毎朝起きたてに三杯の白湯を楽しむのが習慣になったという。
寝る前に鉄瓶に水を満たして沸騰させ、火を止めて一晩置く。
翌朝、あっためて飲む白湯の美味しさは格別らしく、今夜から早速実行。
火鉢とセットすることばかり考えていたけど、毎日使ってあげる。
これを置いたら、キッチンの景色が良くなった。

鉄瓶を拭きながら、遠い昔の母が30代だった頃の姿が甦った。
ストーブの上の大きな鉄瓶をよく拭いていたこと、掃除の時は、まず炉縁を拭き清めていたこと、
寒い日の雑巾がけ、バケツのお湯から湯気が盛んに立っていたこと。
どこの家もそうだった時代、部屋の外は特に寒かった。
両手を揃えて膝を付き、力を込めて雑巾がけしてたこと、母の雑巾がけの後はスッキリ綺麗だった。
もらった無形の財産。

この年になってから育て始めるものは、もうあまり無いかもしれない。
老夫婦二人の暮らしでも、時にはせかされるような時もある。
そんな時は白湯で一休さん、その後鉄瓶の肌を拭き無心タイム。
もちろん沸かしたお湯での、コーヒー、紅茶、ほうじ茶も楽しみながら。
そんな時を大切にしたい。
by koro49 | 2017-11-24 14:59 | 好きなもの

買えない味

気温は9度まで上がり、外の雪はほとんど融けた。
未だ片付けたいことはあっても、その内又気温が上がるだろうとパス。
家人が黙ってバラの雪囲いをしてくれた。
ほんとは土を作って置いてやるつもりだったのが、土作りもしてなかった。
小春日和は来たらやってあげたい。

昼を済ませ、片づけ後読んだ平松洋子さんのエッセイ。
雑誌連載だったものをまとめた本は、先日図書館の料理本コーナーで見つけた。
台所周りのあれこれが、小気味良く軽妙に描写されていて、少しお疲れモードの時は、こんな本が良く、気分転換。
c0024861_15503656.jpg
お供は、過日ちびっ子たちに送った焦がし風味のキャラメル。
おねえちゃんが、「ビターもいいけど、今度はスイートな感じでおねがい。」と言ったのも分かった。確かに焦がし過ぎだったかも。
苦み走るのも、程度問題?!

***********************************************************************

肉みそ麺
by koro49 | 2017-11-23 16:01 |

100年後も200年後も

今朝見守り隊を終えて帰宅した人、小さい人たちからのプレゼントをもらって来た。
5年生が家庭科の時間に班ごとに作ったと言う『お守りバッジ』
手紙と共に、12人の名前が記してあった。
今朝の陽射しと共に、嬉しいプレゼント。
c0024861_11413096.jpg
今朝の私の朝食。
昨日、あるもので作った『けの汁』がメイン。
マフィンもゆっくり時間をかけ、少しづつ食べれるようになった。
c0024861_11424990.jpg
いつもと違う味になったのは、塩蔵のキノコが無かったから。
今秋のキノコは不作で、漬ける事が出来ず、あったエノキとシメジで代用。
焼き豆腐、コンニャクは入れず、ゴボウもある分だけ。
鯵の焼き干しは、焼き干し作りの秋には不漁になったので作れず。
出汁は、昆布とカツオ出汁。
キノコも鯵も気候の変動によるものと思うし、自然に抗うことは出来ないから、受け入れてそれなりの味を頂き、車庫に置いて、日を重ねた味の変化を楽しむ。

***********************************************************************

人々が暮らす場として
by koro49 | 2017-11-22 11:50 | 郷土料理

より小さく・より軽く

愛用していた母のスカーフ、洗っては使いさすがにすり切れたところありで、昨年から使ってなかった。


それでも、デザインが好きで何かに出来ないかと思案、裂き織りが出来たら、デザインは見えなくなっても敷き物として甦る。
でも、裂き織は出来ないし・・・と、閃いた。

すり切れ部分の補強、縫いやすさを兼ねて接着芯使用で、エコバックを作った。
出来るだけ小さく軽くを念頭に置くこの頃、バッグも大きいのは持てない。
持てたとしても疲労度が増す。
小さなバッグに邪魔にならずに入るエコバック、印も付けずに適当に。
その割にはオシャレなエコバックが完成。
c0024861_1112168.jpg
c0024861_11134034.jpg
マチは、和菓子6個の箱がそのまま入るくらいにした。
小さな箱をお店の紙袋に入れ持つのは、ちょっと邪魔だし嵩張る。
端っこで収納袋を作り、上をマジックテープで止めるようにし、ペッタンコでコンパクト。
重量32g(嬉)
バッグには、化粧ポーチは入れないことにし、リップ一本で良し。
バッグの中で重いのは、携帯とデジカメだけど、それは仕方ない。


かれこれ50年経つだろうスカーフ、こんなに使ったら母も喜ぶだろうし、知らない街に連れて行ける。
もう一枚は、現役で未だ私の首元を温めてくれている。
クリーム色とグリーン系のそれ、傷んだら春夏用のエコバックにする。

『より小さく・より軽く』は、これからの暮らしの指針。

***********************************************************************

11月なのに
by koro49 | 2017-11-21 11:28 | 手作り

糠イワシ

過日、数日釣った鰯を、少しぬか漬けにしてもらった。
重石が効いてペッタンコ。
糠をサッと落としで焼き、白いご飯に食べたいと出してもらった。
マリネにも出来る保存食。
c0024861_1402544.jpg
雪は時々休みながらも降り続いている。
鳥たちのエサをいつもの場所にぶら下げたら、早速仲間を呼んでいた。
急に食べ物が無くなったもんね。
c0024861_1444921.jpg
昨夜はついに、寝具を真冬仕様にした。
去年より寒さが骨身に沁みる。
日中も、裏モフモフズボンの上に、裏ボアキルティングの巻きスカート。
暖かく過ごすのが一番。
昨日はキムチ鍋、お昼は残りにうどんを入れて。
少し食べれるようになって来たので、頑張って肉類も摂り込んでいる。
老人の栄養失調にならないように・・・orz

***********************************************************************

黄ばみ取り
by koro49 | 2017-11-20 14:19 | 保存食