カテゴリ:私が考える原発( 64 )

地震のたびに

自然災害のたびに人間の弱さを思い知る。
特に地震は被災状況と共に、原発施設に思いが行く。
世界地図を見ると、小さな島国の日本。
この国は複雑なプレート、脆弱な地盤の上に、原発施設が多い。
それだけで私の原発再稼働に反対する理由は成り立つ。
どうしてその事に気付かないのか?
もう一度原発事故が起こらないと止められないのだろうか。
豊かな自然は汚すことなく次世代へ引き継ぐことが大人世代の責務。
地震のたびにいつも考えてしまう。

熊本地震で被災された方々が、一日でも早く普通の暮らしが取り戻せますように。
by koro49 | 2016-04-15 19:48 | 私が考える原発

選挙権

確かに、そう思った。
福島の人々を含めた動植物すべて、それ以外の岩、石ころ、砂、そして大気にまでも、選挙権を与えたいと。


今のところ、ここの自然は汚されていない。
今朝、ラジオ体操を中断して撮ったヒヨドリ。
ミカンの汁を吸ってはこちらを見ていた。
c0024861_1549993.jpg
今日は祈りの日。
by koro49 | 2016-03-11 15:51 | 私が考える原発

紅玉

紅玉が出回って嬉しい季節。
リンゴのケーキを作りたく、今日取りあえず4個入りのパックを買う。
c0024861_179294.jpg
ジャムと煮リンゴ。
c0024861_1793262.jpg
香りと色で幸せ気分。
ジャムを鍋に入れたまま用足し。
帰宅したら余熱で火が通り過ぎて柔らかい。
これも作りたいから、来週もう一度。

***********************************************************************

人参は自分でぶら下げてこそ
by koro49 | 2015-10-15 17:17 | 私が考える原発

手詰まり感

午後からお天気が崩れる予報だったけど、朝から強風。
朝食後、外に出て少し片付け、いつもより少し早くデンドロビュームを取り込む。
観葉植物も中に入れた。
一年経った多肉植物、春に外に出していたものを中に。
伸びすぎたのは切ったり、小さな籠に入れたりしても増えている。
c0024861_1623371.jpg
花が咲いても撮らずに終わったものもあった。
寒さに弱いものはクッタリしてる。

***********************************************************************

乾式貯蔵拡大
by koro49 | 2015-10-08 16:41 | 私が考える原発

初栗

店頭に並んでいるけど、未だ食べてなかった栗。
昨日お向かいさんから栗拾いに行って来たと頂く。
午前中茹で、小粒でもほこほこ美味しい。
c0024861_1723565.jpg
自然の恵みを頂くとき、いつも福島の原発被災地を思う。
過日の豪雨で、国費を投入して除染した放射性廃棄物の入ったあの黒いバッグが川に流出した。
数は分からず、見つけた人は連絡して欲しいと言ってた環境省。
万が一に備えているはずの諸々、その万が一が崩れた時知らないでは許されない。
再稼働のリスクの責任の所在は、はっきりしてないことを知っておかなければ。

***********************************************************************

不自由ならそれなりに
by koro49 | 2015-09-17 17:16 | 私が考える原発

いいじゃないの

19日の東奥日報紙の一面左下に載っていた。
ふと、「いいじゃないの、今さえ良ければ・・・」のセリフが頭に浮かんだ。
このつけは、未来を生きる人が負担することになる。
知らないでいると、色々闇に葬られそう。
c0024861_16211311.jpg
横畠裕介内閣法制局長官は19日の衆院平和安全法制特別委員会で、集団的自衛権行使を可能とする安全保障関連法案を「合憲」とする理由を、食べ物に例え「仮に毒キノコだとすれば、一部をかじってもあたる。しかしフグなら全部食べると毒にあたるが、肝を外せばたべられる」と説明したという。
もし、肝を外す調理師免許(この場合なんて言うんでしたっけ?)を持つ人が手元を誤ったら、その前に、フグには肝以外の皮や肉にも毒がある種類もあるらしく、そんなフグの処理は誰がする?
言葉はありのまま伝えて欲しい。

 戦争は人と人との殺し合い同じ考え持つ人がいた 頃子

手段はどうあれ、戦争はそこに尽きると思ってるし、食べ物の確保から始まることも知っている。
ただ、その食べ物にも色々あることも知っておかないと。
by koro49 | 2015-06-21 16:08 | 私が考える原発

葉わさび

昨日、食べた葉わさびの根っこを畑の端に植えていたものが、食べれるようになっていたと採って来てくれた。
山の葉わさびが食べれるのは、5月に入ってからかな?
c0024861_16223147.jpg
   葉わさびの根元に少し黒い土採っても食せぬかの地を思う

  わさび食む甘さと辛さ鼻腔抜け少しの涙はかの地の痛み  頃子
by koro49 | 2015-03-23 16:25 | 私が考える原発

やむを得ない

出来るだけ医療費の削減に配慮したいと、健康維持に努めている。
今年は、色々検査でお世話になったしね。
ブレンダーを買ってから、果物、野菜等を冷凍し、毎朝飲みたいようにブレンド。
それに豆乳、牛乳、ヨーグルト、今は煮梅のシロップと生のリンゴ、みかんを入れて。
私の場合、果物は朝のこれで十分。
下々の者が未来の人たちへの負担を減らす努力は、これくらいかな?
c0024861_10284971.jpg
やむを得ないとの判断で、川内原発の再稼働は年明け以降の見通し。

   再稼働国の責任担保とす逃げ道確保は未来への付け  頃子

何かあった時には、国が責任を負うと言う。
国の責任っていったい。。。
沈没しそうな財政状況では、未来の人たち個々の負担は増えて行く。

***********************************************************************

さて、これから着込んで外仕事。
by koro49 | 2014-11-08 10:39 | 私が考える原発

大人が読むべき絵本

今年の私の誕生日に頂いた本。
作者の鎌田実さんは福島第一原発事故後、食べられず捨てられるほうれんそうの悲しみを思ったという。
それは、大地を耕し育てた人、食物連鎖で繋がって行く地上の全ての食べ物、生き物、命の生まれた海へと、怒りを伴い広がって行く。
絵は長谷川義史さん。
c0024861_15534989.jpg
c0024861_15561484.jpg
ちびっ子たちに送るのは、ちょっと辛いものがあったけど、地球のすべての生き物と子どもたちを守りたいというお二人の気持ちに、私の気持ちも添えて贈ることに。
悲しい内容ではあるけど、絵が希望と元気を与えてくれる。

大人たちには是非読んで欲しい。

原子力発電所を安全と思ったことが無いんです。
時代に逆行することは出来ない。
正しいことは言うておかないかんなと、そういう素朴な死を前にした気持ち。


関西電力の政界工作について話す内藤千百里・関電元副社長の話の一部だけど、原発マネーのうごめきは、長く深く広く繋がっていると思ふ。。。
原発再稼働については、安全審査だけではなく、その辺りもクリアにするべきであり。
by koro49 | 2014-08-02 16:10 | 私が考える原発

野蒜

昨日又野蒜を採って来てくれた。
先日は、自分で味噌炒めを作っていたけど、昨日は袋に入れて渡す。
野蒜って、昔母が『タマピロ』と言ってたのと同じなのかな?
春にセリとかタマピロとか三つ葉とかを採って来てたけど、小さな私はそんなに興味のある食べ物では無かった。
近年色々採って来てくれ、専業主婦を仕事としている私には、嬉しい大地からの贈り物。
洗って揃えたら、やはり美しい。
下はこんもりとお皿に載せただけ。
それはそれで、美しい。
c0024861_1539879.jpg
半分は本日のお昼。
野蒜チャーハンの葉わさび添え。
c0024861_1540116.jpg
調味は甜麺醤と豆板醤。
ひさ~しぶりの炒飯だったけど、美味しかった。
残りは、今夜根っこの部分(丸い部分ね。何て言うのか忘れた)にオイルと塩で。
後は野蒜味噌を作って、お弁当のお供。

***********************************************************************

『デ』と『ジ』の一字違いだけど
by koro49 | 2014-04-21 16:01 | 私が考える原発 | Comments(8)