カテゴリ:好きなもの( 129 )

ホットで

本日の朝活は、伸びた枝のチョキチョキから。
朝食後は私の手に負えない木をお願いして切ってもらい、私は下で小さく切ってまとめる係り。
汗だくで何とか終え、シャワーの後片付けたら昼になってしまった。
新聞の番組欄で『ラストエンペラー』を見つけ、草取り日和だったけど3時間近くをテレビ桟敷で。
途中煮物の鍋の様子を見ながら、気温が下がり窓を閉めた以外はじっくり観れた。
シャワーの後はアッパッパー(これを知ってる人は、それなりの世代ですね。スースーする簡単ワンピース。ムームーなんて言ったこともあったっけ。)を着たら肌寒さを感じてカーディガンを羽織った。

先日帰る日、デパ地下の地方銘菓のコーナーで『ちご餅』を見つけ、三人分あればと三個買って来た。
今朝見たら昨日が消費期限・・・orz
映画の後の一息タイムに、緑茶をホットで。
求肥で甘辛白みそ餡を包んでいて、三本入りでも食べてしまった。
c0024861_16322868.jpg
c0024861_16335758.jpg


内外の包装も好き。
過剰包装は嫌いでも
ほっこりする包装は許したい。
それもお菓子の美味しさになると思っている。


***********************************************************************

ブルーベリージャム
by koro49 | 2017-07-27 16:32 | 好きなもの

締めはサヴァラン

お昼に1時間半抜けれると、TOKYO駅まで来た娘とランチ。
その後「ちょっとだけお茶する?」と下の階に。
「あっ、サヴァランがある!」と、私はケーキセット。
娘はカフェオレ単品。
シェアすると思ったのか、小さなお手拭きが二人分、フォークも二人分。
サヴァランは、シロップもお酒も少なめ。
少し硬めのカスタードクリームが中に。
これが今回のプチイベントの締め。
c0024861_22293511.jpg
c0024861_2231743.jpg三泊違う場所に泊まり、荷物は最低限。
夏だから、夜に洗ってタオルドライで翌日着たり。
旅のお供の籠バックはパックリ開いて沢山入る。
使いこなせないと思ったプレゼントをバックに付け、今回の旅のお供。
三泊四日も主婦業を休んだら手がすべすべ。
終電一本前に帰宅で、明日から又通常営業頑張る。


留守中に「雨大丈夫?」のショートメール。
こちらは大丈夫だったけど、秋田、新潟地方の被害が心配。
by koro49 | 2017-07-24 22:38 | 好きなもの

からから

今日は暑い。
26度でも陽射しは強く、今の時間は少し外に出ただけで火照ってくる感じ。
買い物して帰宅後、深蒸し茶を水で煎れた。
冷茶も作って飲むけど、気温が下がると飲み残すことが多く、ふと急須で煎れたらどうだろうと思った。
深蒸し茶を愛飲してるので、十分美味しく無駄にならないのが良い。
このお茶は二煎目。
お菓子は、これも先日の荷物に入っていたもの。
好みそうなものを入れたと送ってくれ、今日の一服タイムにぴったり。
c0024861_15451229.jpg
氷の入ったお茶は『からから』と茶碗の中で音を立て、
お菓子は皿の上で『かちゃかちゃ』と音を立ててる。
昔、金沢では『おはじき』を『かいちん』と言ってたとか。
『かいちん』と言う名の夏の寒天菓子。

**********************************************************************

庭便り
by koro49 | 2017-07-06 15:52 | 好きなもの

綺麗

小松菜を採って来たので、取りあえず茹でた。
今は私に合わせて柔らかめの調理。
綺麗だな。
c0024861_14413259.jpg
人参の葉は更に大きくなり、太いのは一センチ程になった。
茹でて葉っぱと人参は時間差で調理、下味を付け片栗粉をまぶした豚肉とキンピラ風。
この二枚は、昨日の西日が当たるキッチンで。
小松菜は、今朝豆腐、フノリと一緒にみそ汁。
残った分は今夜の白和え。
c0024861_14432999.jpg
今朝、名前忘れた好きな花が風に揺れていた。
c0024861_14474117.jpg
白い花が近くに咲くと、庭の色が優しくなる。
c0024861_14482866.jpg
向こうの家のツルバラだと挿し木をもらったのが、朝陽を背に咲き出した。
c0024861_14535157.jpg


***********************************************************************

ありがとう♪
by koro49 | 2017-06-27 14:49 | 好きなもの

絣好き

昨日バラは5分咲き程で切ったら木への負担が少ないと言われ、開いていたフリュイテを夕方切ろうと思った。
それでも今朝もう一度見たくて、そのままにした。
これは今朝の二輪。
c0024861_10463142.jpg
少し時間が経ち、朝日の中の下フリュイテは違う表情。
この後切って、今は玄関を明るくしてくれている。
c0024861_10475551.jpg
土の関係か以前の露草と少し違う色で、こちらは赤みを帯びている。
c0024861_10484865.jpg
コンボルブルス(右)と、名前知らずの花。
c0024861_1049555.jpg
外はポカポカ、中はひんやりの日。

***********************************************************************

お気に入り
by koro49 | 2017-06-20 10:55 | 好きなもの

来客

柴犬『ここ』ちゃん。
義姉たちと一緒にやってきた。
私が食事の準備をしている様子を見て、遊びたがってるな。
「ちょっと待ってね!後でね!!」
c0024861_16245988.jpg
ひと段落して遊んだら、ベロベロ、チューチュー攻撃。
「めんこいな・・・」と思っても、この先を考えワンコは諦めることにしている。
私のワンコの思い出は、遠い昔の『コロ』の思い出。
放し飼いでも、夜になると裏の戸を鼻を突っ込んで開け帰って来て、時には冷ごはんに汁をかけたのをあげたりした。
魚のアラ汁の骨が入ってても、ちゃんと除けて残す。
そして綺麗に食べ尽していたっけ。
遠くなりつつある昭和は、ワンコも人間もたくましかった。

本日気温10度、雨がシトシト肌寒い日。
風呂でゆっくり温まって寝ましょう・・・って、この時間で寝る事を思ってる・・・orz
by koro49 | 2017-05-13 16:34 | 好きなもの

下準備

先月行けたキルトフェスティバル の古布のショップで、700円の端布の束ひとつと、300円の30センチ程の古布を一枚買った。
それ自体では何も作れないほどの小さな布の束は、洗ってアイロンが掛けてあった。
結わえてあったのは、糸だったか、紅絹だったか忘れてしまってる。
何種類だったろう、それだけではくどいと感ずる端布でも、何かの差し色に生きるはず。
午後、それらに接着芯を貼った。
箱を二つにし、幅もそれぞれの20センチ以上布は、少し大きめなお菓子の箱。
手のひらサイズ以下の布は小箱。
紅絹にも貼って箱は三つになった。
c0024861_169651.jpg
c0024861_1693650.jpg
縫い糸が数針分ついているのもあったし、それらは取ってから芯を貼った。
解き物をしてると、案外縫い糸を取るのは面倒だったりするから、ここまでしてくれた人の手間を思っている。
この布は多分仕立る時、切れ目があったから縫い合わせたのかも。
古布を手にすると、時々繕ったものを仕立てているのに出会う。
それがとても好き。
c0024861_1614626.jpg
縫った人、着た人、解いた人、染め直したとしたらその前着た人。
古布には物語が詰まっている。

小さな物を作る時の、下準備完了。

***********************************************************************

やまがらの瞳
by koro49 | 2017-02-14 16:17 | 好きなもの

まず慣れること

昨日のシフォンケーキに、かき餅も入れたくて今朝揚げた。
昆布も素揚げして一緒に。
c0024861_15123576.jpg
c0024861_15125568.jpg

年末搗いたお餅の切れ端を、ベランダで干したもの。
草餅と二種はカラカラ。
ばあばは食べれないから、揚がったかどうか試食してもらった。




***********************************************************************

まず慣れること
by koro49 | 2017-02-13 15:41 | 好きなもの

紅絹が好き

紅絹が好きなのは以前も書いているけど、私が手にする紅絹は、全て着物の裏地として使われたもの。
祖母の押入れの小さな行李には、そんな紅絹や小さな端切れが入ってて、私は見せてもらうのが大好きだった。
昨夜、着物の裏地に使われ丸めて袋に入れておいた紅絹を解いて寝た。
古い紅絹だから、弱って破れる。
そんな紅絹を今朝洗面台で洗って干した。
紅花の精が落ち、その色は私の指先も染め、タオルに包んで少し脱水の後乾燥、薄いから1時間もしない内に乾いた。
奥に少し黒く見えるのは、紅絹と一緒に裏地にしていた平絹。
藍染めだったのか、それも洗ったら薄く色落ちした。
c0024861_16222329.jpg
一枚の着物の裏地として使った紅絹でも、同じ紅絹ではなかった。
平絹の織り(糸の撚り?)が少し違うと、微妙に違う色になる。
その継ぎ目が愛おしく、何か作る時はこの部分を生かそうと、その部分は解かずそのまま。
c0024861_16245749.jpg
アイロン掛けし袋に入れて保管しておいたら、私が使い切れなくても好きな人は使ってくれるはず。
c0024861_16264650.jpg
昔の人は布(反物)の命を最後まで全うさせた。
着物、子どもの着物、布団、最後は切って繋いで何かしらにした。
今の私が反物の命を全うさせてやれるとしたら、後100年も生きないととても無理。
せめても出来る事は、着物を普段着とすること。
by koro49 | 2017-01-17 16:19 | 好きなもの

タイトル未定

昨日ポストに入っていた小さなノート。
和紙で丁寧に作られている。

「えっ!何に使おうか?」・・・そう思って考えるのも楽しいかなと思い

と、ムーミンのカードに書いてあった。
手に取り和紙の手触りを楽しみ、「これはあれだ!!」と決定。
私の人生に栞を挟んだ結果をここに。
でも、タイトルは未定。
赤い和紙だから藍染の古布の小さな端切れでリンゴを置いた。
c0024861_1551417.jpg
c0024861_15521246.jpg縦書きだから右開きのはずが、最初間違えて左開きにしてリンゴを貼ってしまった。
こんな切り貼りのリンゴでも、ほんの0.3ミリ足らずの切り取りが全体のバランスを崩す。
表紙のリンゴのツル、気持ち太くても良かった。
藍染の柄も、場所によって表情が違って、どこに鋏を入れよう?と、久々無心に楽しい時を過ごした。

添えた赤い実は、家人の散歩途中に茂っているという。
美味しくないのか鳥にも食べられず、葉の並びと実が可愛らしい。

ブーツを履いてテクテクショッピング。
下は滑るから、足元慎重に力を入れて。
道路脇の小さな花壇が新雪に埋もれ、その中で草花は枯れても種を持って立っていた。
美しいなと、しばらく眺めた。

車、新幹線、飛行機での移動では気付けないことは色々ある。
ゆっくりと時間をかけて移動する、そんな景色に見える美しさ、暮らしの豊かさを大切にして生きて行きたい。
by koro49 | 2016-12-17 15:55 | 好きなもの