カテゴリ:母の手作り( 24 )

葡萄のコースター(日)

今日の気温は23度。
すごく動きやすかったけど、日中は陽ざしのある場所は暑かった。
山も綺麗に見えていたから、こんな日の自然の中は良かっただろうな。
先日小さな粟粒のような蕾にほんの少しの青色を見つけた花。
今日はかなり咲いている。
名前なんだったかな?
c0024861_19545332.jpg
マリーゴールドは雪が降るまで頑張って咲く花。
c0024861_19555573.jpg

真夏のように首に汗はかかなくなっても、少しの汗が嫌なので、夏の間は木綿の物を首に巻く。
庭仕事の時はタオルや柄物の日本手ぬぐい。
汗をそんなにかかない日は、バンダナ。
今日は赤いバンダナ使用。

  差し色に赤のバンダナ首に巻きうん気合入れ一日スタート 頃子

木綿からシルクのスカーフを巻くようになったら、気温が下がった証拠。
未だ少しの間、木綿を巻いていたい。
ちなみに今日は上下ユニクロ。
白のTシャツに白、紺チェックのパンツ、そして黒のカフェエプロン。
だから、少しの赤で気合い。
身だしなみに気を付けなくなったらお終いだな・・・と、少しのおしゃれ心は大切に。

***********************************************************************

葡萄のコースター
by koro49 | 2016-09-11 22:17 | 母の手作り

そんな小春日和の~♪

本日も小春日和。
陽射しもあり気持ちいい。
昼近くになって、やっぱり土が足りないとDIYセンターに。
畑のオバさんスタイルで行くことも考えたけど、そんな時に限って誰かに見られる。
上のヤッケを脱ぎ、ササッと着替え。
小春日和に重宝する母のお下がりのセーターに襟巻をし、手袋は無しでも平気。
下はユニクロの冬用ジーンズ。
c0024861_13132765.jpg
このセーターはちょっと手を加えてある。
肩幅が広かったので狭くし、衿のボタンは違うのだった。
当初は中にスカーフかタートルネックを重ね着していたけど、この数年は右のように。
衿を立て、ピンで留めスカーフか襟巻グルグル。
このセーターのように軽くてあったか。
c0024861_13162044.jpg
これもかれこれ30年以上も経つ。
秋と冬の間に着るセーターは、母の残したセーターで死ぬまで十分。
この曲を脳内リフレインで、赤玉土、腐葉土など4袋を運ぶ。
腰の筋肉痛は、土運びのせい。
普段楽ちんをしている証拠。

***********************************************************************

最後のバラ
by koro49 | 2014-11-28 13:20 | 母の手作り | Comments(6)

ブルゾン代わり

これも30年近くになると思うけど、母の編んだセーター。
ジャストサイズでも、色もデザインもしっくりこなくて着ることはなかった。
母が着たのを見たことがあっても、あまり似合っていなかったし。
断捨離中の身では、手が込んでいるのでどうしたものか?と思案物件だった。
それが昨年着てみたら、「あらまっ♪」の感じ。
日中は陽射しだった今日、ブルゾン代わりにジーンズの上に着て車で用足し。
袖もゆったりしているので、家で着ていたセーターの上に着てもOK。
襟元はボタンを留めていたけど、外してスカーフなどをしても違う感じになる。
いつかちょっとオシャレなボタンを探して替えるつもり。
c0024861_16222427.jpg
ニュース映像の東京の様子は、陽射しのあったこちらより寒そう。

***********************************************************

栗の裏ごしで
by koro49 | 2014-02-14 16:46 | 母の手作り | Comments(14)

引き継ぎ

厳寒続きの最近は、家の中ではストンとしたスモックのようなものを着ている。
ゆったりした丸首で、前後とも開きが無いから首から被って着て、腰も隠れる丈。
手首の部分も閉まってて風を通さないようになってる上、ゆったりしてるから、中には厚いセーターでもOKだし、時にはベストを重ねても大丈夫。
昨日、それを脱いだのを見た、しいちゃん。
「あっ、おばちゃん、そのセーターいいな♪」
「あっ、いい?ババが編んだんだよ。もう20年以上も経つけど着る?」
「えっ、いいの?着る着る♪」
「手洗いして大事に着てね!」と手洗いの方法を伝授。
娘の私が着た母作のセーターが、孫のしいちゃんに。
もちろん小さめだけど、袖は七分の感覚で着るらしい。
c0024861_19554459.jpg
首の部分が伸びるので、ゴムカタン糸を通してあり、このセーターも編み直してくれたもの。
手編みのセーターは編み直しが出来るからいいけど、今の私は手首が痛くなりそう。
いつも手を動かしていたっけ。

***********************************************************

屋根の雪下ろし
by koro49 | 2012-02-11 20:08 | 母の手作り | Comments(6)

新旧かまど持ち担当大臣

故郷だけではないと思うけど、家計のやりくりを『かまど持ち』と言い、浪費家だったり、うまくやりくり出来たりを「かまど持ちが良い、悪い」という言い方をしていた。
今の人たちはそんな言葉を使うのかな?

カタログギフトがあったので、二合炊きの土鍋を取り寄せ。
私が作ったかまど持ち担当大臣と。
c0024861_166736.jpg
母が作ってくれた弁当入れの袋は、上が持ち手で縮めてあって底の布も違う藍色。
この土鍋にポットのような物が欲しいと思ったとき、その弁当袋を思いつき、それをリメイク。
底を上にして、持ち手の一部でつまみを。
それだけでは寂しいので、ずっと以前に教えてもらったどんぐり坊ちゃんを縫い止める。
c0024861_1694784.jpg
どんぐり坊ちゃんは二人並べて飾っていたけど、これは作り始めの頃の作品。

***********************************************************

新旧大臣
by koro49 | 2011-11-24 16:16 | 母の手作り | Comments(14)

マリナーズコンパス

パッチワークのパターンのひとつに、マリナーズコンパスがある。
そう羅針盤の意味。
そのパターンを使った母のバック、細かいピースなので使うのが惜しいと取って置いたけど、使った方が喜ぶだろうと、最近はエコバック代わりに使っている。
型紙数の少ないマリナーズコンパスもあるけど、このバックはさっき数えたら、円の部分は132枚のピースが繋がれていて、分りづらいけど小さな三角のピースも沢山はめ込まれている。
今の私より若い50代後半の頃の作品。
これを作っていた頃は、パッチワークが面白くてたまらない頃だったと思う。
祖母を見送り、ひとり暮らしで一心に針を運んでいた。
私などとても作れそうもない作品を作って、あちこちにプレゼントしていた頃。
c0024861_1716218.jpg
私も何度かこのパターンは作りたいと思ったけど、とても無理と型紙を起こそうともしない。
c0024861_1717423.jpg
裏地には若い頃のパジャマが使ってある。
手触りのいい木綿。




昨夜、そろそろ朝かな?と思って目覚めたら1時45分。
あらら・・・と深夜便を聴く気にもならず、読みかけの本を開き、再び眠くなるまで。
今日はこのバックに借りた本を入れて図書館に出かけたものの、寝不足から途中で眠くなってしまい、読んでも頭に入らず帰宅し少し横になる。

*********************************************************

羅針盤が欲しい
by koro49 | 2011-05-24 17:21 | 母の手作り | Comments(2)

敗者復活

この夏に色々片付け処分した中に、いつかほどいて編み直せる時が来るかな?と思って除けて置いた母が編んだセーターが3枚。
着れるのはシーズンに一度の手洗いで大切に着てるけど、デザインがどうしても似合わなかったり、色が似合わなかったりで除けていた。
先日の寒さで昨年のヒートテックが洗濯の回数と共に暖かさが感じられなくなった気がし、新しい物を入手。
着てみたらやはり暖かい。
ふと「あのセーターの中に・・・」と、取り出して着たら、暖かいしいい感じ。
このセーター、袖が少し短めなので解くほうに除けていたのだけど、(年を重ねたら、手首の周りも寒さを感じるようになる事を新発見。)ヒートテックを着たらその寒さ対策にもなる。
なるべく洗いたくないので、家では 上っ張りを着て さらに保温。
上っ張りは以前からあるもの、母の遺した絣で義母に作ってもらったものと、当分不自由はしないし、何度も水をくぐって柔らかくなったら、キルトに使用予定。
c0024861_15311315.jpg
そんな訳で冬のワードローブに敗者復活のセーターは30年近いし、他の母のセーターは20年から30年経っている物ばかり。
手首の部分には似たような毛糸で編み足してもいいかも。
ガーター編みって着やすいし、母のセーターはゆったり着れるから肩が凝らなくていい。
寒い日はもちろんスカーフ。
未だ日中気温は10度を下回っていないのに、真冬並みのスタイルのばあちゃん。
床暖未使用のせいもあるけど、出来る範囲の省エネ。

本日ランチお休みデーにしたら、お昼の1時間半は空いた。
さっきまでイクラを漬けて、ブラックコーヒーと甘いお菓子で一息つきながらカチャカチャ。
「ピンポ~ン♪」で義母がデイサービスから帰宅。慌てて鍵を開ける。
訪問販売などがいきなり玄関を開けるので、一人の時は鍵を掛けているけど、時々開けるのを忘れる反省嫁。

さて、本日の何度目かの始発駅出発は、イクラを漬けながら途中まで準備した この冬初の煮合え作り。大根が美味しくなってきました。
by koro49 | 2010-11-05 15:31 | 母の手作り

寒い日のセーター

昨日は真冬日、今日は幾分気温が上がってるけど寒い。
そんな日にはセーターの重ね着があったかい。
今日着ているセーターは母が編んだこのセーター。
これは多分載せてないと思うけど、重ね着しても楽チンで、肩が凝らずに重宝。
今日はババシャツの上に薄いセーター、そしてこのセーターで、首にはこれも軽くて暖かいタイシルクの1000円のストール。
c0024861_15155811.jpg
もっと白髪のばあちゃんになったら、更に明るい色のスカーフをして、このセーターはずっと着続けるセーター。
これだって20年以上も前のセーターで、なるべくシーズンに2回以上は洗わないようにして手洗い。
襟と袖口にゴムカタン糸を通して着ているけど、特に袖口はキッチンに立つ時腕まくりしても下がって来ないし、寒さも入って来ません。
ガーター編みのセーター、母は編み方を見ることがあっても適当になんでも作るのが上手で、このセーターも適当に編んだらしいセーター。
私は料理は適当が得意だけど、手作りの物に関してはキチンと製図や作り方が無いと苦手。
その辺がちょこっと欠落しているようで、娘はもっとかも^^;
さてさて、ちょん子はどうかな?と、時々思ったり。

********************************************

降りました・・・
by koro49 | 2009-12-16 15:32 | 母の手作り

母を着る

先月上京の際、東京駅で待ち合わせた娘、いつも通り遅れて参上。
「あら、いいの着たの♪」
と、挨拶なしのファッションチェック。
「だべ?!ババが編んだジャケットちょっとだけリフォームしたんだよ!」
「これの、20年以上前だと思う。最初はボタンが5個ついてヘチマカラーみたいだったの。
ワイさは大きいし、ほどくにもこの毛糸だば難しそうだし、外には着て歩けないし。
だして風呂上りにパジャマの上に着てらったの。
すごく軽くて暖かくいいんだけど形がワイさは似合わなくて。で、考えだの。
打ち合わせを深くして、ボタンを取って、ボタンホールも閉じて広い開きだった襟を詰め気味にして、飾りボタン一個だけつけたの。したら我ながらいいなって^^。いいべぇ。
襟もの、立てたり、少し広げ気味にしたり、ちょっと雰囲気が変えれるんだよ。」
「へぇ、すごいの~♪いいよいいよ!!」


「あら、素敵なの着たね♪」
「でしょう?!ババが編んだジャケットをリフォームしたんだよ!」
「これはね、20年以上前だと思う。最初はボタンが5個付いてヘチマカラーみたいだったの。
私には大きいし、ほどくにもこの毛糸は難しそうだし、外には着て歩けないし。
なので風呂上りにパジャマの上に着ていたの。
すごく軽くて暖かくていいんだけど、形が私には似合わなくて。で考えたの。
打ち合わせを深くして、ボタンを取って、ボタンホールも閉じて、広い開きだった襟を詰め気味にして、飾りボタン一個だけつけたの。そしたら我ながらいいなって。いいでしょう?!
襟もね、立てたり、少し広げ気味にしたり、ちょっと雰囲気が変えれるんだよ。」
「へぇ、すごいね~♪いいよいいよ!!」

c0024861_23444854.jpg
そうそう、袖口にもゴムカタン糸を通して風を通さないようにしました。
軽くて楽で暖かい。
真冬のここでは着れないけど、重宝するジャケットになったし、このスカーフにも合うのです。
ふんわり軽くて暖かいこのジャケットは、母を着るが如し。

sarasaさん、muiさん、どんどんお母さんの着物を着ましょうね♪^^

**********************************

まさかり語♪
by koro49 | 2008-12-14 23:58 | 母の手作り

リュックサック

ちょっと手を付けたら、予定外に普段使っていない押入れの物をあちこち移動させてしまいまいした。
縁側の押入れに使っていない布団を入れ、その前に縁側の押入れを空にすることは、前からやろうと思っていたことでした。

私のキルト用の綿や、古着をほどいたものなど、たいした物は入っていなかったのですが、上の棚から母が裂き織りで作ったリュックが出てきました。
背負ったら自転車に乗る時いいし、非常持ち出し用にしてもいいかも?!
夕方の曇り空の外で、中に入っていた小さなポーチと。
裂き織りの小さな端切れを縫い付けたセンスには、パチパチ^^
c0024861_23351170.jpg
ポーチはベルトに通せるようになってました。
c0024861_2337161.jpg
これは使ってやらないと。

**********************************

☆More☆
by koro49 | 2008-07-03 23:43 | 母の手作り