晴れ上がり

昨日の夕飯後は、手元が見えなくなるまで外で花殻摘み。
バケツに二杯、その他頭が重くなり垂れていた芍薬も切った。
今朝は、小さな花を隙間に植えた。
いい香りを漂わせるジャックカルティエ。
昨夜かなり花柄を摘んでも、未だ咲いている。
c0024861_1893878.jpg

ゲラニウムがこちら向きで咲いていた。
c0024861_1882099.jpg
気温が上がったので、ピンクのツルバラは今朝より咲いた。
c0024861_18114072.jpg
これは今朝の一輪。
c0024861_18133468.jpg
香りのいいミニバラ。
昨日の風でプロスパリティと共に枝を広げ、添え木して結んであげた。
咲き掛けは濃い色で2~3センチほどで可愛いバラ。
c0024861_1818185.jpg


***********************************************************************

小林麻央さん
# by koro49 | 2017-06-23 18:31 | 思うこと

人参の葉のふりかけ

間引きした人参の葉はかき揚げにすることが多く、昨夜もそう。
それでも半分量の消費に止まり、残った分はさて?
探したらふりかけを見つけた。
小女子を買いに行き、作ったふりかけ。
ごま油とショウガのすりおろしで、えぐみもなく美味しいふりかけになった。
少しラップして冷凍し、それで味が落ちてなければ又作って冷凍する。
c0024861_15191849.jpg

人参の葉をさっと茹で、水気を絞って刻んだら、ごま油を熱し、生姜のすりおろしと一緒に葉を良く炒め、じゃこ、酒、醤油で調味、水分を飛ばす。
仕上げに白ごま。今回は冷蔵庫のクルミ入り。
味加減はお好みでいいと思うし、辛味も加えてもいいと思う。
冷奴の時にこれをトッピング、上から熱したごま油を「ジュッ!」とかけても夏の食欲低下時によさそう。
c0024861_15235272.jpg

チンゲン菜も採れて、炒めたり、お浸しにしたり。
今日はみそ入り粕和えで、ひじき、クルミ、人参入り。
小蕪は油揚げとみそ汁。
後はイワシを焼いて、漬物、冷蔵庫の常備菜と言う名の残り物整理。



***********************************************************************

誕生日だね!
# by koro49 | 2017-06-22 15:41

今年の鯖山椒

あっとびっくりの、今日は夏至。
寒がりの私は、未だ電気敷布を外せず、白状すると昨夜も少し使った。
早いな、この前冬至だと思ったのに。
夏至は少しずつ日が短くなり、秋、冬に向かうことを思い、一抹の寂しさを感ずるようになった近年。
ま、これから夏が来るんですけどね。

午前中、ぷっくり太った新鮮な地元産の鯖を見つけ、今年初の鯖山椒。


煮詰まらないうちに、昼の一品で味見。
いつものように、口中で山椒がピリピリ。
用足し後、再度クツクツ煮詰め完成した、今年の鯖山椒。
c0024861_14211531.jpg
秋のぷっくり太って脂が乗ったサンマで作るのも好き。
季節が巡って、毎年同じものを作れることも幸せ。

***********************************************************************

今日もツルバラ
# by koro49 | 2017-06-21 14:34 | 保存食

絣好き

昨日バラは5分咲き程で切ったら木への負担が少ないと言われ、開いていたフリュイテを夕方切ろうと思った。
それでも今朝もう一度見たくて、そのままにした。
これは今朝の二輪。
c0024861_10463142.jpg
少し時間が経ち、朝日の中の下フリュイテは違う表情。
この後切って、今は玄関を明るくしてくれている。
c0024861_10475551.jpg
土の関係か以前の露草と少し違う色で、こちらは赤みを帯びている。
c0024861_10484865.jpg
コンボルブルス(右)と、名前知らずの花。
c0024861_1049555.jpg
外はポカポカ、中はひんやりの日。

***********************************************************************

お気に入り
# by koro49 | 2017-06-20 10:55 | 好きなもの

掟やぶり

物は増やさず減らすこと。
だから本は図書館と決めた。
どうしても手元に置きたい本は、その限りに非ずとしても、今回久々の大きな掟やぶり。
『みをつくし料理帖』を1,2,3巻借り、次に行ったら4、5巻が貸出中。
なので6,7,8巻を借りて読書中。
読んでるうちに、どうしても手元に置きたくなり、アマゾンで中古品をセット購入。
c0024861_16313134.jpg
ドラマで知ったこの本。
ストーリーと共に、折々の困難にも出来る範囲で献立を整える、食材への慈しみ、質素な賄いを美味しく作り食べる人。
心が洗われるようで、文庫本なのもあり、疲れたら勇気をもらえる本になるし、この先の相棒にも。
自分の文庫本だと、丸めてリュックに入れれるし、一緒の旅も良し。
巻末に調理法、番外編で『みをつくし献立帖』があり参考になる。

ドラマで主人公の『澪』を演ずる黒木華さん、ひたむきな主人公のイメージそのままで好き。
他のキャストもいいなと、楽しんでいる。


***********************************************************************

ツルバラ
# by koro49 | 2017-06-19 17:02 |

フリュイテと

先日は雨で切った『フリュイテ』
今日は外で咲いている。
花瓶のバラはオレンジっぽくなっている。
c0024861_1121294.jpg
一昨日咲いたバラは色を変化させながら。
c0024861_1122241.jpg
アキレアが先端に色を付けて行くのが好き。
c0024861_11233294.jpg
エゴの木の花は、降り注ぐように咲く。
青空も入れたく、少しずらして撮った。
c0024861_11245447.jpg
この木、昨秋の台風で倒れそうになり、雨の中二人で枝切り。
その後、剪定してもらい、こじんまりとした。
これからを考えたら、大きくなる木は手入れは無理になってくる。
出来る範囲にすることを第一に、庭も断捨離を視野に。

***********************************************************************

ポピー観察
# by koro49 | 2017-06-18 11:36

真の『繁栄』

気持ち良く晴れて陽射しは強く、帽子を被らないで外に出てほんの少しだけと素手で草むしりをする。
首筋がヒリヒリして、あっという間に時間が過ぎたのに気付き、慌てて家の中に。
あっちで花殻摘み、こっちでカイガラムシ退治、いい時間を過ごしてる。
今日開いたアルティシモはビロードのような花びら。
c0024861_1623221.jpg
c0024861_16232030.jpg


咲き掛けはこんな風。
残念ながら切り花には向かないので、家の中から見るのが好き。
挿し木を頂いた強いバラで、他のツルバラと絡ませていたのを
昨年外してもらい別々に。
離したツルバラは、ようやく元気に咲きそう。




ピンクの芍薬。
c0024861_16254714.jpg


***********************************************************************

Prosperity
# by koro49 | 2017-06-17 16:41 | 思うこと

初咲き

挿し木のバラが一輪咲きそう。
もう何年にもなるけど、今頃育て方の間違いに気付いてる。
明け方の雨は止み、今もどんよりしていても、このバラは外で咲かせたい。
c0024861_14271047.jpg
アストランディアも好きな花。
薄色と濃い色で名前忘れた。
c0024861_14282487.jpg
c0024861_14283644.jpg
黒のフウロソウは、ポツリポツリ一ヵ月以上も咲いている。
c0024861_1430410.jpg
外は肌寒くても、動いていると丁度いい。

***********************************************************************

ホヤの季節
# by koro49 | 2017-06-16 14:37 | ここの美味しい物

ムギイカのちらし寿司

ムギイカが柔らかくて食べれたので、食べれる内にと昨夜はちらし寿司にした。
茹でて皮を剥き細切りにしたムギイカを、酢塩で調味し一晩漬物器で冷蔵庫。
寿司飯の中には、新生姜の甘酢漬けをたくさん。
その上に海苔、大葉、そして錦糸卵、人参、大根なます、フキ、茗荷の芽の漬物、ムギイカ。
c0024861_14474128.jpg
野菜も摂れるから、近くならちびっ子達にも食べさせたい。

***********************************************************************

芍薬
# by koro49 | 2017-06-15 15:16 | 料理

虫養い

もうかなり前に読んだ雑誌の小さな記事に『虫養い(むしやしない)』の言葉を見つけた。

『虫養い』とは《腹の虫に食物を与える意》
空腹を一時的にしのぐこと。また、その食物。他の欲望についてもいう。虫押さえ。
とのこと。

その記事の中の『虫養い』は、鮭と昆布の蒸しご飯だった。
ずっと頭の片隅みにあり、先日笹の葉を冷凍したのもあって作った。
我が家の赤飯を作るやり方で、昆布と餅米を先に蒸し、7分程火が通ったら一度取り出し鮭と酒を混ぜて再度蒸したもの。
俵型に結び、笹の葉でクルンと巻いた。
これをラップして冷凍、ちょっと小腹の空いたとき、お昼の何かに足すときに食べるつもり。
c0024861_16102521.jpg
やはり木の芽があると重宝。
笹の葉は生で冷凍したので、使うときサッと湯通し。
笹の香りがして、新鮮さが保たれるような気がする。
非常食にもなるので、他もちょっと考え中。

***********************************************************************

今日の庭便り
# by koro49 | 2017-06-14 16:18 | 料理