2017年 06月 10日 ( 1 )

キーワードは『Sustainable』

出掛けるのが億劫になっている昨今、ガイドを目指さなくても、下北ジオパークに関して学びたい人には聴講可と市政だよりで知り『下北ジオパーク認定ガイド養成講座』申し込み参加。

初回の昨夜はジオパークの概説。
地形が暮らしに深く関わることについての説明には、深く共感。
よく聞くサスティナブル・ディベロップメント(Sustainable Development)とは、持続可能な開発のことだという。

例として挙げられた、尻屋の昆布、風間浦の鮟鱇。
尻屋は浅い海底に日が当たり昆布が育つ。
そして荒波が昆布を浜に打ち上げる。
夏に北東の風『やませ』が吹き、冬には北西の風が強まる。
その風から昆布を守るため、砂丘が広がる尻屋崎にクロマツを植林し、砂が海に流れて昆布が枯れる事を防ぐ。
そのクロマツは、今寒立馬の休み場となっている。
風間浦の鮟鱇は、網目の大きさで一定サイズ以上の鮟鱇を獲る仕組みにしているという。
幼魚を逃し、乱獲をせず、資源を守ると共に、次世代の暮らしの安定も図る。

つまり、今暮らす人だけでなく、次世代、次々世代と、いつまでもこの地域が持続可能な地域であるように、50年、100年、それ以上と、消滅してしまうことなく、貴重な自然環境を守りながら共に生きて行くことが、ジオパーク活動なのではないかと思った。

春先に地元の書店で見つけた、地元の写真家の濱石基睦さんの本。
写真ももちろん素晴らしいが、行ったことのない場所や、それらがどうやって出来たのか、歴史的、地質学的なことも説明してあり、行ける場所だけでもこの本を手に立ちたいと思っている。
c0024861_1211246.jpg
c0024861_1213245.jpg
主婦にとって夜の往復の時間を入れたら2時間弱は貴重で、少し重い腰を上げながらの参加申し込みだったけど、それ以上にこの地の知らなかったことを学べる機会を大切にしたいと思って帰宅。

***********************************************************************

今日の庭だより
by koro49 | 2017-06-10 11:43 | 思うこと