<< 緋牡丹博徒 鉄線 >>

昔とお話

今朝はちょっと肌寒いと思ったのですが、ストーブは点けませんでした。
そういえば昨日の朝も点けなかった気がします。
片付けが終わって掃除をして、切れ端をさがして押入れの紙袋の中の風呂敷包みを取り出しました。
それには、昔の布を入れていたのですが、中に羽織も入れてました。
この羽織、祖母の娘、つまり父の妹の着ることのなかった羽織です。
女学校を卒業してこれからという時に亡くなったそうですが、私は写真でしか知りません。
祖母は、その叔母のことを小さい私によく話していました。
多分寂しかったのでしょうが、小さい私にはそんな興味の湧く話でもなく、「うんうん、それで?」と、相槌を打ちながらも真剣には聞いていなかったような気がします。

私が嫁ぐことになった時、「これ、おばちゃんの羽織だよ。けるしてもってがせ(あげるからもってって)」と、渡してくれたのです。
着ることもないと知りつつ持たせてくれた祖母の気持ちを考えながら羽織ってみたら、軽いし何より温かい。
裏をひっくり返したら、その裏地も素敵でした。
c0024861_1341623.jpg
c0024861_1341242.jpg
c0024861_13413968.jpg
袖丈は長くなっています。
c0024861_13442030.jpgc0024861_13444832.jpgc0024861_1345428.jpg





この羽織は、多分60年以上は経っていると思います。
祖母から手渡されてから30年以上。
こんなにじっくり見つめたことはなかったし、ほどいて何かにしようとしてしまったこと、ちょっと「ごめんなさい」と謝りながら、祖母と、会うことのなかった叔母と、今、この年になったから話せる色んなことを話しました。

写真は曇り空で、やっぱり色がうまく伝わっていません。
昔の色って、どうしてこんなに惹かれるんでしょうね。
色がひとひねり、ふたひねりされてるような気がします。
いつか何か作りたい・・・でも、ハサミを入れることが出来ない。
そんな布が増えています。

そんな訳で、写真を撮った後は、キチンと畳んで、タンスに仕舞いました。
さ、又、えんやこ~ら♪します。
by koro49 | 2007-05-31 14:40 | 思うこと | Comments(30)
Commented by kuriko at 2007-05-31 17:07 x
品物でも、思いが伝わっている物ってあるんですね。
思うこと、思い出すこと、今は亡き人に思いを馳せること・・・・・・・・
何か伝わる気がします。

こちらは、雷ゴロゴロです。
ちょっと怖いです。
Commented by nasuka99 at 2007-05-31 17:42
羽織ですか!
なんだか、七五三に使えそうな、可愛くてきれいな柄ですね~
きものは、こうやって受け継がれていくからいいですね。
うちで振袖を買っていただいた方は何人も、
自分の娘さんに着せてあげられました。
全然古さを感じないですもんね。いいもんです。
仕立て直して、マゴスケドンに着せてあげると可愛いかも!
Commented by inariwan3 at 2007-05-31 20:32
古き良き品物。
どんなものでも大事にしているkoroさんらしい記事だなぁ。

今日は山仕事、気温は10度でした。
久しぶりに防寒着を着ました。
寒かった~。
Commented by tablemei2 at 2007-05-31 21:30
あでやかな着物ですね^^
古典柄というか、昔懐かしい絵柄と色です。
koroさんが大事にしているというところが、伝わる記事ね^^
どんどんタンスの肥やしになるより、壁に掛けたり何か行かす方法あったらいいね♪
↓のテッセン、素敵ですよ、koroさ〜ん!
私までうれしいわ^−^*
Commented by hisako-baaba at 2007-05-31 21:38
なんとも懐かしい柄ですね。
鋏は入れ難くても、いずれ何かに活用されるのでしょう・・・
きっと何かにしたい時が来るでしょう。
おばあさまも、羽織も、形を変えてでも着てもらうことを望んでおられるでしょうから。
Commented by 2of4of1 at 2007-05-31 22:14
こんな素敵な羽織、大好きです。昔の着物って本当に凝ってますよねえ。一点もの。今の服は皆同じようなもの多い。
以前は、なんて豊かな文化に中でくらしていたんだろう・・
今の方がずっと衣食住のレベルが落ちている気がします
そうそう、ハサミをいれなくても十分見る人にエネルギーを与えてくれますもの。
Commented by arinco11 at 2007-05-31 22:18
あぁ...まだ仕付けがかかったまま。。。この羽織の物語りのままに。。。
ただ昔の着物の色柄の美しさだけではない、思いが伝わってきます。
きれいですね。
いつの日か、どんな形に変わろうとも、
きっと...外歩きさせてあげてくださいね。^^
Commented by koro49 at 2007-05-31 22:24
>kurikoさん
若いころは、そんな好きでなかったこの柄、今はとても好きです。
ほどいた布と一緒にしててごめんなさいでした^^;

雷すごかったらしいですね。
マゴスケドンはママの傍から離れなかったそうです。
Commented by koro49 at 2007-05-31 22:28
>nasukaさん
そう、私もそう思ったの♪
娘の時は思わなかったのに・・・
私も振袖を縫い直して娘に着せる事ができました。
大切にして、マゴスケドンの成人式に着せれたらと思ってるの^^

えっ?nasuka屋さんで仕立て直し扱ってるかな?
もしそうだったらお願いしたい♪
古いものは今のものにはない力があるよね!
Commented by koro49 at 2007-05-31 22:30
>inariwanさん
>どんなものでも大事にしている
そうそう、それが問題で、身辺整理をしようと思いつつ、空き箱を集めたり・・・orz

そう、外に出るときウインドブレーカーの上下で出たんだよ。
でも、えんやこ~ら♪してるうちに、さすがに汗かいて、上は脱いだけど^^;
Commented by koro49 at 2007-05-31 22:33
>meiさん
古典柄って、いつまでも廃れることがないのでしょうね♪
着物のデザインの王道を行く?^^
でもね、今朝この着物のよさに気付くなんて、私もおバカさん^^;
そう、壁掛けだったらお正月に使えそう。
でも、もし仕立てなおしできるんならマゴスケドンに着せたい♪

meiさ~~~ん!
meiさんにそう言ってもらえると嬉しいざます♪
Commented by koro49 at 2007-05-31 22:38
>hisakoさん
叔母はhisakoさんより少し年上。生きていたら80歳を超えていたはずです。
その着物を叔母につくってやった時の祖母は、当然今の私よりかなり若かったのです。
若かった祖母が娘に選んだ羽織、でも着てもらえなくて大切にしまったあったのでしょう。私が持たせてくれた気持ちを考えてしまいました。
出来るなら着物に再生できたらいいなと♪
Commented by koro49 at 2007-05-31 22:42
>チョロちゃん
今朝羽織ったときね、その軽さに感動♪
そして温かさにもね^^
袖をちょん切ってベストみたいに着てもいいかもって思ったくらい。
でも、さすがに私には派手すぎ^^;
全体の写真をみたら、やっぱり着物のままがいいかなって♪
裏地がまた素敵なんだよね。
生地の質は昔の方が数段上だよね。
Commented by koro49 at 2007-05-31 22:44
>ariちゃん
そうなの。
そんな羽織を風呂敷に丸めて押入れで「ゴメンチャイ」でした^^;
>きっと...外歩きさせてあげてくださいね
おほほっ!
私が着てチンドンやったらいいかも?!
Commented by peau0320 at 2007-05-31 23:24
写真を見るだけで古い昔の着物であることよくわかります。
古色というのかなぁ、いいですね。
>若いころは、そんな好きでなかったこの柄、今はとても好きです。
そうそう、若い頃にはこういう柄の良さがわからないんだよね^^
ホント、有難いことにマゴスケドンは女の子♪ 是非マゴスケドンに♪^^
↓の鉄線、たまらなく優しい色だね^^
Commented by bs2005 at 2007-06-01 00:29
お久しぶりです。何とかコメントの返事を書く気力、体力の回復まで来ました。色々ご心配、お心遣い有難うございました。色々学ぶところの多い経験でした。

素敵な着物ですね~。若い頃、着物は着るのが大変で、着付けに挑戦しなかったわけではないのですが、結局挫折。(涙)和服にはほとんど縁のない生活できましたが、最近特に日本の和服の素晴らしさに惹かれます。もっと早くから馴染んでおかったと後悔しきり。自分で着れないので、こちらではそう思っても何も出来ず、、。いい目の贅沢させていただきました。有難う!
Commented by toosam at 2007-06-01 01:35
この羽織可愛いね〜!昭和二十年頃の物なのかな?
柄に洋風のテイストも入っていて良い感じにモダンだね。
こりゃなかなかハサミは入れられないね!
コロさんがハイビジョン出演するの時の衣装に
大切に取っておかないと!
↑bunさんだいぶお元気になられたようですね!良かった!
Commented by reev21 at 2007-06-01 07:24 x
おはようございます♪

時々着てあげたると、羽織も喜びますね♪
それに、きっとお似合いでしょう。

オヤジは、父親が使っていた古いカメラやカメラバックを使うよう
になりました。九州の実家に眠っていたものです。 古いカメラは
メンテナンスに出そうと思っています。
Commented by kathy at 2007-06-01 09:28 x
化学繊維にはない、職人の丁寧さ、思いやりがよく伝わる着物ですね。
三味線・民謡のための私のユニフォーム着物はぺなぺなです(笑。

お祖母さん、叔母さんとのいい会話の時間を持ちましたね。
Commented by じの at 2007-06-01 16:30 x
こんにちは(^^)
とても晴れやかなステキな羽織ですね。
私も今朝タンスの奥からクシャクシャの風呂敷(だけです)が出てきました。
この羽織ほどは古くはありませんが、実家にもあったようで懐かしくてUPしたんですよ。
この羽織、年代物で良い色ですね。
柄も若い娘さんが着るような可愛い柄で生地の地模様と雲のような古代紫って言うんでしょうか、絹の羽織が引き締まって長い袖丈が大正ロマンを感じさせてくれます。
しつけ糸がかかったままですね、きっと着てもらう日をこの羽織も心待ちにしていたことでしょう。
一度でも着られる方がおられると良いですね。
心に残る名品を見せていただきました。


Commented by quilt4 at 2007-06-01 20:55
綺麗な色です。
娘の七五三の着物もすぐリコが着るようになるんだな、と思っていたところでした。
20年以上経っても着物は変わらないからすごい。
ハサミはなかなか入れる事が出来ませんね。
Commented by mmeazores at 2007-06-01 21:40
mmemhara改め
ブログデビューしました。リンクさせていただきましたので宜しくお願いいたします。
昔の着物と今の着物では絹といっても別物だと思います。手触りがまるで違うように思います。昔の人のセンスの良さには脱帽です。
Commented by koro49 at 2007-06-01 23:20
>peauさん
古い布の色は、ちょっと違うんだよね。
今、この中のこの色って、染めてもらっても同じに染まるかな?って思う。
私もね、これを手渡された時、「着ないのに・・・」って思ったけど、今はとっても嬉しい。
娘の時も思わずに、マゴスケドンの時に着物に出来たらって^^;
出来るかな?
鉄線、いい色だよね。結構あちこちの庭で咲いてる。
挿せば根付くって言ってたから、やってみるよ♪
Commented by koro49 at 2007-06-01 23:23
>ぶんさ~~~ん!
お帰りなさい^^
よかった~♪
でも、無理せずにゆっくりね。
やっぱり会長がお休みだと、TON同盟も元気が出ません^^;

そう、私も挑戦したけど、結局ひとりでは着れずorz
でもね、おばあちゃんになったら(既にそうだけど^^;)着物着て過ごしたいな。それともんぺと上っ張りの上下を着て旅行したいな♪
ラクチンでいいと思うんだけど^^
Commented by koro49 at 2007-06-01 23:29
>夢アブさん
多分ね、昭和10年代の後半か、20年代の初めの頃だと思う。
そう、裏地が特に大正ロマンっぽくないかな?
>ハイビジョン出演するの時の衣装
にゃはは!シワフェチの夢アブさん。
ハイビジョンのシワをみて、何を占うんでしょう?
ま、シワならお任せを♪
この1年でさらに味わい深くなってますよん^^;

ほんと、ぶんさんお元気になられて良かった~♪
Commented by koro49 at 2007-06-01 23:31
>reevさん
あはは!
だから私が着たらチンドン出来ます♪

あっ、おやじ様のお父さんもカメラを?
いいですね!お父さんのカメラバック。いつも一緒で。
お父さんも喜んでますね!
フィルムカメラで撮った写真も楽しみにしてますよ!!!
Commented by koro49 at 2007-06-01 23:34
>kathyさん
私も昨日着た時、軽いのにセーターのように温かくびっくりしました。
いやいや、kathyさんはユニフォームより演奏で勝負ですから^^

はい、たくさんお話できました♪
Commented by koro49 at 2007-06-01 23:39
>じのさん
この羽織、染め直しかも知れないと思うのです。
昔の絹はそれだけ質がよかったのでしょうね。
全体をみたら柄もやっぱりいいと思います。
着物も今は海外で作られるものもあるそうですね。
そうですね。一度でも着てあげれたらいいと思います。
やっぱりマゴスケドンかな?^^
Commented by koro49 at 2007-06-01 23:42
>quiltさん
私もね、マゴスケの七五三のことを考えていたのです。
娘が着たのはお下がりであげたし、とって置けばよかったかな、なんて。
でも、これが仕立て直しできたらこれにします^^
そう、どっかが破れたりしてたらはさみも考えますが、ちょっと入れれません。
Commented by koro49 at 2007-06-01 23:46
>mmeazoresさん
あっ、ブログデビューおめでとうございます♪
リンクありがとう^^

そうですね。手触りやデザイン、昔のものにかなわないというか、私が古典的な柄が好きなんです。
それに丁寧な仕事ですよね。手仕事日本です^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 緋牡丹博徒 鉄線 >>