<< 肌寒む 「聖なる営み」を大切に >>

福寿草

雪が降る前、庭終いの草取りをしている時、誤って土の中の福寿草の花芽を切ってしまった。
ちゃんとしべも花びらも出来上がっていて、花の断面を見るようで、可哀想で、しばらくしゃがんで見つめていた。
そのせいか小さな花芽が元気なく見えている。
「あれ?今年は咲かないな・・・」
「実はこれこれで・・・」と話したら、昼に向こうの庭から掘って来てくれた。
三か所に植えたほかに、見える処で楽しみたく鉢植えにもし、終わったら地植え。
これだけの黄色でも、今の庭を明るくしてくれる。
c0024861_1641918.jpg
c0024861_1643564.jpg
今月初めの4日に娘宅から帰る朝、外の多肉がモリモリしていたので、少しもらって来た。
紙袋に入れてそのままだったのを、さっきようやく植えた。
お姉ちゃんにも送ってやろうと三鉢に分け、空き間にはその内違う多肉も植えたい。
c0024861_1674456.jpg
午前中から草取りや枯れ葉集め。
あっちに座ったり、こっちで鉢を動かしたりと、一箇所にいない。
だから草取り鎌でもハサミでも置き忘れする。
バラの枝が折れたり、フェンスが壊れたり、それなりの冬の傷跡にちょっとショックでも、これも自然の置き土産のひとつ。
少しでも回復させようと、アリさんの働きのガーデニング開始。
by koro49 | 2017-03-26 16:10
<< 肌寒む 「聖なる営み」を大切に >>