<< どうしても 『ちゃんサミット』 >>

彼岸の中日

彼岸の中日の今日は少し冷たさを感ずる風だったけど、陽射しもあったせいか例年より多くの方が墓参に訪れていた。
大雪の年はお寺の本堂と位牌堂で終わることも多くても、今年の墓地では多くの家の墓前に花が供えられ、今冬が小雪だったことの証。
「雪は昨日の半分になっている・・・」昨日お墓の前まで通路を付けてくれた家人の話。
線香を手向け、本堂、位牌堂にお参りし、帰途義母の所に立ち寄り彼岸餅を食べてもらう。
c0024861_159384.jpg
春の彼岸は、故郷の春彼岸のこの餅を供えることにしてる。
甘いものが贅沢だった昔の餡は黒光りするような甘い餡で、そのせいか小さい頃はあまり好きではなかった。
今自分で作るのは晒し餡。
餡が硬めでスプーンで載せるから、美しく出来なくて今後の課題。
お昼に美味しいと食べ過ぎてしまった。
ちょっと残った餅を小さく丸め、黒蜜でも食べたら美味しい。
今年の春彼岸も無事終えた。

***********************************************************************



***********************************************************************

場所が悪いかな?と、秋に膝を庇いながら移植したクリスマスローズが咲き出している。
もう少し気温が上がったら、草丈が伸びることに期待。
右下のブルーのチオノドクサは、ブロックの穴に埋め込んだもの。
c0024861_15173195.jpg
風が冷たいので、外仕事はお休み。
by koro49 | 2016-03-20 15:23 | 日々のこと
<< どうしても 『ちゃんサミット』 >>