負けんな!!!

台風10号は、私が経験したことのないような大型台風らしく、進路の予想も難しいらしい。
今朝から時々強風、強い雨。
エゴの木が風に大きく揺れるのが心配。
朝食の片づけ後、昨日寄せたプランター以外にも避難は必要と、合羽の完全装備で外に。
自分で出来る範囲のケアと、昨日添え木しても横になった分をさらに補強。
○○ガーデンで働く人たちも、多分同じように作業をしてるのでしょうね。
もっと大変な思いで働いてるのは、農作業に従事しそれで生計を立てている方たち。
収穫間際の作物に思いを馳せながら。

2時間ほどやっていたら、バケツをひっくり返したような雨。
もう無理だと作業終了。
咲いてる花たちは切って花瓶に。
c0024861_11402585.jpg
どの花も雨に打たれて咲いている。
c0024861_114128.jpg

  台風にされるがままに身を揺らす小さな花たち負けるな負けるな 頃子

家に入ったらソファーに横になっていた家人がいない。
畑の作物が気になって様子を見にいったらしい。
育ててる人にとっては、それは当然の思い。
食べるよりも、愛おしいのだろう。
強風と風雨が交互にやって来て、それだけ大気が不安定?
午後から夜までがピーク。

明日の台風一過後、一次産業の被害が最小でありますように。
# by koro49 | 2016-08-30 11:41 | 花たち

夏野菜

不揃いの夏野菜が食べきれず、だし汁でサッと煮たら美味しい。
ミニトマト4個も入れた。
使った出汁昆布は冷凍して煮物に使用。
そのままや、麺にトッピングしラー油を少し。
塩豚を茹でて添えたり、容器に入れて冷蔵庫保存で足りない時の一品に結構な野菜を消費出来る。
c0024861_16581825.jpg
昨日太い夕顔を頂いた。
今朝の一品は夕顔の油炒め。
これが大好きで、大盛りで完食。
c0024861_179402.jpg
c0024861_170237.jpg


夏になると、カットした夕顔にトウガラシを一緒にパックして売られている。
夕顔の油炒めは、ここの人たちにとっての夏の味。
未だ残ってるので、明日は煮物。



***********************************************************************

台風前
# by koro49 | 2016-08-29 17:20

暗幕のゲルニカ(日)

先月借りても全く読めず、再度借りなおして読んだ本。
原田マハさんの『暗幕のゲルニカ』。
c0024861_14163248.jpg
あの有名なピカソの『ゲルニカ』制作を挟んだ前後の9年間ほどと、当時の愛人(ミューズ)だったドラ・マール、二人を守り支えたパルド・イグナシオ、当時の世界情勢。

NY近代美術館のキュレーターで『ピカソの戦争展』を企画し、『ゲルニカ』を借り出すことに奔走する八神瑤子。
その間には2001.9.11の世界貿易センターでのテロ攻撃で夫と突然の別れになったこと。
その夫がエンゲージの代わりとして贈ってくれたピカソのドローイングの『鳩』
瑤子がテロリストに拉致された時、違う『鳩』が登場し、それは瑤子を助けることになる。
ピカソは鳩が好きだったというが、鳩は平和を希求する作者の気持ちを表すように何度も登場する。

上のふたつ、過去(70年ほど前)と現代が交互に書かれ、どこからがフィクションなのかは私には分からず。
それでも作者の今これを書かなければの気持ちは伝わった。

本を開くとタイトルの後のページに

芸術は、飾りではない。敵に立ち向かうための武器なのだ。

               -パブロ・ピカソ

の言葉。

瑤子が『ピカソの戦争』を銘打った展覧会を開催したいと最初に理事会で訴えた時の言葉。

テロで傷ついたニューヨーク市民のために、また、戦争に巻き込まれてしまった罪なき人々のために、いったいアートは何ができるのかーその思いはピカソが生涯を通じて抱き続けた気持ちと同じではないか。
自分もまたニューヨークに生を享けたキュレーターとして、展覧会を通して問いかけ、そして答えたい。-ピカソいわく、芸術は決して飾りではない。それは、戦争やテロリズムや暴力と闘う武器なのだ、と。その言葉を発展的にとらえれば、アートとは、人間が自らの愚かな過ちを自省し、平和への願いを記憶する装置であると言えるのではないか。そして、そのアートを守り、後世の人々に伝えることは、私たちMoMAの使命なのだ。



そこにキュレーターでもある作者の『ゲルニカ』と、アート全般への思いが込められている。
瑤子が生命の危機にさらされながらも、『ゲルニカ』を守ろうとしたこと。
『ゲルニカ』は誰のものでもない、 私たちのもの
 とテロリストに訴えたことと同様に。

『ゲルニカ』をスペインから借り出すことが出来たのかどうかは、最後の最後まで伏せられていて、読後しばらくの脱力感は、いい本に出会った証拠。
二度読んで返本。
原田さん、次は誰を、どの絵を書くのだろう?

原田さんの刊行記念インタビューが載っていました。
もちろん本の中でも国連のゲルニカに暗幕をかけられた事件は、9.11と共に大きなモチーフとして何度も書かれています。

***********************************************************************

クイーン・ビクトリア
# by koro49 | 2016-08-28 14:13 |

昼のアゲハ蝶

あまりにも気持ち良く晴れ上がり、いつもの山の展望台もくっきり見える。
多分昼のアゲハ蝶も綺麗に見れるだろうと、昼食後ひと休みしてから出掛けた。
展望台の階段は、ちょっと怖く(少しだけ高所恐怖症気味)手すりに掴まり慎重に。
展望台にたどり着いたら、どこまでも広がる澄みわたった青空と景色。
その中の昼のアゲハ蝶。
ちょっと工事中(来月の15日くらいまで)で、パイプが少し写りこんでしまった。
c0024861_16144769.jpg
先端が尻屋崎。
c0024861_16154161.jpg
途中の恐山展望台で、宇曽利湖が綺麗。
c0024861_16163974.jpg
ぐるぐるカーブ、自分の運転で少し車酔い。
買い物して帰宅後、ベランダから撮った山。
c0024861_1617433.jpg
c0024861_16182069.jpg山頂にポツンと見えるのがこのレーダー。今は某北の国の対応で大変でしょうね。
その少し右にポツンと見えるのが展望台。
望遠鏡で我が家のベランダの洗濯物も確認出来、2時間足らずの深呼吸。

こちらが夜のアゲハ蝶。秋の空気が澄んだ満月の夜綺麗だろうな。
10年前なら行けたんだけど。

# by koro49 | 2016-08-27 16:20 | ここの景色

実山椒

今朝強い雨で目覚め、それは一時的で一度止んだ。
キッチンに立っていたら、山椒の木にポツンと赤い色を見つけた。
春に採り残した実山椒が、色づいたんだ。
c0024861_15233072.jpg

  雨上がりポツンと赤く実山椒春に逃れた命を灯す 頃子

***********************************************************************

芋だんご
# by koro49 | 2016-08-26 15:30

これが最後の残暑?

今日も外気温は30度。
午後からは室温は32度まで上がった。
明日も雨が降りそうだし、今朝出来る範囲の草取り。
棘が痛い小輪のツルバラが咲いた。
c0024861_19573392.jpg
ヒースとチェリーセージ。
c0024861_19592310.jpg
取った草はあちこちにまとめてそのまま。
夕方再度外に出て草取りと片付け。
汗びっしょりかいてしまった。
天気予報を見ると、少しづつ気温は下がり、多分今日は今夏最後の残暑。

  夏枯れの庭ハサミ持ち花探すこの花は誰これは誰に 頃子

***********************************************************************

自分見舞い
# by koro49 | 2016-08-25 20:07 | 思うこと

まっ黄色

今朝お向かいさんから、採ったばかりのトウモロコシを頂いた。
早速蒸して仏前に。
まっ黄色のトウモロコシを昼食に一本。
柔らかく甘くて美味しかった。

  口中でプツプツ弾けるまっ黄色食べる仕草はハーモニカ奏 頃子

c0024861_1552280.jpg
先日「畑のNさんが、来年はキミ(トウモロコシ)止める?」と訊いたそう。
一本の苗に一本だけ生らせる。
雨が降らなければ水遣り、かなりの手間入りだと言う。
ちびっ子たちも、それ程喜ばないしと。
そんなに食べれないのを大変な思いして作ることない、体が一番大事だからと話す。
我が家のトウモロコシは過日で終わった。
私たちは2,3本食べたかな?
義父も作ってもほとんど食べなかったけど、義母は大好き。
お盆用だけでいいし、何でも縮小。

***********************************************************************

コレオプシス
# by koro49 | 2016-08-24 16:06

台風一過

台風が過ぎた朝、朝顔二輪雨に濡れて咲いていた。
台風は直撃ではなかったけど、農業用ハウスに被害があったという。
c0024861_2046239.jpg
今日は二度外出、合間に花殻摘みをしに外に出たら、あまりの暑さに撤退。
夕方少しチョキチョキ出来た。
朝は山頂付近が雲に覆われていても、日中は青空に浮かんでいた山。
今日は穏やかな表情。
c0024861_20492450.jpg
今夜は雲がないから、綺麗なアゲハ蝶が見えている。



***********************************************************************

処暑といえど
# by koro49 | 2016-08-23 20:49

主食はジャガイモ

今年はあまり良くなかったというジャガイモ、乾かし方が足りなかったのか、腐りかけてしまったらしい。
もったいないから傷んだ所を切ったというので、昨日の昼はジャガイモの塩ゆで。
そして今日はジャガイモ団子汁。
出汁を取り、ある野菜を入れ、すりおろしたジャガイモ団子を入れてゆく。
ジャガイモそのままより好き。
c0024861_1643439.jpg
c0024861_16441088.jpgボールに水を入れ、その上に晒を敷いたザルを載せジャガイモをすり下ろす。
ボウルに入った汁は、下にデンプンが溜まる。
晒のジャガイモはボウルの上で絞り、別のボウルに。
すり下ろして搾ったジャガイモに、溜まったデンプンと片栗粉を足し、煮立った鍋に手で適当に丸めて入れていく。
野菜も摂れる、ジャガイモ団子汁。


傷んだジャガイモは今日と同量あるという。早く食べないと傷みは進行。
明日もジャガイモ。

***********************************************************************

台風が来る前に
# by koro49 | 2016-08-22 16:49 | 料理

避暑地(日)

昨夜は今夏一番の寝苦しい夜だった。
いつもは夕方には気温がス~ッと下がり窓から涼風が入るのに、気温は下がることなく湿度も高く。
扇風機と首にタオルで凌いでいた。
ベッドに横になっても、暑さがこもって寝苦しく、南側の窓を開けても冷気は入らず。
1時間ほど横になっても、寝苦しさは変わらず。
これは駄目だと起きて扇風機を回して読書。
面白く読み進めたものの、今日に差支えたらだめだと1時半過ぎに就寝。

今朝は雨。
室温は27度。
窓を開けると雨とともに心地よい冷気。
動きやすい室温で、シンクの掃除をしてさっぱり。
頂いたお香の残っていた分を炊いて。
c0024861_11133330.jpg
避暑地って、こんな気温だろうなと過ごしてる。
そろそろ自然の中に行きたくなった。

***********************************************************************

朝顔
# by koro49 | 2016-08-21 11:25