舞茸

キノコ採りに行って出会ったら、嬉しくて舞ってしまうという舞茸。
「ピンポ~ン♪」で頂いた。
久しぶりの立派な天然舞茸、大地のエネルギーに満たされている。
美しい。
c0024861_16104493.jpg
今夜はシンプルにバター焼き。
明日は天ぷら。
私たちだけで食べるのは申し訳ないから、ご飯用に調理して冷凍の準備。
ちびっ子たちの誕生日用。
雨が続いたせいか、豊作だという。
Sちゃん、ご馳走さま♪

汚されていない大地に感謝しながら、汚染された大地を思い、やはり申し訳ない。

***********************************************************************

朝霧草と
# by koro49 | 2016-09-25 16:19

夕焼けと雲海

今日の夕焼けも綺麗だなと見てたら、少ししたら色が変わって雲海も。
急いでベランダから。
c0024861_1938124.jpg
山は色んな姿を見せる。
昨日は火の気が欲しいような気温でも、今日は半袖のTシャツだった。

***********************************************************************

鯵鯵便
# by koro49 | 2016-09-24 19:49 | ここの景色

花束を君に

昨夜の SONGS は、宇多田ヒカルさんで録画予約して就寝。


今日は朝からの雨で、外はお休み。
午後、じっくり視聴。

6年の休止を経て、今年活動再開。
その間、母との突然の別れ、結婚、出産を経験しての今の宇多田さん。
朝ドラでの冒頭流れる『花束を君に』も、全曲通して歌ってくれた。
『君』は『お母さん』であったこと、母への想い、感謝、リスペクト、願いが込められ、歌詞を読みながら歌唱を聴いている間、涙が止まらなかった。

もう一曲、最後に歌ったのは『道』
お母さんへの思いを、誰憚ることなくストレートに歌い上げ、自分に対して率直になることが難しかったと言うが、それを越えて自分のありのまま、自分の内面を解放させて生まれた曲だと思った。
この曲のサビの部分。
 It's a lonely road・・・・・・・フッフッフッフッ
 But I'm not alone・・・・・・フッフッフッフッ
 It's a lonely road・・・・・・  〃
 You are every song・・・・・・〃
と繰り返されるけど、聴いててやはり涙だった。

『道』の歌詞で

  転んでも起き上がる
  迷ったら立ち止まる
  そして問う あなたならこんな時どうする
  いつ如何なる時も
  一人で歩いたつもりの道でも 始まりはあなただった
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  どんなことをして誰といても この身はあなたと共にある
  一人で歩まねばならぬ道でも あなたの声が聞こえる
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  これは事実
  私の心の中にあなたがいる
  いつ如何なる時も

宇多田さんが、これほどの想いを素直に歌えるようになって良かった。

私の場合、母を判断基準にした時もあり、事によっては今もそう。
でも年を重ねるにつれ、母の間違いに気づくこと、私の至らなさを思う事、そのたびに批判がましく思ったり、自分の未熟さを思ったり。
その判断基準で注意すべきは、肉親である故の密着感。
冷静さは忘れず、距離感を持ってとも気付く。
だから、人生を歩むことは無駄ではないな。

宇多田さんが『道』の中で歌ってる。

  人は皆生きてるんじゃなく生かされている

***********************************************************************
  

回し者ではないけど
# by koro49 | 2016-09-23 17:19 | 音楽

彼岸の中日

さっきまで少し外仕事。
寒い寒い、薄手のウィンドブレーカー着てたんだけど、それでも寒かった。
プランターの草花が一部葉の色が変わっていた。
昨夜から明け方にかけて、気温が下がったらしい。

今日は朝一番に餅米を炊き、いつものおはぎ作り。
昨日JAに花を買いに行ったら売り切れ、今日一番で行ってもらったら、オープンの9時前着だったのに既に売り切れだったという。
いつものスーパーで買って、先に墓掃除をして花を供えてくれていた。
行ってびっくり、男の流派。
同じ長さで、ジャキンと立ったまま。
ハサミは持参してなかったので、手で半分を短くして少しはそれらしく。
本堂、位牌堂と周り、お昼は仏前のおはぎを下ろして。
今秋は、小豆、白花豆餡と、ずんだ餡。
c0024861_17404152.jpg
おはぎ大好き義母にも食べてもらい、今年の秋彼岸も終えた。
いつもなら、クジャクソウが少し咲いたりしてるけど、今年は未だ咲いてない。
小さなやちむんの一輪挿しに、小さな花たちを切って仏前に。
その横には、丁度咲き出した先日手折って来てくれた彼岸花。

仏前花、私の場合は野の花一輪が理想。
# by koro49 | 2016-09-22 17:48 | 和菓子

よいしょっ!

外で動くには丁度いい気温。
彼岸の準備の買い物を済ませた後、少し外でスコップを使った。
ホスタが大株になり、それを引っこ抜く作業。
去年は出来なかったスコップでの作業。
何とか終えて、少しすっきり。
バーベナの種類、鉢植えにしていたのが、咲かないと思ったら根がびっしり。
地植えにしたら、又咲き出している。

c0024861_20494854.jpg
c0024861_20565943.jpgシクラメンも花数を増やして咲いている。
水遣りをすると、蚊が飛び出すのには参ってしまう。






***********************************************************************

スキルアップ
# by koro49 | 2016-09-21 20:51

夕日

夕方5時過ぎから少し花殻摘み。
カーディガンを着ても、少し肌寒さを感ずるほど。
ふと、山を見たら真っ赤な夕焼け。

年に何度もない夕焼けに、この曲が浮かんだ。

この後、さらに色を変化させた6時前。
急いでベランダから撮った夕日の中の山。
c0024861_2153770.jpg
今朝の山の色は少し変化していた。
山頂付近は、そろそろ紅葉が始まる頃。

***********************************************************************


食べられる権利
# by koro49 | 2016-09-20 21:52

♪東京は夜の七時♪

リオパラリンピックの閉会式のテレビを点けたまま、庭に出たり入ったり。
東京のプレゼンテーションは残念ながら途中からの視聴だった。
楽しいなと観てたら、♪とーきょーはよるのしち~じ~♪の曲。

今、全部見ることが出来、日本国歌のアレンジもこのプレゼンテーションに良く合ってた。

ピチカート・ファイブ、懐かしいと思っていたら、
「雨続きで・・・」と、忘れた頃のショートメール受信。
「リオパラのプレゼンで♪東京は夜の七時♪使われてたよ!」
「へぇ、後で見てみる」
見たかな?ピチカート・ファイブやその界隈が好きだったもんね、かなり昔だけど。

朝食前少し草取り、午後は薄暗くなるまで三時間ほど。
バラに土を寄せ、肥料をやったり、花殻摘んだり、スローペース作業だから、時間はあっという間。
洗濯物を取り込んだのは5時半過ぎ。
秋の夕暮れ感の山。
c0024861_21451543.jpg
瀕死のカクテルが、一輪咲きそう。軒下の小輪のバラも一輪。
c0024861_21464190.jpg
ほんと、当たり前だけど日が短くなっている。

***********************************************************************

花束
# by koro49 | 2016-09-19 21:35

黄王のジャム

先日から作ろうと思っていたリンゴのジャム。
レモンを買っては他のジャムに使ったり、リンゴもスムージーとして消費。

昨日買ったリンゴは黄王で、午前中そのジャムを作った。

c0024861_19364945.jpg
今の季節のリンゴは柔らかくなりやすい。
入れたのはレモンとオレンジの搾り汁各一個分とスパイス。
甘目だけど柑橘とスパイスで美味しいし、ケーキのポイントにも良さそう。
c0024861_19395232.jpgジャムを作る時の灰汁取り作業が好き。
丁寧に、ブツブツ泡が小さくなって来たら出来上がり間近。
シロップを少し皿に取り、こんもり盛り上がったら良しと
フェルベールさん。
ヨーグルト用のジャムは糖度を低く、パンに塗るのは甘目が好み。






昨日紅東を買い、細い二本を煮て片栗粉でとろみを付けた。
紅東そのままの味。
それで今朝の食後。

  紅東小さな二切れ口直し両の手のひらお茶温める朝 頃子

***********************************************************************

クレマチス
# by koro49 | 2016-09-18 19:41 | ジャム

ラブレター

私が書いた訳ではなく、もちろん貰った訳でもない。
宇宙飛行士、向井千秋さんのご主人、万起男さんが書いた本

『君について行こう』女房は宇宙をめざした

を読んでる間、これはマキオちゃんからチアキちゃん(二人はこのように呼び合い、文中表記もそう書かれていた)への壮大なラブレターだなって。
もちろん甘ったるいラブレターではない。
人間同士としてお互いを認め合い、尊敬し合い、自身も宇宙飛行士を目指そうとしたマキオちゃんが、チアキちゃんのフォローに徹したこと、スペースシャトルの打ち上げまでの長い間の二人の様子、キウリとナスの水遣りを気にして搭乗したチアキちゃん(もちろん照れもあると思ってる)が、言ったら失礼と思いつつ愛らしい。
笑いと涙、美しい夫婦(同志)愛。

この本は友人が送ってくれたもので、涼しくなってからベッドの中で読んでいた。
日中体を動かした日は、早くベッドに横になってこの本を手にするのが楽しみだった。
時には数ページで寝る時もあるけど、無理しない範囲で少しづつ眠りにつくまでの間、楽しく読めた。
今日は草取りの予定が午前中強い雨で土がすっかり柔らかくなり中止。
所用を終えた午後読んで読了。
何でミィの小皿に豆?
友人がこの本を送ってくれた時、豆が入ってて本の最後に豆が出て来るとの話し。

この日に食べた豆は、その謎が解けるまで残りを冷蔵庫保存。

いつ出て来る?読み落としたかな?と読み進めたら、ほとんど最後に出て来た。
スペースシャトルの打ち上げが無事成功した時、配偶者や乗組員に近い家族は豆を食べる習慣があるのだとか。
マキオちゃんたちも食べていて、それは多分スープで柔らかく煮た豆なんだろうな?
c0024861_17111069.jpg

c0024861_1716287.jpg読む間、やはりチアキちゃんのお母さんの顔が見たくなり、この号の三号を手にした。
自分の子育てを考えた時、今なら・・・と、あれこれ反省することはある。
でも当時は必死、若かったから見えないものも多かった。
一番は余裕をもって笑顔で子どもに接することのような気がする。
やはり母の笑顔に勝るものはないのかもね。


本の中にプレスリーもJFKも出て来た。
チラッと音楽を聴けるかも?!の話も。
友人のミステリーツアーはもしかしたらまさかここ?
そして「ニューオリンズ?!!」
ちょっとは当たったかな?

***********************************************************************

テープコレクション
# by koro49 | 2016-09-17 21:28 |

鯵三昧

昨日の夕方鯵釣りに出掛けたら(私ではなく)、大漁だった。
よって本日は鯵祭り。
上段左は鯵の炙りのサラダ、漬け丼、下段左はかば焼き風、右は南蛮漬け。
最近、南蛮漬けにモヤシを入れるのが好き。
無心になれるモヤシのひげ根取りが好きだし。
漬け丼が美味しかった。
(醤油、生姜の搾り汁、ごま油少々、白ゴマ、みりん少々に漬け、薬味は茗荷、ネギ、青紫蘇)
c0024861_21224684.jpg
他も美味しかったけど、もうしばらくは鯵はお休みでも良し。

***********************************************************************

野生のシクラメン
# by koro49 | 2016-09-16 21:23 | ここの美味しい物